Capability Brown - From Scratch 1971

FROM SCRATCH - フロム・スクラッチ  マイナーながらもかなりセンスの良いロックサウンドを繰り広げてくれるバンドやアルバムってのは70年代初頭の英国にはごまんと転がっていて、まぁ、そのヘンをあれやこれやと紹介しているのだが…、自分的には何となく好きだ〜ってのから始まって、何でも聴き漁ってみて、結局その類の中でも良いアルバムは良いんだな、というのに気付いたワケで、決して何でもかんでも好みというワケではない。ただ、メジャーになれなかった理由ってんはやはりあるので、その辺を意識しながら聴いてみると何かわかってくる。シーンの環境もあるし、時代に合った音かどうかってのもあるだろうし。音楽的センスに優れているバンドってのは結構多いもんね。

 さて、1971年にアルバムデビューして二枚のアルバムを残すだけとなったキャパビリティ・ブラウンというバンドも相当に良質なポップなロックを展開してくれたバンドだ。メンバーの経緯などはCottonwoodhillさんのブログに詳しく書かれていたのでそちらを参照♪ 白熊店長のトコロにも詳しく書かれているのでお役に立ちます…。なるほど、そういう経緯でメンバー編成が出来上がっているのか…、ならばこの音も納得です。昔から凄く優れた音だなぁ〜、凄く有名な人とかメンバーに絡んでないのか?なんて不思議に思ってたからさ。

 ファーストアルバム「From Scratch」よりもセカンドアルバム「Voice」の方が有名で、それもうジャケットのインパクトも絶大だし、中身も組曲になっていてプログレマニアに取り上げられて有名になっていったってのが大きい。その影響でキャパビリティ・ブラウンのファーストってどんなんだ?って興味が広がっていって再評価に結びついたってところだが、そのファースト「From Scratch」がこれまた全く期待を裏切らない程の出来映えだったので、結局良質なバンドだったんじゃないか、ってこととなるのだな。コーラスワークは完璧で軽快で起伏に富んだ楽曲をいくつも出してくるというアルバムは全く飽きることなく次から次へと聞いていられる代物。何が突出しているワケでもなくバランスのよいサウンド。ロックだけど、クセはあまりない。やっぱり良質なアルバムで傑作というに相応しいアルバム。もちろん何かが足りないっていうのはあるんだが(笑)。

 一時期CDなんかも手に入ったんだけど今アマゾンにはないのかな…。他ではいくつかヒットするから手に入るとは思うけどさ。あ、そういえばこのバンド、面白くて、一曲目はRare Birdの「Beautiful Scaret」っつう曲のカバーでして…、これがまた全然アレンジが変わっていて爽やか。しかしこの時代にそんなのをコピーしてアルバムに収録するってのも珍しいことだが、取り組みとしては非常に面白い。英国マニアにとってみればそんなのを発見ンしてしまったらニヤついてしまうじゃないか(笑)。「Liar」ってのはクイーンのカバー…だったら面白かったんだけど、クイーンじゃなくてアージェントのカバー♪ う〜ん、全くこだわりのないバンドだったのかもしれんな(笑)。ちなみにレーベルはカリスマからのリリースです。

Capability Brown - The Voice 1972

 キャパビリティ・ブラウンというバンドをご存知の方はどれくらいいるんだろうか?カリスマレーベルからリリースされた「Voice」という唇のアップの見開きジャケットで、その唇にはファスナーが(ストーンズの「Sticky Fingers」のように本物のファスナーではないけど)描かれているアレだ(っつっても知らない人の方が大多数だろうなぁ…)。キーフのデザインなんだけど…。いや、何が書きたいのかと言うとですね、クイーンとほぼ同時期にクイーン並みのコーラスワークを誇った大英帝国産のバンドが他にも存在していたってことなんです。もちろん楽曲のクォリティや完成度ではクイーンには及ばないんだけど、ブリティッシュB級バンドのレッテルが貼られるまでは彼らにもチャンスがあったんだろうなぁ、とその実力を惜しんでいるのだ。

