Freddie Mercury - Mr.Bad Guy

Mr. Bad Guy  強烈なインパクトを持つロックボーカリスト、もちろんそれは声質だったり歌い方だったりするのだが、その中でもダントツにインパクトを持っている天性のコメディアン…いや、エンターティナーと云うべきか…、クィーンのフロントマンとして一世を風靡した、いや、今もか、完全なゲイ人、フレディ・マーキュリーその人。

 1985年リリースの初ソロ作「Mr. Bad Guy」だが、もうジャケットからしておかしい、絶対普通じゃないというのは中学生でもわかったに違いない。「何か違う」っていう印象が拭えなかったが、テレビを見ていてノエビア化粧品のCMのバックで流れる「I Was Born To Love You」の伸び伸びとして艶やかで思い切りのよい歌声と曲のメロディは瞬間的に記憶に留めるには十分なインパクトを持っていた。それがこの人のソロ作の印象。当時確かこのアルバムも聴いていたと思うけど何かすぐに飽きてしまったのかジャケットに違和感を覚えたのか、あまり聴いた記憶がない。不思議だ。  さて、そんなことで再度聴いてみることにしたが、総論的には実に良くできたポップな歌モノアルバム「Mr. Bad Guy」で、売れないワケないだろうというくらい見事だと思う。しかしフレディの歌声がここまで気持ち良く収録されていて、歌い上げているってのもクィーンの作品を含めてもそんなにないんじゃない?クィーンの時はもうちょっと何というか、バンドに合わせているっていうのか…、それがここでは何の制約もなく思い切り歌っている。見事だ…。そしてクィーン最後の作品ともなった「Made in Heaven」は正にクィーンの曲としてもおかしくない出来映えで、バックが違うと云ってもあまり違和感なく、ブライアン・メイのギターが聞こえてくる感じで(笑)。いや、見事。続いての「I Was Bone To Love You」はもうやっぱりこの80年代のドラムの音で聴くのが良い♪ そしてこれもまたフレディの見事な歌声が素晴らしい。

 どうしてもこのヘンの曲に集中しちゃうんだけど、曲のタイトル見るだけでかなり怪しいのが多いよなぁ…。「Man Made Paradise」とか「My Love Is Dangerous」とかさ…。まぁ、いいんだけど(笑)。しかしどれも美しさがあるってのがフレディらしくて割とクセになる。この後のバルセロナオリンピックでのモンセラート・カバリエとのデュエット作「Barcelona」でもその美しさは保たれているんだけど、この美意識こそがフレディの貫禄なのだろう。うん。そしてやっぱり楽しく聴けるところがコメディアン♪ そういえば16年前の今頃はロンドンのウェンブリーで一大イベントが開かれてたなぁ…。

Brian May + Friends - Star Fleet Project

 ギターヒーローによるソロ作品、と言ってもどれもが皆気合いの入ったものというワケでもなくほんのお遊び程度にリリースされるものもある。その最たる例がブライアン・メイの「Star Fleet Project」という作品ではないだろうか?

 1983年にリリースされた12インチミニアルバム、というのかそんなに大した事を言えるような作品ではないんだけどね。前3曲入りで、何でもブライアンの長男が当時英国で放送していた日本製のテレビ番組、いわゆるロボットものの「スターフリート=Xボンバー」の音楽をアレンジして収録。なんでまたそんなことしたのか知らないけど、まぁ、親バカのひとつなのかねぇ。1983年っつうとクィーンだと「Hot Space」の後くらいか…、あぁ、クイーン解散するかしないかっていうくらいにヤバい時期のことだからこういうのもあり得たんだろうな。

