Dando Shaft - Dando Shaft 1971

Dando Shaft  聴けば聴く程に味が深まっていくのが英国トラッドフォークの世界。もちろん底なし沼の世界なので表面をなぞるだけでも十分に楽しめるものなんだけど、やっぱりせっかくなら色々と遊んでみたい。このDando Shaftと言うバンドはもちろん英国トラッドフォークを代表するバンドなのだが、自分はこのバンドをプログレ側から知ったものだ。それは何よりもネオンレーベルからキーフのジャケットデザインっていうことでイメージを持ってしまったのだ。薄日の当たる回転木馬というジャケットは正にキーフらしいデザインの素晴らしいアルバム。聴いてみてもその印象は全く変わらず素晴らしい音世界が繰り広げられている。

 1971年にリリースされた、バンドとしては二枚目の作品にしてセルフタイトル「Dando Shaft」を冠した自信の作品。この作品からポリー・ボルトンという女性ボーカルをクローズアップしており、それがまた素晴らしい味付けに貢献しているのだ。バンドはもう一枚リリースしてほぼ壊滅状態になってしまうんだけど、それでもこのセカンドアルバムは燦然と輝く英国フォークの傑作でしょう。

 うん、簡単に言えばツェッペリンのサードの世界を拡大したもの。もちろんもう少し独自性は出ているんだけど、ツエッペリンが如何にトラッドを吸収して出しているかというのもわかるし、ダンド・シャフトというバンドはやはりロックよりの理解もあったということも世界観で伝わる。だからフェアポートとかスティーライとかと同列レベルで語られても全くおかしくないレベルのバンドだと思うんだよね。「Magnetic Beggar」っつう曲なんて正にZepだもん。かと思えば他の曲ではしっかりとトラディショナルな音世界。ギターとかマンドリンとかが凄く良いんだよね。そしてコーラスもしっかりしてるしもちろんポリーの歌声と来たらサンディ・デニーに通じるものもある素晴らしい声の持ち主なのだ。

 ネオンレーベルっつうのもあってなかなかメジャーな世界には進めなかったバンドだけど今の時代になり改めて評価されるようになると全ての面でキライになる要素がないことに気付く。なのでもっと手軽に入手できるようにリリースされるべき作品だよなあと勝手に思っているアルバムでね、今の季節なら尚更ピッタリ♪

Darryl Way's Wolf - Canis Lups 1973

カニス・ループス(紙ジャケット仕様)  70年代英国のロックバンドではバイオリンを主に構えたものも多く、有名どころではもちろんクリムゾン、カーヴド・エアなどだろうか。デヴィッド・クロス、エディ・ジョプスン、そしてダリル・ウェイの三名が著名。もちろんバンドで言えば他にもイースト・オブ・エデンとかエスペラントとかハイ・タイドなんてのが浮かぶけどね。ま、それはおいおい…。今日はバイオリニストのアルバムってことで思い出したダリル・ウェイのソロアルバム、っつうかウルフってバンドのファーストアルバムと言う方が好ましいかな。

 1973年リリースの「カニス・ループス」。ダリル・ウェイのソロ作品一枚目なんだけどあまりにもバンドアンサンブルが上手く出来すぎているのと、この後2枚のアルバム「サテュレーション・ポイント(飽和点)」「Night Music」を発表するってこともあって、やっぱりひとつのバンドで良いかと。そして面白いのはバイオリニストだからと言って前面に出てバイオリンソロを弾きまくるというものでもなく、しっかりとバンド的に、楽曲的にひとつの方向性を出してアルバムを作っているというのもバンドらしいところ。

 そのおかげで圧倒的に注目を浴びてしまうのがジョン・エサーリッジのギター。この人の技量はそれこそ後のソフト・マシーンでわかったけど、ここでのギタープレイも見事なものでさ。要所要所できっちりと美味しいフレーズを持ってきて楽曲を昇華させるという職人芸を披露。いやぁ、美しいの何のって。器用な人なんだなぁ、とね、さすがにホールズワースの跡を継ぐだけのことはある人です。

