Paul Kossoff - Blue Soul

Blue Soul: Best of Paul Kossoff  1976年3月19日ロサンゼルスに向かう飛行機の中で小汚い若い英国人が死亡しているのを発見、となったのだろう、きっと。もちろんスタッフ等がいたからそのような事にはならなかったと思いたいのだが、現実的にはそんな話で別に美しくもない。しかもドラッグでボロボロになったカラダであれば尚更だろう。それがポール・コゾフの最後。享年25歳。早くから成功を収めたフリーと言うバンドのギタリストで、唯一無二のギタースタイルを持ち、とてもピュアな人でもあったと聞く。

 キャリア的にはフリーに参加して活躍したのがまだ10代だったので、1973年のフリー解散後は自身の名義にて「Back Street Crawler」をリリース、つい先日デラックスエディション盤がリリースされて、セッションの内容がもっと明るみに出てきたのは非常に嬉しいことだが、もちろんギタリストのジャム的な作品という感は否めなくて、特に名盤とされるようなものでもないのも事実かな。その後はバック・ストリート・クロウラーというバンドを組み、二枚のアルバムをリリース。それでオシマイ。だけど、実はこの人結構色々なミュージシャンとセッション活動を行っていて、アイランドレーベルという共通の枠もあったようなんだけど、ゲスト参加しているアルバムや曲が多くあるんだよね。それでそんな活動をまとめたアルバムがポール・コゾフ名義で何タイトルかリリースされていて、多分有名だったのは「Blue Soul: Best of Paul Kossoff」ってヤツだと思うんだけど、随分前から廃盤になっているらしくていかん。勿体ないなぁ、と。フリー時代の曲も最初に入ってるんだけど、それはともかく当時は「Free Live」では聞けなかったライブ曲が入っていて、特に「Crossroad」なんてすごく興味を惹かれたもんな。うん、クリームのやってるあの「Crossroad」をフリーがやってるんだよ。さすがにフリーのアレンジ!と唸らされるようなリズムで、そこにポール・コゾフの泣きが詰まったギターがキュインキュインと鳴りまくるという逸品。何てったって冒頭のイントロからして早弾きのギターソロからなんだから、こりゃもう堪らんっつうくらいのモンでね、いやぁ、それでもってギターの音がマイルドで素晴らしいワケよ。この一曲だけでレコード探しまくったし、CDになってからも速攻で買った思い入れの強い編集版だね。ポール・コゾフで聴くって云ったらこれが最初に浮かぶ。フリーというバンドももちろんなんだけど、ギターを中心に聴きたいときはこっち。

 他には英国スワンプロックのアングラバンド?のアンクル・ドッグっつうバンドに参加した時の「We Got Time」とかね、これも凄く雰囲気良くハマってるワケで、まぁ、歌ってるのがあのキャロル・グライムだからそりゃ凄くもなるでしょう。ん?うん、デリヴァリーってバンド知ってる(笑)?カンタベリーの…云々とまぁ繋がってしまうのでその辺はまた今度にしておこう(笑)。  それから同じレーベル仲間で割と良く一緒に活動していたらしいトラフィックのジム・キャパルディの作品にも何度か参加していて、まぁ、好みかどうかは別としてポール・コゾフらしいギターを聴けるのでこれも重要だね。あとはフランキー・ミラーとアンディ・フレイザーがやり始めたランブルタウン・バンドっつうのに参加したときの曲とかね。この編集版には入ってないけど、他にも色々とやっているのがあって、ヒープのケン・ヘンズレーのソロとか英国フォークのジョン・マーティンとかアメイジング・ブロンデルなんてのにも参加してたりね。なかなか多彩な人だったし、またその人柄の良さからか声掛けは多かったらしい。

 そしてまたフリーの「Fire and Water」という名盤がデラックスエディション盤として再度リリースされたらしいのでポール・コゾフの「Back Street Crawler」と共にまたしても楽しめる一枚が増えたってもんだ。