 中身はギタリストの豪勢な作品というのではなくってほんとにリラックスして自宅録音しましたって感じのもので今ならアマチュアの誰でも作れるような代物。二曲目の「Let Me Out」はブルース調のリズムに乗せてメランコリックに展開する曲で、こういった曲調はクィーンではあまり聴かれないので何となくわかる。それでいてギタリストであれば好きそうなリズムだしね。可もなく不可もない珍しくドロ臭い感じのする曲。そしてB面の全編13分弱を飾るのがエディ・ヴァン・ヘイレンをゲストに迎えて展開するフリージャムに近いブルースセッション。しかし、期待するほどエディは派手に弾きまくっていないしライトハンドも封印しているので一聴しただけでは面白味はないと思う。それはブライアンのギターにも云えるんだけど、味があるブルースギターというのではなくってやっぱり早弾きをどうやって出すか、みたいな感じでセッションされているからかなぁ…いや、多分本人達は凄く楽しくのんびりとプレイしているんだと思うけどさ。まぁ、いいか、それでも。

 当時は参加ギタリストの名前は伏せられていたし多分クレジットもされていなかったと思うのでエディ参加というのも目立たなかったみたいで、この二人が仲良いなんて思わなかったけど実はそうなんだ、って聴いてちょっと驚いた。エディって誰と懇意なのかね?ミック・マーズとかは知ってるけど他はあんまりセッションとか聞かないし、割と不思議。

 んなことでブライアンのソロ一作目はリラックスしまくった作品で、クィーンがあった頃は特にソロ作なんぞやらなくてもよかったんだろうね。以降はほとんど聴いたことないから知らないけど。

Brian May - Back To The Light

Back to the Light ヘソ出しクイーンの異名を取った本田美奈子の1987年のシングルで作詞作曲とも手がけて提供したことのあるクィーンのブライアン・メイだが、そもそも本田美奈子がライブの最後にちょっと前に売れたフレディ・マーキュリーの「I Was Born To Love You」を歌っていて、そのライブテープとアルバムを英国EMI経由でブライアン・メイに送ったことからブライアン・メイが興味を持ち、曲の贈呈となったようだ。元々人が良いブライアン・メイらしい逸話。その後本田美奈子が亡くなった時には丁度日本にポール・ロジャースと共にクイーンで来日しており、速報を聞いた後自身のHPで追悼の意を表していたことも人柄の良さを物語る。更にその後の追悼盤「心を込めて...」では「Golden Days」のリマスターを行い、「ETERNAL HARMONY」では「Amzing Grace」も作り直したという気の入れよう。

 そんなブライアン・メイもエディ・ヴァン・ヘイレンなんかと遊びで作ったアルバム「Star Fleet Project」はあったが、クイーン活動中はソロアルバムを作ることもなくひたすらクイーンに捧げていたのも、これまた人柄の良さ。フロントマンのフレディ・マーキュリーはさっさとソロアルバム「Mr.Bad Guy」をリリースし、更に「バルセロナ」という傑作まで作り出したことを考えると、欲がないというのか、そもそもソロ活動には熱心ではなく、仲間内とのセッションを楽しむ方だったのかもしれない。

 そんなブライアン・メイがフレディ亡き後、追悼コンサートを仕切ったのもあるが、自身のソロアルバム「Back to the Light」をようやくリリース。古くからブライアン・メイがクイーンで作った曲や歌などが好きだった人には嬉しい内容だっただろう。また、ブライアン・メイのハードロック好きな側面を期待した人や美しいソングライティングを期待した人もいるんだろうけど…。そうだね、自分的にはあまり好みでなかったから大して期待しなかったんだけど、やっぱり「Too Much Love Will Kill You」のメロディはさすがだと思った。他はそんなに目立つ曲もないし、飽きてくるんでまともに何回も聴いてないけどさ。やっぱクイーンのソングライティングはフレディありき、って思ってたしね。ブライアン・メイや他のメンバーの曲はやっぱりアクセント的だからこそ良かったっつうかさ。もちろんギタリスト的な聴き方はでいるんだけど…、ちょっとそこまででもない。やっぱクィーンが偉大過ぎたのか。