 クイーンを聴いていてふと思い出したので随分久しぶりにレコードを引っ張り出して聴いてみると、うん、やっぱりこのコーラスワークをロックに持ち込んだ作品としてはクイーンよりも若干早い時期の作品で決して方向性は間違ってなかったのかな、と。多分本人達の方がよっぽどそう思っているだろうと推測できるのでガタガタ言えないんだけど。この辺のイギリスのロックバンドは実に面白いバンドがいっぱい出てきていて、宝物探しのように個性のあるバンドを探し出す楽しみがある。もちろん時代が経過した後だからこそそういった探し物が出来るだけなのでリアルタイムで70年代英国ロックを漁っていた方には全く異なった印象に映るのだろうか。そもそもそんなマイナーなバンドの情報はそれほど多くなかったと思えるのだが、今となっては知る術があまりない…。

 それはそれとしてこのキャパビリティ・ブラウンは確かアルバムを三枚出していて、ファーストアルバムはそんなにクイーンチックなコーラスワークを武器にしたアルバムではなかったように記憶している。なのでセカンドアルバム制作の時点でそのようになったのか、そもそもオペラなどが好きでそうなったのか不明だが、結構面白くて良い。ちょっとメジャーさに欠けるけどね。で、アルバムタイトルが「Voice」だ。B面全てを使った5部構成の組曲は見事なモノでメンバーにより演奏もとても上手いので試しに聴いてみると面白いバンド。A面ではスティーリー・ダンとなんとアフィニティのカバー(!)も聴ける。

Captain Beyond - Captain Beyond 1972

Captain Beyond 1970年前後の英国B級バンドを羅列していたんだけど、いつの間にか本人気付かないまま無意識にヴァーティゴレーベルが並びまくってた(笑)。そうか、やっぱりそうなるのか…。そしてここのところ二作続けてパープル関連っつうことで1970年にこだわってみたんだけど、やっぱりなぁ、書いておかないとなぁと思ったワケである。うん、実際はどんなんだっけっかなぁ…と思い出してみたので聴いてみただけなんだけど、やっぱ面白いじゃん、と思って取り上げることにしただけなのだ。

 Captain Beyond。1972年、純粋な英国ロックバンドとは云えないし、レーベルもカプリコーンっつうことでそういう面白さはないのだが、かの有名なバンド。メジャーでしょ?自分的にはかなりB級に位置しているバンドなんだけど当時は日本ではかなり売れたってことらしい…。まぁ、人気絶頂だったパープルの初代ボーカリストが参加しているっつう触れ込みだったら当時は売れただろうな、と思うが。そんな時代を知らない後追い世代なので、勝手な推測の方が走ってしまうんだけど、やっぱり音だけを聴いていると完全なメジャー級のサウンド…とはちょっと違うような気もする。もちろんテクはあるし曲もかっこいいんだけどね。ロッド・エヴァンスの声ってハードロック似合うよな…。だからこの後のアルバムだとどうしても迷走しているようにしか聞こえない面もあるんだけどファーストは良いよ〜。

 ちなみに面子はアイアン・バタフライに参加していたアメリカ人のギターとベース、更にジョニー・ウィンター・アンドに在籍していた凄腕ドラマー、ボビー君による四人編成のバンド。ほとんどアメリカ人のサウンドのハズなのだが、なぜかこのファーストは英国的な香りがする不思議なバンド。このドラマーのボビー君はこの後もキース・レルフとアルマゲドンを組むしねぇ。この人英国人なのかな?調査不足ですまぬ〜。んで、このファーストだが、実によく出来ていて、ジャケットが表している通りスペイシーなコンセプトアルバムで、まぁ、歌詞まで見てないけど楽曲的なトータル感は凄いと思う。基本的にハードロックなんだけど、ドラムがね、やっぱ良いよ。歌とドラムが良いとバンドは良い音だせるからね、そういう意味で正しく良い(笑)。

 日本では売れたけどアメリカでは実際全然売れなかったらしいし、そもそもロッド・エヴァンスがアメリカ進出のために組んだバンドなのに本末転倒だったようで、上手くは行かないものだ。その度胸を持っていなかった当時のパープルは後にアメリカで成功するんだから皮肉だよな。人生、そんなもんさ、うん(笑)。

Carmen - Fandangos In Space 1973

宇宙の血と砂 C級、B級と来たのでA級と言うのが正しいかどうかはともかく、音楽的には圧倒的にAクラスに属するレベルを展開しているバンドで、今の時代にはもちろん埋もれてしまっているバンドってのもある。売れるし残ることも前提だったが故にプロデュースにはあのトニー・ヴィスコンティを配し、日本でも国内盤がリリースされ、更にシングルカットのシングルまでもがリリースされていたというメジャーなバンド、カルメン(Carmen)って知ってる?