Paul Kossoff - Back Street Crawler

バック・ストリート・クローラー+15<デラックス・エディション>(紙ジャケット仕様)  ギタリスト列伝アルバムを書きまくっていた時に入れておけばよかったということに後で気がついたんだけど、なんとも貴重なギタリスト的アルバムがあったじゃないですか。しかもとっても名盤で重要な作品。まだ、このアルバムは書いてなかったんだ、と自分で驚いた。

 ポール・コソフさんの最初のソロアルバム「バック・ストリート・クローラー」。今やデラックス・エディション+SHM-CDというこれ以上はないだろうと言うくらいの贅沢な究極バージョンが手に入るので買い時かも。自分的には古き良きオールドなオリジナルなレコードで聴いているので、ボーナストラックは聴いてないのが残念だけど、きっとそれくらいが丁度良いのだろう。(…とどこかのブロガーさんが書いてたので鵜呑みです(笑))。

 それはともかく、これだけ感動できるギタリストのソロアルバムっつうのもロック界ではそれほど多くなくって、しかもどこかのバンドに所属していた人のソロアルバムってあまり良い印象がない。ところがコソフの「バック・ストリート・クローラー」はギタリスト的エゴもしっかりと達成させて、しかも生半可じゃなくって18分近くのインストを、しかもセッションをこなして出来上がった楽曲を最初に持ってきてライブ感たっぷりの熱いセッションを聴かせてくれるのが素晴らしく、デラックス・エディションではそのセッションの多数のテイクが収録されているのだな。何とも魅惑的なお話。やっぱ早いウチに入手しなければ…。そうなんだよな、一曲の中でここまで飽きさせずにギターを聴かせるってのがなかなか難しいし、起承転結喜怒哀楽がしっかりと詰め込まれているので曲的に聴きやすいし、何よりもギター的なたくさんの技巧が組み込まれているところがよろしいのだ。最後の最後がコソフ特有のギタートーンで終わるのも嬉しいし。そしてこの曲で凄いなと再認識したのがアラン・ホワイトのドラム。イエス加入の前、だと思うけど、やっぱり凄いドラマーなんだな、と。シャープでロール効いててツボを得たドラミングでさ、コソフと息合ってる感じだもん。やっぱ上手いんだよなぁ。それでもイエスではブツブツ…。でもジョンとやってたんだから折り紙付きではあるか…。

 それで、2曲目と4曲目がボーカル入りなんだが、2曲目「I'm Ready」はJess Roden。なかなかこれ、と言ったバンドに所属したことないので知名度が低いんだけど良いんだよ、この人の歌。割とコソフに合ってると思うけどね。無茶苦茶ソウルフルでロジャースほどお上品でなくってもっと野性的なソウル感がある。そのおかげで後に参加するブロンコとかは黒っぽい印象を持つ作品になっちゃうんだよね。これもスワンプの始まりと呼ばれるところ。コソフはスワンプ好きだったみたいだし、いいよね。ちょっと驚いた発見だった。4曲目「Molten Gold」は云わずとしれたフリーの面々+ラビットなのでもうフリーっつっても良いでしょ。

 んでギタリスト的に相当お勉強になるのが「Time Away」っつうインスト。このギターがもうねぇ〜泣きまくってるんだよ。音色が違うから多分ストラトの音。ジャケットに写ってるヤツかな。レスポールのしつこい音に慣れているのでやっぱこういう違いは出てくるねぇ。枯れたトーンが出てて良いメロディ奏でてくれます。最後はアルバムタイトル曲「バック・ストリート・クローラー」、これもギター的に聴いてしまう曲で…。うわっ、全部名曲。だからこれくらい短めのアルバムで一気に聴き通すのが一番良いんだ。

 ボーナストラックって難しい。コソフが生きてて、こんなスタジオセッションを正式にリリースしたか?って重うと、多分ないと思う。好きなリスナーは聴きたいけど、アーティスト側はやっぱ、ね、出さないだろうし。アルバムの構成的にも重くなっちゃうしさ。だから…どうなんだろ?でもやっぱ聴ければ嬉しいよな…。やっぱデラックス・エディション買わなきゃ(笑)。