Party At The Palace

Party at the Palace  2002年6月3日、英国のバッキンガム宮殿ではエリザベス女王即位50周年記念コンサート「Party at the Palace」が開催され、前年のコンサート・フォー・ニューヨークと被る面々も出演したイベントとなった…、それは単にポール・マッカートニーが加わっているからという理由なのかもしれないが、やっぱりイベント事には必ず出てこさせられる人なんだろうな。毎回最後の大円団は見なくてもいいや、って思うのは最後がビートルズソングだからだろう。いや、キライじゃないけど、そして他に何かって云われても難しいのも事実なのでしょうがないんだけど、面白味がないからさ。

 テレビで放送した時にビデオ録画していて、それを見てたので面白かったけどDVDでリリースされる時にはあちこちとカットされていて結局見たかったものが消えているという残念なモノになってしまっていたんだよ、これ。いや、コアーズやレイ・デイヴィスが見たかったんだけど、DVDには入ってないんだもん。他にも色々あるんだろうけど、そういうのって興醒め。結局ビデオを見ざるを得ないのだ。そういうのって結局廃盤になっちゃうんだよな、売れないから。そしていつしか幻のアイテムに…なんてことになる。CDも出てるけどね。

 グチはさておき、クイーン…ブライアン・メイがプロデュースしたのかな、このショウは。冒頭からよく働いていて、クイーンの名を上手く使っている。ある意味凄く英国らしい人だし風格もあるので良いんじゃない?冒頭の「God Save The Queen」は彼等のエンディングテーマだったわけで、バッキンガム宮殿の頂上で風を受けてギターを弾いている姿は様になっていたもん。それと非常〜なインパクトだったのがオジーとトニー・アイオミによる「Paranoid」。これを女王に捧げるってどうよ(笑)。

 しかし年寄りばっかりが目立つコンサートだなぁ(笑)。ロッドもいいおじさんだし、もちろん他の面々も昔は反逆的ロッカーだったのが今やバッキンガム宮殿に入ってしまうという…そのうちピストルズも入っていったらもの凄く皮肉なことになるな。ここではツェッペリンやストーンズは絡まなくて…、なんだかんだと結局はブライアン・メイの人脈による出演が多かったみたい。

 そしてフレディのいないクイーンの「We Will Rock You」はこの後に行われたミュージカルの宣伝にもなったようにミュージカル仕様で披露されている。やっぱ売るものは売らないといけないようだ。それと一際浮いていたのが個人的にはブライアン・ウィルソン。ヌボーっと突っ立ってるおじさん、大丈夫かい?ってなもんでさ(笑)。いやいや、最初誰だこれ?って思ったくらいだもん。それでもやっぱり庭園で品のあるイベントは季節も良くさすがに英国と思える雰囲気で好きだな。

Queen + Paul Rodgers - Return of The Champions

Return of the Champions [DVD] [Import]  行ってきましたっ!クイーン+ポール・ロジャース来日公演初日のライブっ!CD「リターン・トゥ・ザ・チャンピオン」とほぼ同様の曲順で進められたライブでしたが、日本公演独自のセットリストも組み込まれてました。そう、もちろん恒例「手を取り合って」です(アルバム「華麗なるレース」収録曲でクイーンが日本語で「手を取り合って、愛する人よ、静かな宵に光を灯し、愛しき教えを抱き」と歌っている)。ポールは最後の最後しか歌いませんでしたが、、、とは言え、ポールの日本語MCは正に日本人の日本語としか聞こえないくらい流暢なものでした。大ウケ。「こんばんわっ」「みんな元気ですかっ」(フレデイだと「コンバンワーッ、イカガデスカーッ」なんだけどね)。さすがにポールは奥様が日本人だっただけあります。