 知らない人は多いと思う。そんだけメジャーに展開をしていて、しっかりと売るつもりでいたみたいなところあるし、実際3年程度の活動でアルバム三枚リリースしているワケだから、それなりだったはずなんだけど、今となっては…、ってトコだ。そのカルメンが1973年にリリースした最初のアルバム「宇宙の血と砂」って名盤なんだよね。これまでに聴いたことのないロックのサウンドがしっかりとしたプロダクションによる音で収められている作品。

 俗に言葉上ではフラメンコロックとして語られているんだけどさ…、ヒネている自分的には何か違う言葉で…と思うのだが、これはフラメンコロックなのです(笑)。スペインの熱い血がたぎるサウンドとロックの融合…というイメージなんだけど、音的にはそれほどスパニッシュというワケでもなくって、まぁ、フラメンコのリズムとか手拍子とかは用いたりしているんだけどさ、ギターでそんなにスパニッシュかってワケでもないし、音はロックの音が基本。なのに何故かフラメンコロック、の音なんだ(笑)。聴いていると熱い血がたぎるっつう面白いバンドでね、売る側が売ろうとしたのもわかるくらいオリジナリティと大衆性をもったバンド。根強いファンは多いんじゃないだろうか?

 バンド経歴は割と面白くてもともとアメリカ人によるバンドだけどその特異な音楽性から英国のリーガルゾノフォン=プロコル・ハルムの属するレーベルからアルバム「宇宙の血と砂」をリリース。確かにアメリカでは出せないだろうな…と同時に英国ロックの音であることも確か…、皆スペイン大好きなのだろうか?歌もアコースティック中心のギターもクールで面白い。ドラムやベースってのは割と平凡なんだけど、ビブラフォンとかカスタネットとか脇役クラスの楽器担当ってのがメンバーに在籍しているワケでして、故に脇役ではなくってしっかりとバンドの中心を成す音なのだな。クイーンが売れたのならカルメンも売れておかしくない、そんな思惑があっただろうと…。もっとも時代的には同世代なのでどっちが売れたかはわからないのだが…、ま、そんなもんだ(笑)。

 しかしアルバム「宇宙の血と砂」を聴いているとデヴィッド・ボウイの「ハンキー・ドリー」あたりの音とかなり被る部分も多いな…。フラメンコ色が強いのはそうではないけど、シンプルな楽曲…5曲目の「Sailor Song」とかだと全くデヴィッド・ボウイのアルバムの音だもん(笑)。ヴィスコンティがかなり手を入れているな、これは。

Catapilla - Catapilla 1971

キャタピラ 早いモノでもう11月も終盤に突入…。もしかしてもう年末なのか?やたらとクリスマスらしき風情を感じると思っていたら…。好きな季節でもある「秋」っつうのはやっぱりもの凄く短いものなんだ。秋らしき音色のアルバムをいくつも取り上げて聴こうと思っていたのに結局あまり数多く聴けなかったな。アコースティックの美しいものを更に掘り下げて…なんて思っていたんだけど、ま、フーは来るし、ハード系のバンドが結構新作出してるし、そんなの追っかけてたら秋がかなり過ぎてしまった。でも、まだアレコレと聴き続けてみよう、と思う。

 えっと、入手した頃心地良くてひたすら聴いていたアルバムが「キャタピラ」です。ただメチャマイナーなバンドなのでやっぱり何十年も聴き続けるというバンドにはならなかった=B級なんですが(笑)、久々に聴いてみてですな、やっぱりもの凄く心地良いんですよ、これ。アルバム二枚出して消えていくんだけど、二枚とも全然カラーが違う作品でユニーク。今回はそのファーストアルバムの方です。何か参考記事あるかな、とググってみたら自分が書いた昔の記事がヒットしてしまって、自分でもこのバンドのセカンドアルバム「チェンジズ」について書いていたんだと改めて気付いた次第。なので今日はファーストアルバム。