 そして楽曲全般的には英国のファンタジックさをそのまま出したような作品で、堅苦しくないロックを展開。そこにもちろんバイオリンも絡むので余計にソフトな印象になる。うん、ヒステリックなバイオリンじゃないからね。特にA面はしっかりとファンタジックなバンドの側面を打ち出したもので、ひとつのバンドということを証明している。

 が、面白いのはB面。初っ端からダリル・ウェイのバイオリン協奏曲炸裂!いや〜、こういうのを期待してたワケでさ、面白いのはバイオリンが主役になる曲って必ず変拍子になるしキメも多いので、凄くプログレッシヴらしい曲に聞こえるってのも好きなんだよ。この作品ではバイオリンのヒステリックさ対ジョン・エサーリッジのギターが完全にぶつかり合っていて非常〜にスリリングで面白い。いや、ロックですよ。二人ともロックな世界で出会えてよかったねぇ〜って言いたくなるくらいのもん。B面の二曲はそういう楽しみを味わえるプレイヤー側としては面白い面。最後はプロデューサーのイアン・マクドナルドに捧げた美しい楽曲。この人も神出鬼没な人で、ダリル・ウェイのアルバムでのプロデュースで久々にシーンに出てきたってなもんだ。またしばらく音沙汰なくなるけど(笑)。

 うん、プログレファンに限らずこういう作品は聴いておくと面白いと思う。決して聞きにくくもないし、刺激的だと思うからさ。ま、バイオリンキライな人は別だけどそうそういないでしょ。もうじき紙ジャケでリリースされるみたいだから是非どうぞ♪

Dave Mason - Alone Together (1970)

Alone Together 昔からロックの名盤としてジャケット写真をよく見ていたし、しかも変形ジャケットで結構面白い試みなアルバムってことでも有名で、しかもまぁ、トラフィックのギタリストさんの最初のソロアルバムで、クラプトンが南部の音に向く時には同じく既にそういう方向を向いていたという才人でもあったと知識だけはあったものの、どうしても手が出なかった人の作品がこのデイブ・メイソンの「Alone Together」というアルバムだ。1970年にリリースされているので、そりゃかなり早い時期でのアルバムで、参加メンバーも見事にアメリカ南部の面々とトラフィックの同僚達というまったりした雰囲気の作品だが、果たして如何に…。

 随分と後になって聴いたけどもちろん一回だけしか耳にしていなかったと思う。それも多分途中で止めてるはず。そんな思いしかなくてこんなブログに書くなっつう話なんだろうけどさ、流れ的にしょうがないんだもん(笑)。いや、それだけでもなくてどんな音だったっけな?ってのと確か苦手分野だったような…ってのとあってね、懐かしくも久しぶりに聴くには良い機会なんですよ、ブログネタってのは。そんなことで聴いてみることにしました。ジャケ見てやっぱりダメだこりゃ(笑)って思ったのもまたか、って我ながら思ったが、この顔面のアップってダメでしょ、普通。ジャケってさ、表見て裏見るワケじゃない?裏見て「?」ってなるもんな。ってことでまず最初からヤな気配感(笑)。

 さて、気を取り直して「Alone Together」の音を聴こうじゃないか…と聴き始めるのだが、これまた確かに思い切りアメリカ南部なレイドバックした70年代を象徴するかのような音でしてね、そういう意味ではクラプトンのデラニー時代とタメを張れるくらいのレイドバック感ですよ。レオン・ラッセルやリタ・クーリッジやそれこそデラニー&ボニーやドン・プレストンなどまで…とほとんどクラプトン参加のデラニー&ボニーと変わらない面々なんじゃね?と思いつつもややギターが前に出ている感じで良いギターを聴けます。っつうか音もバンドも雰囲気バリバリで見事にレイドバックした時代を聞けるので英米合作バンドとして見事に機能した作品じゃないかと。

 ただしこの手の音で毎回恒例になってしまったのが自分の生理的嫌悪感。わかってはいたけど受け付けなかったなぁ(笑)。邪魔になる音じゃないけど好みじゃないから割と苦痛だったりする(笑)。ってなことで、最初から手が伸びなかったってのはやっぱり自分としては正解だったんだなという事例のアルバムでした。しかしこの調子だとトラフィック関連はヤバいよな…そもそもそういう狙いのバンドだったんだろうから。