 で、日本に縁の深いポールのおかげで昔のフリーやバッド・カンパニーも人気があったのですが、そのせいかヨーロッパ公演ではどんどん曲が削られていったポールの曲が全て復活してました。「バッド・カンパニー」の「バッド・カンパニー」をピアノで弾き始めた時驚きましたもん。他にも「Can't Get Enough」「Feel Like Makin' Love」「Wishing Well」(フリーの「ハートブレイカー」収録)や、もちろん「All Right Now」などなど、冒頭の「Reachin' Out」も入れると結構ポールの曲をやってくれました。クイーンの曲に比べると客のテンションが落ちてるのもわかるのですが、逆にリアルタイマーなファン達は涙流してましたね。

 それとは別にブライアン&ロジャーでのクイーンを懐かしむコーナーみたいなのがあって、通常のセットリストにも組み込まれているのですが、恒例の「Love Of My Life」(「オペラ座の夜」収録、11/23にデラックス・エディションが発売されるので期待期待♪)ではファン大合唱で涙チョチョ切れます。会場で歌うと初めて分かるあの感動、是非是非って感じ。それと驚きの一幕はブライアン&ロジャーでなんと初めて演奏したらしいのだが、「メイド・イン・ヘブン」にも収録された元々はフレディのソロアルバム「Mr.Bad Guy」に収録されてノエビア化粧品のCMで使われた「I Was Born To Love You」(今では「フレディ・ベスト」で聴ける)をやってしまった。ブライアンって12弦のアコギプレイが結構巧くて曲の雰囲気もしっかり出ているから凄いよね、さすがプロ。

 しっかし、ポールは歌が上手い。フレディの歌こそクイーンなんだけど、ポールが歌っても上手いから不思議に思わないんだからさ。しかし、ポールの曲はやはり純なブリティッシュロックだなぁと痛感するが、クイーンのはもっと垢抜けていて品がある感じ。ブライアンのギターにしてもどこかピンク・フロイド的な音空間を作り出す雰囲気はイギリスなんだけど、それを昇華させて泥臭さをなくしているんだろうなぁ。やっぱりポールは自分の曲の方が圧倒的に歌うスペースがあって声も出しやすそう。クイーンの曲ではちょっと音が詰まっているのでポールのモタつかせ気味な歌は忙しくなりすぎるのかな。フレディはその細かさを無視した上の音で歌っているからよかったんだろうね。だから、「We Are The Champion」のサビ前までの歌を聴かせるパートなんぞは素晴らしいもんな。ま、どれも凄いから後でチマチマと言ったところで関係ないんだけどね(笑)。

 で、この感動を忘れないウチに今日発売されたDVDを早速ゲットしなければってことでさっきアマゾンで買ってしまいました。右枠からどーぞ。絶対見るべしって感じでしょう。あ〜、クイーンって良い曲いっぱいあるなぁ。フリーもバドカンも、、、またハマりそう。 ポールもいいよ〜。もちろんフレディが最高だけどさぁ、「ボヘミアン・ラプソディ」はフレデイが歌ってくれるので涙涙涙でした。それと、「The Show Must Go On」ではバックのスクリーンにあの、最後の聞こえない声でフレディがつぶやく映像が流されて、、、、涙しました。「Still love you」ですね。

Qeen + Paul Rodgers - The Cosmos Rocks

The Cosmos Rocks  クイーンというバンド名のもたらす効果は非常に大きなモノだ。それを本人達もしっかりと知っているところが憎い。ポール・ロジャースを迎えてQueen + Paul Rodgers としてニューアルバムをレコーディングしているというニュースは知っていたものの実際に録音されたアルバムがこうして形に出てくるとどこか複雑な気持ちが生じるのはなぜだろう? このレベルのアルバムならポール・ロジャースのソロ作としても出来上がるだろうし、別にクイーンとのコラボが必要なワケでもない。しかもクイーンというよりもスマイル…、もしくはブライアン・メイ名義でも同じだと思うのだが、そこがクイーン名義の強さか。ポール・ロジャース的にはどちらでも良い話で歌が歌えて稼げればよろしいってことだと思うので、何となく距離感があるのはわかる。ロジャー・テイラーとブライアン・メイ側はやはりこのチャンスを何かモノにしておきたいと思うところだろうか。