 なんつってもさ、アルバム全曲で4曲だし、アナログ時代ではA面3曲B面1曲でしょ。そのA面の1曲目だって15分半あるんだからもう楽しいよ。その「Naked Death」っつう曲がさ、もう超トリップしていて最高(笑)いわゆるバックがワンパターンマンネリのリフレインを淡々と繰り広げている中にサックスを中心とした楽器が宇宙空間を舞うように音が飛び交う。その前にアンナ・ミークという女性の歌声による思い切りハードロック名パートもあって、このアンナ・ミークの声がベイブ・ルースのジェニー・ハーンのようでエロティックっつうかお転婆娘っつうか、色気があるはしゃぎ声で好きなんだよ(笑)。テクニカルな面とか楽曲の良さとかは特筆することもないんだけど、混沌としたサウンドがひたすら続けられる、しかもそれはこの時代に特有のブルースをベースにはしているけど、っていうヤツなので楽しいのだ。自分でバンド組んで普通にやるとこういう感じの曲調になるのが多い。それはキャタピラをひたすら聴いていた影響なのかもしれない…。いや、キャタピラに影響を受けたアマチュアバンドなんてそうそういないだろう(笑)。

 ホントにね、面白いんわ〜。間に挟まれた小曲はどこかケイト・ブッシュみたいなもんで、一般の形式からは考えにくい展開だったりするけど、このアンナ・ミークのお転婆的歌声が欲生きててよろしい。うん、どっからどう聴いても超B級バンドです(笑)。

Catapilla - Changes 1972

Changes  ジャジーなサウンドでロックを演奏するバンドってのは技巧派からモノマネまで多数存在しているんだけど、まぁ、普段あまり聴かれることのないサックスなんかがロックの中に登場すると一般的に「ジャズロック」と云われることが多い(笑)。もっともな話でもあるんだけど、ドラムが、ベースがと色々と突っ込まれるのはヨシとして、今日はそんな中でもかなりヘンなバンドなんだけど美しき女性ボーカルがメインなので不思議な聴きやすさがあるキャタピラです。

 キャタピラ=イモムシ、そしてジョ・アンナ・ミークと言う結構綺麗なお姉ちゃん、もちろん歌声も綺麗で良いんだけど、バンド名とのギャップが面白い。1970年クリスマスに結成して1971年にファーストアルバム、翌年にセカンドアルバム「Changes」をリリースして消えていったバンドで、一言で言うならば混沌としたサウンドの中に光る美しき女性ボーカルとサックスプレイ、そして結構重めの演奏をするバンドがひたすらとロックを刻む妙なバンド、です。ファーストは正にその通りのサウンドで、アルバム全曲でも4曲しかない(笑)。

 1曲目(16分)と4曲目(24分!)と気合いが入っていて、途中に挟み込まれている小曲はなかなかポップで小気味の良いロックサウンドとブラスロック(笑)というワケのわからん展開もよろしい。ジャケットは表面がかじりかけの林檎、裏面が芯だけになった林檎。そしてセカンドアルバム「Changes」では林檎をかじった犯人?が登場する、モロにイモムシ、です。予想通り表面がイモムシの顔面、裏面は背中です(笑)。アナログで初めて見た時はけっこうキモかった(笑)。そのセカンドアルバムは更に混沌とした空気感の中にサウンドが広がっているようなイメージで今回も全4曲というポリシーは変わらないんだけど、前回とは異なり12分+6分が繰り返されている。しかし前作のような大きなメリハリは付けられていないため、ただただ混沌の垂れ流し的アルバムという感じでキャタピラ独特のケダルさが違う。好みは正直言ってその日の気分によって変わるだろうなぁ。コレ聴いてすっきりと明るくなる人はいないだろうから(笑)。でもね…心地良い♪