Deaf School - 2nd Honeymoon 1976

2nd Honeymoon  英国でキッチュなモダンポップスの波は脈々と受け継がれていて、どの時代でも何となくそんなバンドってのが存在していたりする。The MoveからELO、Stackridgeや10ccなどが直系の系譜で語られたりすることが多いが、その中の一つに入ってくるDeaf Schoolというバンドも忘れてはいけない。まぁ、そんなに大層なバンドでもないのだが、英国ならではのシニカル度合いやポップス具合、キッチュでヒネた感性をそのまま音楽として表した才能はやはり大英帝国の財産だろう。

 Deaf Schoolも多分英国ロック本か何かでジャケットだけ見ていて、何となく頭に残っていたのだが、レコードがどんどんと値下がりし、既にゴミ捨て処分に近くなってくるとそういう忘れていた財産に出会うこともあって、そういえば聴いてないな、コレ、的に手に入れているので決して期待満々で聴いた訳ではなかった。ただねぇ、特に何の意識もなかったんだけど、それまでこの「2nd Honeymoon」というアルバムのジャケットはヒプノシスだろう、と思って疑ってなかったんだよね。調べてもいなかったし何か書かれている本を見たんでもないから、勝手な自分の認識だけでヒプノシスと思ってたんだけどさ、コレ、ヒプノシスじゃなかったんだよ。それが最初にびっくりした。凄くヒプノシス的センスの強いジャケットに見えない?いやぁ~、なかなか鋭いセンスを持ったジャケットですよ。これはこれで好きだね。

 そして「2nd Honeymoon」の中味はもう明るくヒネたポップがこれでもか、ってくらいに展開されているので楽しめる。リバプール出身のバンドってことでビートルズの再来とか色々と言われたようだけど、もっとヒネてて世の中ナメてる節が大きいから、どっちかっつうとキンクスに近い感覚だろうよ、これは。凄いセンスの良さが出てきていて面白いし、メンバーの数が9人ってのもあってか色々な声や音が聞こえてくるのも賑やかで楽しめる。楽曲センスとしても軽快でサラリと聴かせる曲が多くてこの頃のロックが好きな人は全然大丈夫なんじゃない?もちろんB級ではなくってハイセンスなバンドです。あまり知られていない…と言うか、歴史的に残るほどのバンドではない扱いになっているからだけど、面白いセンスのバンドだよね。

 しかしアルバムタイトルからして「2nd Honeymoon」でしょ?まぁ、ヒネくれ者の作品ってのはすぐわかるでしょ。驚くのはこんだけ完成度の高い作品がデビューアルバムってことだ。もっともこの後色々と活躍することになるクライブ・ランガーが在籍していたんだけどね。80sポップ系では割と知られている存在かもしれない。そしてYouTubeを探していたら何とまぁ、近年再結成して活動しているんですかね、これ。驚いた…。

Deaf School Deaf School

Deamon - The Entrance To Hell 1970-71

Entrance to Hell ジェフ・ベックと組んでいたコージー・パウエルですら自分のバンドで活動しようと思った時には先日のBedlamのようなサウンドが自然に出てきてしまうワケで、如何に英国のロック好きの連中が自然にロックを奏でるとこうなるか、というのが多分指向性はあるが、英国ハードロックの姿なんだろうと思う。自然にああなる、っていうのがね。それを好んで受け入れる人達が多いってのは感性の話だから不思議なんだけど(笑)…。さて、そんなことでまたしてもちょっとハードロックに目覚めてみました…。

 かなりニッチかもしれないんだが、Deamonっつうバンドの「Entrance to Hell」という作品集。もっとも1970年から71年頃に存在したバンドの後発掘作品なので当時はリリースされていないものだ。何かと言うと、あちこちで書かれていて自分も知らなかったんだけど、Quatermassが解散してメンバー分裂の末にHard Stuffというバンドが結成されたという流れの中で、実はその隙間がありました、というのが本バンドのこの作品「Entrance to Hell」なのでした。最初はDeamonっつうバンド=アル・ショウというボーカリストが参加していたHard Stuffなワケだ。だから楽曲が結構ダブるんだけど、相当洗練されたハードロックで面白い音が収録されてます。