Paull Kossoff - Koss

Koss  またしてもロック仲間とあれやこれや…ロリー・ギャラガーのギターの音の話から始まり、ふとポール・コソフの話題へ進み、「そういえばThe Hunterで思い切り音外してるのあったな…」との話で、ボロボロになってた時のコソフなら有り得るけど、それって聴いたの何かのライブアルバム?って話してると死んだ後に出たクロに赤い顔のアップのヤツ…って、あぁ、あれか…と。そんな会話が出来ること自体が多くはないので他人が聞いてたらなんだこいつら?くらいに思うような会話なのかもしれないが、自分たちには普通の世界だ…、うん。んで、思い出したのと最近全然コソフ聞いてないなと思ってじっくりと…。

 1977年にリリースされた変則ベスト盤「Koss」。赤い顔のアップのジャケットで、これはこれで目立つジャケットだから良かったのだろうか。会話の中でうろ覚えでも説明しやすいアルバムジャケットって意味では正解だが、もうちょっとまともなジャケットで出してあげてほしかったと思うのが人情ってモンじゃないだろうか。変則と書いたのは、普通にベスト盤ならフリー時代とBSC時代の作品を集めてちょこっと未発表曲なんかを入れておくモンだろうけど、実はセッション活動が盛んだったポール・コソフらしい変則ベスト盤ってことで、どっちかっつうとベストプレイ盤みたいな感じかな。フリーの曲は3曲だけで、レーベルメイトバンドだったAmazing Blondelにゲスト参加した時の曲が2曲、盟友Jim Capaldiとのセッションから何と未発表テイクでのプレイを発掘リリース。残りはBack Street Crawlerからと更に1975年のクロイドンのライブから6曲収録されてる。この頃だととっても貴重なBSCのライブ音源のリリースだったハズなので、この「Koss」というベスト盤はかなり重宝したアルバムだったんじゃないだろうか。

 Amazing Blondelとのセッションは不思議な英国フォークなバンドにブルースを思い切り入れた不思議なセッションで泣きまくりのギターが美しいとか色々あるが、話題になった「The Hunter」はBSCの1975年のクロイドンでのライブソースだったってことで、なるほどこの時期ならあるだろうな、なんて思いつつも、このライブ盤、割とちょこちょこ聞いてたけどなぁ…と自分の集中力の無さを実感しながら再度じっくり聴いていると、おぉ〜、なるほど、外したってのは音の高さじゃなくて音の入りを間違えてるって事だった。一拍早く入っちゃったのかな、いや、でも、聴いてると自分でもそこから入るわ(笑)。これはドラマーが悪いんじゃね?って思うんだけどなぁ〜。ギター弾きながら「え?」って苦笑いしちゃったんじゃないだろうか。ドラム入っちゃったら変えられないだろうからギターが合わせていったってことでコソフの機転の良さを褒めるべきかも。

 しかしBack Street Crawlerのライブってどれ聴いても覇気がないのがなかなか残念でねぇ、弾いてるしフレーズもそれなりだしバンドも悪くないんだけどやっぱり思い切り具合不足なのかドラッグまみれだったのか、勿体ないなぁといつも思う。今回のライブも有名だし単体でCDも出てるけど、良いライブだから出ているワケじゃなくてソースが残ってたから出てるだけだしね、他に何本か聴いたけどやっぱりどれもこれも覇気はない。ギター一人が覇気ないくらいでバンド全員が覇気ないワケじゃないんだけど、やっぱりフリーの時を聴いちゃってるからかね、それでもコソフのギターは永遠です。

Back Street Crawler - The Band Plays On

ザ・バンド・プレイズ  60年代末から70年代初頭の英国ブルースロックを支えたバンドのひとつにフリーというバンドがあるんだが、まぁそれはともかく、泣きのギタリストとして有名だったポール・コゾフがボロボロになりながらもひたすら続けていたバンドなワケだ。…が、自身のドラッグ癖のためにバンド活動をすることすら困難になっていって、終いにはゲスト扱いされてしまってライブには不参加という状況にも陥ってしまった。しかし、多少時間かかれど、再度バンドを組んで活動することになったのがバック・ストリート・クロウラーというバンド。