 セカンドの方が好む人もいるんだろうな。ちなみによく名盤といわれるのはセカンドですね。

Chapman Whitney - Streetwalkers 1974

STREETWALKERS(ストリートウォーカーズ)(直輸入盤・帯・ライナー付き) 古き良き英国ロックの世界に戻ってみて、白人ながらもソウルフルな歌声を持つ人物ってのも何人も存在するんだけど、多分一番不運だったような気がするのがファミリーで知られたロジャー・チャップマンじゃないだろうか?いや、不運っていうのも言い方が悪いんだけど、凄い歌声持ってるんだけどパートナーに恵まれなかったというのか、もう一つ弾けてもらってもよかった、みたいな感が強いんだよね。FamilyってJohn Wettonが在籍していたおかげで、知られているっていう側面の方が大きい感じがしてさ、結局John Wetton在籍時はイマイチ、っていうのにも拘わらずね。まぁ、そんなこともあって勢い余ってFamilyを解散させたロジャー・チャップマンが同胞のチャーリー・ホイットニーと共に再度創り上げたプロジェクトがこのChapman Whitneyの「STREETWALKERS」で、この後は「 Streetwalkers」をバンド名として活動していくこととなる。蛇足だけど、今のIron MaidenのドラマーであるニッコはこのStreetwalkersのドラムでもあったという繋がり。英国ロックは深いのだ。

 そんでまたこの「 Streetwalkers」という作品に招集されたゲスト陣営がものすごい豪華になっていて、こんな感じ。 Roger Chapman (vocals, percussion), Charlie Whitney (guitars, steel guitars), Max Middleton (keyboards), Tim Hinkley (keyboards, vocals), John Wetton (bass, Vocals), Ric Grech (bass), Neil Hubbards (guitar), Ian Wallace (drums), Mike Giles (drums), Godfrey McLean (congas), Poli Palmer (electric vibes), Linda Lewis (backing vocals), Jim Cregan (backing vocals), Boz Burrell (backing vocals), Mel Collins (all brass and woodwind and arrangement on "Showbiz Joe"), Del Newman (string arrangements)。

 ざっと見てわかるようにKing Crimson陣営がガンガン参加しているし、マックス・ミドルトンやリンダ・ルイス、ジム・クリーガンなんて布陣も参加しているのでその実英国ロック一大セッションにもなっているのでもっともっと話題になっていてもおかしくないのだが、そこはロジャー・チャップマンの不運さを物語っている(笑)。アルバム的に面白くないんですよ…、いや面白くないというよりもセッション的に個性がそれなりに際立った作品ではあるけど平凡になってしまっているんです。どれもプレイヤーとしての力量は存分に発揮していると思うが、楽曲の問題かねぇ。セッションプレイヤーに罪はないんだけどね、地味になってしまってる。

 それでもやっぱりKing Crimson的な位置を期待してしまうんだが、そこはメル・コリンズが美味しいところを持っていきます。アチコチで独特の演奏を聴かせてくれるもんね。数多くのドラマー勢は期待したほどの個性を発揮できていない…のはやっぱり楽曲の問題かなぁ。悪くないし、英国的だけどな…。FamilyとKing Crimsonって別に音楽的にリンクすることはないんだけどバンド単位では割と遭遇しているので、「 Streetwalkers」ではその二つを組み合わせたようなサウンドになっているのは面白い試みだけどね。でもやっぱロジャー・チャップマンは小技使うよりも熱唱していてもらいなぁ。どうも今は「First Cut」ってタイトルとジャケットで曲順が変わってアメリカ盤がリリースされて容易に手に入るらしいので聴いてみて下さい。

First First Cut

Chopyn - Gland Slam 1975

グランド・スラム(紙ジャケット仕様)不思議の国のアニー」と同じような立ち位置のイメージを持っていたのが、Ann Odellという女性の「アン・オデール/ア・リトル・テイスト」というアルバムだったのだが、これがまた全く手に入らなくて大変だった。CD時代になってからは割と早めにリリースされたのでそれは良いのだが、今度はAnn Odellが在籍していた…と言うか、自分で組みたくて組んだバンドだったChopynという大胆なバンドの「グランド・スラム 」が手に入らなかった。これはもう全然CDにもならなくて見つからなかったねぇ。今はようやくCDになっているけど、これも世界では日本だけだから結構レアな代物になるだろうな。