 やっぱりギターとベースとドラムと歌によるハードロックは快活でよろしい♪ いささか凝ったリフをアチコチに持ってきてリスナーの耳を惹き付けたりさ、メロディにしてもこれぞ英国、と言わんばかりの覚えにくい旋律だったり(笑)、アレンジにしても今できることはほとんどやってます、みたいに詰め込んでいるのも心地良くてね…。当時未発表というのが勿体ないくらいの作品のレベルの高さはそのままHard Stuffで使用される楽曲群で聴ける。個人的には何故かこちらのDeamonの方が生々しいハードロックで好みかな。Hard Stuffはちょっと落ち着いてしまったというのか…、いや、Deamonの方が荒削りに聞こえるから良いのだと思う。

 「Entrance to Hell」はジャケットだけがちょっといい加減的な仕事で残念だけど、音はとんでもなく迫力あってクリアーで、あの頃のハードロック好きには無茶苦茶面白いアルバム。

Deep Feeling - Deep Feeling 1971

ディープ・フィーリング ハードロックバンドだとばかり思っていたのがその実多彩なアプローチを試みるバンドだったり、またその逆もあったりする70年代のロックだが、それと言うのも一つのバンドがひとつのカテゴリに属する音をやっていることはあまりなく、皆が皆多様なアプローチを試みているものだ。しかし、それでも傾向というのは出てくるので、それによってカテゴライズされることが多いんだな。でも、やっぱり自分の印象と異なるカテゴライズってのはあるワケで…。

 1971年にDJMというポップなカラーを放つレーベルからリリースされたDeep Feelingというバンドの唯一のアルバム「ディープ・フィーリング」。その他にシングルが何枚かリリースされていたらしく、そちらは今のところ未入手。ボーナストラック付きCDとかリリースされているならば手に入るのかもしれないけど、よくわからん。少なくともアマゾンにありそうなのにはそういうCDはなかったみたいだけど。

 そもそもこれも入手するのに相当手間取って、アナログでは絶対に見つからなかったし、CD時代になってからも日本で一回出たくらいなのかな?そこからは知らないけど、あんまり再発されていないんじゃないかな。まぁ、そんなに人気があるものじゃないだろうし、知られているワケでもないだろうから普通の扱いなんだけど、昔何かの本でこれを見かけてから気になっててさ。その時の印象がハードロックだったんで、今でもそういう印象が残ってるんだけど、聴いてみるとかなり異なるのも面白い。

 どんなんか、ってぇと…、いや、美しいコーラスワークに於けるポップなメロディラインとオルガンやベースラインがメロディアスに引き立つ洗練されたロックで、ハードじゃなくてソフトに優しく聴かせてくれる音と品の良いサウンドが売りでしょ。楽曲自体もしつこくなくかなりレベルの高いアプローチですんなり聴かせてくれるし、アコギの音色やオルガンや鍵盤類の自然な音も美しい。空間音ですら洗練されている感じがするものだ。決してハードロックではないけど、ジャケットの印象をそのまま引きずったイメージがハードロックなのかね。その「ギロチン」っつう曲は9分にも及ぶ代物で、その恐怖と状況をしっかりと描いているホラーソング(笑)。

 ちょろっと調べなおしてみると、Deep Feelingというバンドはバンドと言うよりはセッションマンによるひとつのプロジェクトだったらしく、それにしては質が良く出来上がっているのでアルバムまでリリースしたというものらしい。全くリスナーを困らせるというか覆面アイドルみたいなモンだけど、それでもこの「ディープ・フィーリング」みたいな良質な作品が創られて残されていることは大したモノだ。

Delivery - Fools Meeting 1970

Fools Meeting カンタベリーの重鎮となった面々…、Phil Miller、Steve Miller、Pip Pyle、Lol Coxhill、Richard Sinclairなどなどですら最初にシーンに出てきた時にはやっぱり初々しい(笑)。最初からカンタベリーのあの世界観をわかっていてやってたワケじゃないだろうから余計にそうなんだけど、この時期であれば既にソフツは割とジャズ〜な世界だし、キャラバンは独自の進化を遂げている頃か…、それでも1970年という時代はまだまだ早熟な時代だったのだ。だから故に全く何でもありの音楽が全て脚光を一瞬だけでも浴びて世に出てこれたし、逆に言えばこの時代じゃなければ世に出てこれなかった人は多かったのではないかと。