 そもそもはコソフの最初のソロアルバムのタイトルが「バック・ストリート・クローラー」というタイトルだったんだけど、そこからバンド名を持ってきたみたいで1975年に結成してリリースされたバンドとしては最初のアルバム。冒頭の「Who Do Women」のイントロからしてコソフ節満開の泣きのギターが炸裂するので「これは?」と思うんだけど、アルバム全編となるとどうしても楽曲のレベルとかその他のメンバーの力量なんかの理由でイマイチ度が高い(笑)。いや、もっとギタリストのワガママが出ている作品ならよかったんだけど、やっぱりバンドとして再出発しようというものなのでその一員としての仕事になっててね、どの曲もコソフのソロというかオブリも含めて曲にマッチした音が鳴っていて素晴らしいんだよね。ただ、そこまで聞き込むほど曲のレベルが高くないのが問題。メンバーの中で多少有名なのってテリー・ウィルソン・スレッサーくらいで、それでもBeckettってバンドを知ってる人なんてあんまりいないと思うしさぁ…。でもコソフってこういうボーカルが好きなんだな、と思う。どこかポール・ロジャース的だしさ。

 でも翌年もアルバム「セカンド・ストリート」をリリースしていたワケなのでやっぱりそれなりに頑張っていきたかったバンドなんだろうな。ライブではポール・ロジャースが飛び入り参加していたりするので、やっぱり愛されキャラのコソフならではのバンド。ちなみにアルバムリリース後のライブが「ライヴ・アット・クロイドン・フェアフィールド・ホールズ」としてリリースされていて、こっちの方がやっぱりナマナマしくギターが聴けるので好きかな。

Paul Kossoff - Live at Fairfield Halls

Live at Fairfield Halls   ポール・コソフ率いるBack Street Crawlerの1975年のライブアルバム「Live at Fairfield Halls」。ジャケットを替えたりして何回かリリースされているから多分版権が微妙なんじゃないだろうか、最初店でコイツを見た時は結構びっくりして、オフィシャルか?でもタワーならオフィシャルだよな…とか思いながらもちろんそのままレジ行きなんだけどね、別にBSCはそんなに興味なかったから真面目に聴かなかったのかなぁ…、どうも地味なライブだと感じていたもので、その後もフリーやコソフのギターにはどんどんと心酔していくんだけどコイツはあまり手を出さなかった。それはもうコソフのソロそのものもだけど、多分曲に対する興味が薄かった=言い換えれば良い曲がなかったから聴かなかっただけの話な気がする。今はそれよりもプレイを聴くってのが大きいから楽曲がどうあれこんなギター弾いてるのか、という聴き方だから聴けるのかもしれない。そう思うと色々な聴き方があっていいんじゃないかと。

 1975年6月のライブだからソロ作「Back Street Crawler」をリリースした後のライブ、バンドとしてはそんなにまとまってるワケじゃないし録音も何となく記録用な感じだし、まだまだこれからな感触もするライブだけどコソフのギターは結構弾けてる…弾けてるっていい方はヘンなんだけどさ、もうこの頃以降ってコソフのギターってヤクとの辛みでどんだけ弾けるんだ?みたいなのがあるからさ。

 でも、ここで聴けるのは普通にコソフのギター・プレイ。フリー時代の魂込めすぎてます、ってのよりはもっと軽めになってる部分あるんでそこまでハートに刺さってこないけど、やっぱりエグるようなプレイはさすが。もっとギターヒーローに進んじゃえば良かったのになぁ〜、性格なんだろうな、こじんまりとするのは。そんな事を思いながら一つひとつの音を大切に弾いているこのライブプレイをじっくりと聴いてみました。