 メンツを見ればお分かりのように今となってはSimon Phillipsが在籍していたバンド、っていう方がわかりやすいんだろうと思う。Simon Phillipsが17歳とか18歳の頃のプロバンドなワケで、もちろんアルバムを聴いている限り全然テクニック的にもノリ的にも遜色なくて天賦の才能をフルに活かしているように思う。そもそもAnn Odellって人が王立音楽院を出た才女なので、音に対する感性が凄く敏感なハズなので、そこでのこのSimon Phillipsの採用なのだからそりゃそうだろ、と。そのAnn Odellという女性について割と知られているのはBryan Ferryの「Let's Stick Together」のストリングスアレンジやJapanの「Quiet Life」、更にSimon Phillips繋がりであのPete Townshendのソロアルバム「All the Best Cowboys Have Chinese Eyes」なんてのにもブラスで参加している才女。

 キャリア的にはこのChopynが最初というものでもなく70年代初頭からシーンには名を残しているようで、様々なセッションに鍵盤奏者として名を連ねているみたいで、Blue Minkなんてのが割と初期かね。ソロ名義でもシングルとアルバム「アン・オデール/ア・リトル・テイスト」が1973年にはリリースされているし。以降はなかなか目立った作品はないけど、これだけの才女なのだからどこかで色々と仕事してるのだろう。オフィシャルサイトもあるし。

 さて、そのChopynというバンド…、当時Ann Odellはどうにもファンキーな音をやりたかったようで、一見ボーカルしてるのかと思ってたら、しっかりと鍵盤に始終していて歌は多少歌っているものの基本的には他に任せてしまっている。作品としては非常に取っ散らかった印象の強い作品で、確かにファンキーな音を狙っているので、どこかBabe Ruth的な部分もあったりするんだけど、中途半端。それが面白い味付けになっているんだろうけど、垢抜けない音世界はやはりB級路線を歩まざるを得ないトコロ。ジャケットとか色々とマニア心を擽るものだけどね。ギターにはRay Russellが参加しているのでソツなく聞かせる部分では問題ないし、それよりもこの「グランド・スラム 」で目立つのはベースとパーカッション。全く無名でしてその後もあまり名を聞かないんだけど、これがまた良い味出してます。

Chimera - Chimera 1968?

Chimera 女性二人によるアコースティックなバンドってのは割といくつも思い付くけど、それは単にメロウキャンドルというひとつの偶像があるからだろうな(笑)。やっぱね、メロウキャンドルみたいなのを期待しちゃうワケさ。実際にはなかなかそんなことないんだけどさ。ところがひょんなことから聴いてみたキメラ(Chimera)っつうバンドっつうかプロジェクトっつうかユニットっつうか…、には驚かされた。60年代末期には録音されていたものなんだけど、当時リリースされることはなかったアルバムでして、それが2004年になって突如陽の目を見たという非常に珍しいパターンの作品。

 ま、ジャケットからして良いよね(笑)。彼女たちがこのバンドで歌っている女性ではないと思うが、印象としては凄く良い…。音の中味はと言うと、冒頭がもうメロウキャンドルチックな幻想感溢れる楽曲と歌でね、結構あっちの世界にイケる感触よ。それは全編に渡って繰り広げられる世界なんだけどさ、なんでこんなの当時リリースしなかったんだろうと不思議に思う。音のアレンジなんかももちろんしっかりしていて、作品的にもかなりレベル高い方だと思うけどな。

 うん、この作品は別の意味で非常に話題になることが多い。まずプロデューサーにフロイドのニック・メイソンが半分くらい関わってて、もちろん演奏にも参加してる。そのツテかリック・ライトも別の曲で参加しているのでピンク・フロイドマニアの間では以前から話題になっていたことのある作品なのかもしれない。それと、当時のサイケデリックブームの中では割と重宝していたであろうウィル・マローンがオーケストラアレンジャーとして記載されている。オレンジ・バイスクルとかソロアルバムで有名な人ね。それとアシュカンっつうデッカノヴァのマイナーなバンドからフリートウッド・マックに参加することとなるボブ・ウェストンも参加しているってことだ。まぁ、とりあえずフロイド関連ってことでリリースされた時には結構売れたんじゃないかな。

 しかしこの全ての曲を書いているリサ・バンコフっつう女性、歌も歌ってるけど裏ジャケのギター弾きの姿もそうだろうから、かなりの才能の持ち主…そして男の操り方が上手かったのか、とんでもないゲスト陣を迎えているワケで、果たして何者?ちょっと調べた程度じゃ何も出てこないのでマジメに調べないとな…。