 1970年にリリースされたDeliveryというバンドのアルバム「Fools Meeting」ですが…、上記面々がバックを務めていて、歌はちょっと前にこのブログでも登場した後にUncle Dogというバンドでも歌を歌うこととなる英国のジャニス・ジョプリンと呼ばれたキャロル・グライムズなのですな。なのでカンタベリーシーンとポール・コゾフが繋がってしまって…そうするともう何でも繋がっていくという英国ロックファミリートゥリーの世界(笑)。いやいや…、それはともかくですね、このDeliveryというバンドは面白いです。カンタベリーの独特の雰囲気があそこまで打ち出される以前のジャズチックな淡々とクールな演奏にキャロル・グライムズの熱いブルースな歌が被ってくるので、圧倒的にキャロル・グライムズの歌にバックが引き込まれている。だからDeliveryというバンドをカンタベリーのルーツから紹介された時にはかなり異質なバンドとして映る。フィル・ミラーもリチャード・シンクレアもピプ・パイルもいるのに、だ。両方の世界を知った上でこのDeliveryと言うバンドを聴くと非常〜に面白い。それはもちろん間奏などになるとちょっとピプ・パイルのギターがロック寄り過ぎるキライはあるけど、後のカンタベリーサウンドと呼ばれる音の未熟な姿が聴けるから。そこをキャロル・グライムズは独自の感性で歌を入れているからね。

 ロックの世界で融合というのは当たり前のように行われているけど、分離という姿はあまり多くないので、Deliveryのサウンドについて言えば分離という姿を実現したバンドかもしれない。キャロル・グライムズはブルースからスワンプの世界へと歌声を自慢に歩んでいったし、バックはそのままカンタベリーサウンドへ邁進。ブルースとカンタベリーが同居した唯一のアルバムがこの「Fools Meeting」なのかもしれないね。そしてそれは明暗くっきりと聴いている側にも分かってしまうくらいのアンバランスさだった(笑)。いや、だからこそ面白かったんだと思う。他にないサウンドだし。そんなユニークな試みは知ってて行われたのか、偶然の産物か…、いずれにしてもどちらの個性も殺すことなく見事に同居していた軌跡のアルバム「Fools Meeting」です。

The Deviants - #3 1969

サード(紙ジャケット仕様)(THE DEVIANTS 3RD)(PAPER SLEEVE) もう一人の奇人変人と呼ばれる、というかやっぱり奇人変人だと思うんだけど、ミック・ファーレンという人が英国のアングラシーンには存在していて、この人の変わり者ぶりも割とクローズアップされることも多いね。当然ながらノッティングヒルゲイトの住人でボスとも呼ばれる人なので、歴史は古いっす。んなところでピンク・フェアリーズ繋がりでデヴィアンツを登場させよう〜。有名なのはファーストの「プトゥーフ!」かな。最もサイケでワケのわからない世界を紡ぎ出しているアルバムなんだけど、今回はもっとジャケットだけでインパクトを放つ三枚目のアルバム「サード」で。

 1969年リリースでバンドの特色でもあったワケの分からないサイケデリックな世界はさすがに時代と共に薄れていっているので聴きやすい一枚のはず。しかも最初に入っている「Billy The Monster」なんて、最高のポップスで驚くくらいの楽曲なのだ。まぁ、ガレージ色の強いバンドではあるんだけど所々で正に宇宙からの音とも聞こえる世界=サイケデリック効果音が聴けたりするのでやはりデヴィアンツだなぁと微笑ましくなる。ギターの音とかも凄く安っぽいし、ドラムなんてポンポン言ってるし、アレンジもちゃちいし、とにかく全編がふざけてる「BLACK GEORGE DOES IT WITH HIS TONGUE」とかさ、口で楽器を歌っているという冗談みたいな曲(?)で、正にタイトル通りなんだけど笑えるよ、これ(笑)。