Black Cat Bones - Bared Wired Sandwich

有刺鉄線サンドウィッチ(紙ジャケット仕様)  フォガットのメンバーとして名が知られているロッド・プライスの在籍していたバンドが英国ブルースロックB級バンド、Black Cat Bonesで、1970年にアルバム一枚をリリースしているが、このバンドはフリーのポール・コゾフとサイモン・カークが在籍していたと言うことで知られているらしいんだけど、その音源はもちろん出ていないみたいなので何とも言えないね。それでもその話が信じられるくらいのヘヴィーブルースロックサウンドを聴かせてくれる。

 まず、ジャケットが面白いよね。原題「Bared Wire Sandwich」邦題「有刺鉄線サンドウィッチ」ってことで、まあそのままの訳なんだけど、ジャケットもそのままのイメージで意味はよくわからん(笑)。中味はホントにヘヴィーなブルースロックで、ロッド・プライスのギターがかなりエグく鳴っている楽曲が多い。コレ、写真とか資料がなさすぎるんだけど多分レスポールのサウンドだろうなぁ。後のロッド・プライスのギターもそうだし、それよりもこんだけエグい音はそうそう出せないだろうしなぁ。でもこの人コゾフの後釜でギター弾いたんだろうか?流動的なメンバーだった可能性高いよな。しっかしどの曲でもこのえぐいブルースギターのサウンドが曲を割って入ってくるのがハマる人にはハマるサウンドだね。結構好きだな。楽曲のレベルやバンドとしての云々ってのはさすがにB級だし、ホンモノのブルースに近いワケでもなくって、この頃のフリー系のブルースサウンドだからいいね。「Please Tell Me Baby」のギターなんて音ホントに合ってるのか?ってくらい浮いてるもん(笑)。ま、どの曲もそれはあるんだけどさ(笑)。

 しかしこの時期のデッカ/デラム系はヘンなバンドいっぱい出してきたよなぁ。このバンドもデラム/ノヴァレーベルからのリリースで一時期は幻のアルバムとしてアナログレコードが超高騰価格になってたしね。

Paul Kossoff & Randy Rhoads - Tribute

The Best of Paul Kossoff  3月19日という日は二人のギターヒーローが伝説になった日でもある。一人は英国ブルースロックバンドの代表格でもあり、また若くして英雄になってしまったギターヒーロー、ポール・コソフ。1976年の3月19日、自身の新バンドバックストリートクロウラーのプローモーション活動のため移動していた飛行機の中で心臓麻痺とのこと。もちろんドラッグによる体調悪化が原因なのだが享年25歳。若すぎる。

 コソフがなくなる前に積極的に取り組んでいたバンドがバックストリートクロウラーなんだけど、そもそも1973年11月に発表の自身のファーストソロアルバムのタイトルが「バックストリートクロウラー」で、全5曲入りミニアルバムみたいなもんなんだけど初っ端の「Tuesday Morning」が圧巻ですね。17分くらいとにかくギターを聴かせてくれるこの作品はコソフの想いがたっぷりと聴ける素晴らしい一曲で、この曲のためにアルバムを入手しても損しないくらいのもの♪参加メンバーにはもちろんフリーの面々が名を連ねていて、だったらみんな一緒にやれよ、とか呟いてしまうんだけど…、他には後に一緒に活動するジョン・マーティンなんかも参加している。その後1975年になると自身のバンド「バックストリートクロウラー」を結成し、「The Band Plays On」をリリース。短いツアーも行っているので随分後になってからだけど「Live at Croydon Fairfield Halls」ってのがリリースされているね。曲がよろしくないのか、なんとなくB級バンド的になってしまった感があるんだけどねぇ、いや、コソフのギターはさすがに美しいんだけどどっか覇気がなくって…。バンドってナマモノだよなぁと思う。