 そんな勝手な解釈や思惑というものはともかく、出来上がってきたアルバム「The Cosmos Rocks」を聴いてみよう。まず、全曲三人で演奏してプロデュースしました、と書かれているように本当に三人で創り上げたのだろう。その意気込みは凄い。そして全曲Queen + Paul Rodgers の作詞作曲クレジットとなっているのもこれまた大したモノだ。もう誰がどうとかカネの話はどっちでも良い、っていうことか。5曲目に収録の「Warboys」ってポール・ロジャースの「Live in Glasgow (Dol Dts)」に自らの曲として歌われているんだが、それすらもQueen + Paul Rodgers名義になっているのだ。ま、意気込みの問題だろうな。

 最初から聴くとどことなくスペイシーな効果音からブライアンらしいギターにポール・ロジャースが絡む。ポール・ロジャースはもういつも通りマイペースな歌い方とブルースに根ざしたソウルフルな歌で全く遜色なくいつも通りの歌。やはり彼は何も変わらない。これがクイーン作品と云われても全然ピンと来ないのはこの存在感の大きさだ。しかもブライアンが気を遣っているのかそもそもの趣味なのか、ロックンロールやブルースに根ざしたリズムやコード進行を用いた楽曲が多くを占めていて、かつてのクイーンらしい音ではない。もっともその辺はポール・ロジャース作曲の楽曲かもしれないが。ブライアンの好みで行けば確かにハードなロック、メタルっぽいのも多くなるだろうし、それは顕著に出てきている。クイーンらしいサウンドと言えば、重厚なコーラスワークがそこかしこで聴かれる点で、それはさすがにポール・ロジャースのソロ作品としては出てこないので、クイーンらしい。そして無意識か意識的か不明だけど、往年の楽曲を彷彿させるドラム音やリズム、コーラスなんてのも聴かれる…、例えば3曲目の「Still Burnin'」なんてのはリズムからして「We Will Rock You」だけど途中のドラムパターンなどはそのまま使われているし、コーラスワークもそれを彷彿させるものなので面白い。

 そうだなぁ…、クイーンとしての音をイメージして聴くからおかしくなるワケで、ポール・ロジャースの作品として聴けばかなり幅広いサウンドを用いた作品として聴けるし、ハードな曲からオーソドックスなアコースティック中心の曲、見事に歌唱力を聴かせる曲など面白かったんじゃないか、と。そこに今まで経験することのなかった大掛かりなコーラスワークが入ってくるんだから新鮮な刺激だったろう。楽曲レベル的には突出した曲があるワケじゃないけど、どれもクォリティは当然高いものばかり。ただ、インパクトのあるロックナンバーがちと足りない気がする。ま、それはポール・ロジャースという歌を聴かせるシンガーがいるからかもしれんが。違った意味では「Call Me」っつう曲のコメディさは面白い。冒頭からクイーン節出しまくり、曲は軽快なノリのオールドタイムな歌だしね。  そういえばブライアン・メイが珍しくワウワウを使ったソロを聴かせるっつうのもあったり、スライドを聴かせるっつうのがあったりと割と色々なことにもチャレンジしているのも新鮮な一面。そして最後の「Small Reprise」はアルバム一枚を終えたことによるエンディングテーマでもあるが、この手法は昔のクイーンでよく使っていたパターンの踏襲か?う〜ん、ファンにはその意気込みが評価されるアルバムだが、果たしていかなる評価に落ち着くか見物だね。

 10月にリリースされる限定版「ザ・コスモス・ロックス スペシャル・エディション【初回生産限定盤】」では2005年のさいたまスーパーアリーナ公演から抜粋されたライブディスクが付くらしいが、早く聴きたい人はもう既にCDが出てます♪