 まぁ、なんだ、何でもありの60年末期にリリースされただけのことはあってやれることは何でもやってるってトコだ。そしてジャケットもまたふざけていて、ケバくメイクした尼さんがアイスキャンディーを舐めているというもので、このダブルジャケットを開くと足下で子供が同じアイスキャンディーを持ってしゃがんでいるというものだ。そして中ジャケは風格を醸し出したバンドメンバーがガレージ前で演奏している写真をコラージュしたものが載ってて、なかなかハクがあってよろしい。そんなバンドの音は実に多岐に渡った世界です。

 この中の二人がピンク・フェアリーズを結成し、その中の一人、ラリー・ウォリスはモーターヘッドへとコマを進めていくし、ボスのミック・ファーレンはソロ活動へと進み英国アングラの重鎮となっていくのだった。

Dick Heckstall-Smith - A Story Ended 1972

A Story Ended  更に英国ロックの重鎮達は発展する…、コロシアムのメンバーでもあり独特の笛吹奏者として名高いディック・ヘクストール・スミスもジャズメンらしく自身をリーダーに据えた作品を1972年にリリース。こういう風にソロを出すあたりは正にジャズの世界に習って、というところだろう。そして集まるメンツはもちろん勝手知ったる仲間になり、それは英国一流のミュージシャンになるワケだ。

 ディック・ヘクストール・スミスの1972年リリースの初ソロアルバム「A Story Ended」。昔はもう全然手に入らなくて見ることすらなかったアルバムでさ。90年代にCDでリリースされたのかな?SeeForMilesかどっかだった気がするけど、その時にも結局入手し損ねていたのでその後の再発まで聴けなかった。それが今じゃ普通に買えるんだからなぁ…良いよねぇ。その分興味が沸くとどんどん買い続けないといけないという出費の危険性も高いのだろうが(笑)。

 さて、そんな経歴の管楽器奏者の作品だからもちろんコロシアムと同じような作品とメンツになるワケだ。そしてこれまで実現したくてもなかなかできなかったポール・ウィリアムスというJucy Lucyのボーカリストもここに来てようやく参加したという、ある意味では次なるコロシアムの試作品でもあったのだろうか。ギターにはクリス・スペディングを呼んでるし、鍵盤ではグラハム・ボンドを招いている。そういう面々でコロシアムの再編ってのもあったのかなぁ…。

 それはともかく、もしかしたらコロシアムの音楽性の最終完成形なんじゃないかと思うくらいに素晴らしいアルバムの出来映え。ジャズロック?いやぁ〜、ブルースロック?いやぁ〜、R&Bロック?いやぁ〜、どっからどう聴いても大英帝国ロックです。全て詰め込まれていて、もちろん歌メロのポップさも含めて、レッド・ツェッペリンにも負けないアグレッシッブで熱いプレイとテクニック。こんなに凄いアルバムが長い間聴けなかったなんて残酷すぎる!

 60年代から70年代初頭のロック好きな人だったら間違いなく熱くなる作品だし、こんなのに最初に出会っていればもっと派生バンドへの取り組み具合も変わってきただろうに。今からでも遅くないです。さっさとこの「A Story Ended」に取り組みましょう。ロックの奥深さと初期衝動とこれでこそロックだ、というのがわかることでしょう。何と言っても英国重鎮達による一大セッションですから。

 「A Story Ended」…ジョン・ハイズマンのドラミングの捌き方…、クリス・ファーロウvsポール・ウィリアムスの図式、グリーンスレイドvsグラハム・ボンドなどなど一曲づつメンバーを見ながらワクワクできるアルバムって面白いよ。そしてこの人って他のバンドの時ってどうなんだろ?って思いを馳せて次のバンドを探しまくるのです…、これぞ英国ロックの奥深さ♪

Dr. Strangely Strange - Heavy Petting (1970)