 もうひとりの稀代のギタリストで今度は飛行機事故によって伝説になったのがランディ・ローズ。1982年3月19日、同じく25歳の若さだったというのは残念としか言えない。どちらかというとロックスターらしくなく、音楽的教養もある人で、それほど入れ込んで聴いていたワケじゃないんだけどやっぱり上手いな、華麗だなっていうフレーズを持っていた。来歴では初期クワイエット・ライオットから始まるんだけど、もちろんオジー・オズボーンと一緒にやっていた時期が有名だし、才覚を発揮していた頃だろう。オジーの寵愛もたっぷり受けていて、1987年には「Tribute To Randy Rose」がリリースされていて、ランデイへの追悼にけじめをつけているんだけど、このアルバムで涙した人多いんじゃないかな。個人的には最後の「Dee」というスタジオアウトテイク生アコギバージョンで全てノックアウトされました(笑)。ライブの熱狂は何処へやら、こんなに素晴らしいアコースティックな曲を聴けるとは思わなかったので、ひたすらこの曲だけ繰り返して聴いていたなぁ。

Martha Velez - Fiends & Angels

Fiends and Angels   そういえば…、随分昔にその存在を知りながらもレコード探しをしていた頃にはほとんど見かけることなく、一回見かけた時にはアメリカ盤ジャケットだったがために、別のアルバムと勘違いして買わなかった…、それでも4000円くらいしかのかな。あとでアメリカ盤とイギリス盤で全然ジャケットが違うことが判明して割と悔しい思いをしながら、結局イギリス盤を見かけなかったような気がする。そんですっかり忘れ去っていたんだが、昨年かな、CDがリリースされるというのでちょっと話題になってたマーサ・ベレツ。手に入れて聴いて感動してたんだけどその内に書こう、ってすっかり失念してましたねぇ。この機会に書いておきましょう。

 1969年リリースの「悪魔と天使」という意味での「Fiends and Angels」というタイトル。「友達と天使」ではないですが、割と間違えやすい(笑)。こうして見るとアメリカ盤の方がジャケットにインパクトがあるのは事実でして、うん、英国人なんですけどね、彼女。ただ中身の声を聴いてしまうと、アメリカ盤のジャケットのインパクトの方が正解だろう、っていう感じはするが(笑)。

 もうねぇ〜、思い切り好みの音でして、そりゃまぁ、マイク・ヴァーノンのプロデュースによるものなので思い切りブルースに決まってるんだよ。しかも彼女はジャニスが脱退した後のThe Holding Companyにボーカルで加入のウワサもあったくらいの迫力絶叫系ボーカルのお転婆お姉ちゃんなワケで、聴いていて吹っ切れてて心地良い。マギー・ベルほどの凄みはないんだけど、それでもかなり面白い域に達していて正に60年代後期の英国ハードロックってなモンだ。あ、バックがね。

 そのバックなんだけど、これもマイク・ヴァーノンの力によるものだが、なんと思い切り全盛期のクリームの面々からクラプトンとジャック・ブルースを呼び込み、この二人にはジム・キャパルディのドラムと絡ませて思い切り激しく派手なブルースロックを何曲も展開してくれる。正直言ってマーサ・ベレズの歌声など全く耳に入らないくらいに二人の演奏に耳が行ってしまうんだな。やっぱりこの頃は凄いわ。それとマイク・ヴァーノン絡みなのでフリーのポール・コソフも参加しているのだが、これもまたジム・キャパルディやクリスティン・マクヴィのピアノなんてのと絡めて元々スワンプ系への参加が多いポール・コソフのこれまた全盛期のアグレッシヴであのタメが聴いたギターが聴けるという代物。それと何曲かではスタン・ウェブのブルースギターも聴けるので、当時のブルースギタリストとしてロック界に名を馳せようとしていたメンツが揃っている。なんともまぁ、豪華なアルバムになったことだろう。

 あまりにもゲスト陣が豪華なので肝心のマーサ・ベレズについて語られることは少ないんだけど、ミックスの問題も大きいよなぁ、多分。自分的にはかなり好きなタイプのボーカルで、もっとこういう弾けた音を歌って欲しいものだし、どんどん作品をリリースして欲しかったなぁ。何枚か他にもリリースされてるけど、そこまで追いかけていない…ってことはそれほど入れ込んでないってことか(笑)。

 いやいや少なくともこのアルバム「Fiends and Angels」については歌もかなり楽しめる作品です。まぁ、ゲスト陣が凄すぎるけど…。