Cirkus - One 1971

ワン・プラス 奇妙な人体裸ジャケットって流れで行くともう一つ思い付いた…っつうかさ、いくらでもあるんだけど、まぁ、それなりに音の流れも一応作ってるだけなんだな(笑)。さてさて、そういう意味で、気持ち悪くはないんだけど、何なんだろ、これ?ってな類のジャケットですな、これは。それでも昔に比べて容易に手に入れられる時代ってのが大変微笑ましいですよ、ホントに。なかなか探さないと聴けない音だったしねぇ。

 1971年にリリースされたらしいが、それがまた自主制作でリリースされていたようだから当時からこのバンドを知る人達はどれだけいたのか凄く不思議なのだが、今では普通にメジャーなバンドよりもよほど知られているかもしれないマイナーなバンド(笑)。この時期のサーカスと言うバンドは英国にふたつ存在していて、ひとつは「C」のサーカス=Circusってので、メル・コリンズが昔在籍していたバンドですね。そんでこちらのサーカスは「K」のサーカスとして呼ばれているのだが=Cirkusってことです。

 まぁ、それは後になってからのお話なんだろうけど、ホントにこのバンドってどこまで知られていたんだろうか?何でまた自主制作のアルバムがこんなに有名になったんだろうか?そもそもこのアルバム「ワン」の音って全く自主制作の音ではないので、当然ながらきちんとしたプリプロの録音が行われた後にメジャーからアルバムリリースされなかっただけなのか…。ちなみにオリジナル盤のリリースは「RCB」というレーベルから自主制作盤がリリースされているので、多分RCAからデビュー予定でプリプロまで作ったけど、結局お払い箱になってしまって、そのテープそのものを使って自主制作でリリースしたのではないかと…。

 いや、勝手な想像なので、今ではどこかでそんな理由が判明しているかもしれないし、本人達も90年代以降にも再度活動しているそうなので訊いている人もいるだろうし。それにしても不思議だよね、そんな作品が後に結構な評価を得て今でも入手できるアルバムとして語り継がれているなんてさ。本人達もビックリでしょ。

 そしてそれもそのはずで、アルバム「ワン」のどの作品群も見事な出来を聴かせてくれていて、思い切り叙情的にポップに、そしてプログレ的にメロトロン的に好まれる音なのですよ。ジャケットの意味不明さは何となく操り人形的な印象とびっくり箱的な印象なんだけど、裸の男が生まれ出てきているという絵が描かれています。まぁ、それはともかく音の方を聴いて欲しいね、これ。もちろん繊細な側面が多分にあるしっとりと心に染み入るメロディラインはもちろんのことさわやかなポップ調な曲からメロトロンを聴かせまくったプログレッシブなもの、そして叙情的なバラード調…、フォークタッチの要素も取り入れたりした才能あるアルバムですよ。コーラスワークまでしっかりと出来ているじゃないですか…ってなくらいに英国好きには堪らない作品世界。

 そっか、だからこそ聴いた人が良いよ、って言うから自主制作の枠からはみ出て時代を超えて語り継がれてしまうアルバムになったワケか…。うん、いいよ、ほんと。その辺のメジャープログレバンドよりも全然ロックしているし、プログレしてる。テクもそこそこだから問題なく聴ける。アマゾンで見るとちょっと入手しにくくなっているらしいけど何とか手に入るでしょっ♪

Clear Blue Sky - Clear Blue Sky 1970

 1970年初頭ってのはハードロックもプログレもジャズもトラッドもクラッシックもゴチャゴチャになってシーンを形成していて、もちろんそれらがロックと呼ばれるベーシックな部分は持っていたもののそんなにきっちりとカテゴライズされるものでもなかったようだ。後には総じて英国ロックとして括られるものとなったようにどのバンドも何かしらの要素を併用で持ち合わせていることが当たり前で、顕著なのはLed Zeppelinだろうな。ハードロックからトラッド、プログレ…他なんでもありの中で圧倒的な存在感を示している。後にB級と呼ばれるバンドにも同じ試みをしていた連中は多数いた。レーベルではそれこそデッカ・デラムなどが代表的だが、何と言ってもレーベルの特性そのままが打ち出されていたのがヴァーティゴだろう。このレーベル、レコード盤面を見ているだけでもホントに気持ち悪くなってくるくらいのものなので、一度試してみてもらいたいなぁ。

 で、本日はそのヴァーティゴレーベルの中でも多分最年少のバンドだったと思うんだが…、Clear Blue Skyっつうバンドだ。1970年唯一のセルフタイトルのアルバムはロジャー・ディーンのジャケットに包まれた秀逸なアートワークで、それだけでも多分惹かれるんだと思う。でもって1970年のリリース、しかもヴァーティゴって言ったら普通の英国ロック好きは飛びつく。うん、もちろん自分もそうだった(笑)。

 で、問題はその中身…。うん、ジャケットとレーベルに包まれてるから悪いとは思いたくないという先入観から聴くから悪いハズがないのだ(笑)。若干18歳の若者三人組が早い段階で実力を認められてレコーディングデビューしたものなのでやはり期待して聴くワケだ。うん、ヘヴィーロック。ハードロック。もちろん一辺倒ではないのは当たり前なんだけど、残念なのはブルースっぽい雰囲気のギターではあるんだけどもちろんホンモノに成り切れていない状態でのアルバムで、それはドラムにしてもベースにしても同じコトが云える。歌はもちろん迫力に欠けるのでハードロックという割にはちょっと物足りない。うん、それが英国ロックなのだ。そう納得して聴くとこのバンドの価値が少しはわかってくるかもしれん。まぁ、簡単に言えば今なら絶対に出てこれないだろうバンドで特筆するところは特にないのだ。時代が彼等を作っている、みたいなね。でもさ、こうしてマニアばっかりかもしれないが、聴いて論評する人がいるってのは凄いことだよ…。自分もね、結構好きだよ、このバンド。ただ、何度も聴いてコピーするとかって気にはならないけど。

 ちょっと前まではこれが唯一のアルバムだったのが90年代以降プログレが盛り上がってしまった時に幻のセカンドアルバムが発掘されたり、果ては再結成して新作出したりしているみたい。T2もそんな感じだったけど。で、驚くことにこんなマニアックなバンドなのにオフィシャルHPがあるんだな…。

Clear Blue Sky - Destiny (1971)

 ロックに於ける常識ってのは多分、ない。万人が思うであろう常識ってのをぶち壊すのもロックだし、と言いつつも概ねある程度の常識の範囲内で片付けられていることは多いんで、破壊と創造などと言うカッコ良いものでもなくなっているのは事実。ところが70年前後はそんなのばかりで面白かったワケでして、それが創造なのか破壊なのかってのもわかってなかったから出来た技なんだろう。そんなことをヒシヒシと感じたバンドをご紹介。

 1970年にアルバム「Clear Blue Sky」でデビューしたClear Blue Sky、平均年齢若干17歳と言うフレッシュなバンド、ヴァーティゴからのアルバム一枚で消え去った…と思われていたけど、実はセカンドアルバム「Destiny」のデモがありました、ってことで90年代になってからリリースされたセカンドアルバム「Destiny」です。何を今更感が強かったんだけどやっぱりClear Blue Skyだし、ってことで買っちゃうんだな。んで聴いてみれば、驚くほどにファースト「Clear Blue Sky」と変わらないくらいのヘヴィ・ロックでして、密かにコレ、かっこ良いじゃないか、なんて聴くワケだ。ただ、カタログ上には出てこないし、なかなかな〜なんて思ってたけど、さっきオフィシャルHPとか見てたら再結成してアルバムも数枚出してるんだな。もっともオリジナルメンバーによるものじゃないけど、バンド名は使っているってことでちょっと驚いたけど、もしかしたら日本にはもう来たんだろうか?よくわからんが。

 そのセカンドアルバム「Destiny」はファーストのインパクトをそのまま伝えてくれる感じで、ちょっと上手くなってるかも。多少怠惰な感じに締りがないのも相変わらずだけど、このままの路線で進んでくれたらバッジー的なバンドにはなれたんじゃないか?とも思うだけにやや残念。一方ではアルバム一枚だったから良かったのに、ってのもあるが、このセカンド「Destiny」、没ってのもわかるけど、リリースしてればな〜ってのもね。ちょっとアマチュアっぽい部分多すぎるか。個人的には大好きです、この音。T2やClear Blue Skyってのはホント、面白いもん。