Heavy Petting テリー・ウッズってさぁ…とか記憶に薄いもんだからSteeleye SpanでThe Woods Bandで奥さんのGayと云々などと思い出しながら何かあったよなぁ〜と。The Poguesへの参加は意外だったんだけど、確か英国70年代漁ってる時に何かで出てきたよなぁ…とか記憶の片隅をどんどんと突っついているワケさ。もちろんネットで調べることになるんだが、音を聞きながらそんなこと考えてて、見つけた。  そしたらちょいと脳天気なDr. Strangely Strangeというバンドが出てきた。んで、ふと見るとGary Mooreの名前があるんだよな。まだ二十歳前のギャリー・ムーアによるエレキギタープレイが聴けるんです。ま、それが主役じゃないけどアイルランドの懐の深さっつうか狭さっつうか根っ子が一緒なんだよね、全部。だからもちろん作品聴いてても違和感ない。あ、1970年の変形ジャケットでロジャー・ディーンのアートワークにてヴァーティゴからの作品…、ど真ん中ですね、その筋の好きものには♪ 「Heavy Petting

 これがさ、ギャリー・ムーアのギターが結構聴けるんだけど、もちろん自身の音を確立する前だから器用にセッションをこなしているワケよ。それでいて楽曲とかバンドにしっかりと馴染んだブルージーなプレイをしていてあのマイルドで太いトーンをしっかりと出してたりするのが見事。アルバムにはテリー・ウッズは参加していなくてツアーのみだったようなのでこの出会いはまた偶然なんだけど、どこかでそんなことを聞いてたんだろうか?まぁ、いいや、話題は別の方向に走ってしまったが、思いもよらない70年代バンドへ進んでしまった。

 「Heavy Petting」というアルバムの音は…、牧歌的なもので、ケルト色が強いワケでもなくもっとのほほ〜んとした感じでトゲはない。ラリってお気楽に〜みたいな感じなので特に害はないし、だから故に売れることもないワケだが(笑)、このメロディの美しさとか浮遊感は相当に英国的でアイルランド的というイメージではない。マンドリンとか入ってくるとそうか、とも思うけど全体観はそんな感じで、リコーダーとかも入ってくるからさ美しいのもある。全くヘンな集団だけど、愛らしい名盤とも言えるなぁ…。正に今の季節に聴くべき音楽ですね♪

Dr.Z - Three Parts to My Soul 1971

スリー・パート・トゥ・マイ・ソウル 英国B級ロック路線としてこれまでコレクションしてきたし聴いたりしてきたんだけど、ここのトコロ自分で書いてまとめてたりするのを振り返ってみると、B級のみならずC級に属すべきものも多くて、この辺って一括りにしてはいけない世界なのだな、と気付いた(笑)。B級ってのとC級ってのが明らかに違うからさ。んで、C級が続いていたので、ちょっとさすがにうんざりしてきたのでB級に戻りたい…ってなことで、B級ではあるけどまだまだ知られた存在であるだろう、コレ。

 1971年にぐるぐるマークのヴァーティゴレーベルからリリースされたDr.Zの唯一の作品「スリー・パート・トゥ・マイ・ソウル」で、レーベルナンバーは6360 048です。うん、書いておくと何かと便利かと思いまして…(笑)。やっぱりね、ヴァーティゴから出てくるのはまだまだB級レベルをキープしてますよ。だから聴いていて面白いトコロやえげつないトコロや何かしらのインパクトはあるもん。そして音が洗練されているってのもそれなりにメジャーな証拠。結構チープな録音ってのは少ないんじゃないか?その辺がしっかりと売ろうとしたけどなかなか芽が出なかったが故にコレクターズレーベルになってしまったのと、単なるC級との差。その成果のひとつが有名な観音開きジャケットによる三面開きのアイディア。アルバム「スリー・パート・トゥ・マイ・ソウル」の中身も三部構成によるものだからこの観音開きによるインパクトはバンド側には好都合。そして後世のマニア達には非常に悩まされるアイテムとして存在することとなったのだ…。

 そしてこのDr.Zなるトリオ編成のバンドだが、よくわからん。鍵盤主体の〜とか黒魔術的な〜というような記述はよく見かけるんだけど、もちろんジャケットとコンセプトっつうのがあるから悪魔的なものをイメージするし、音の中身もどこか呪術的なものを持ち込んだりしているのはあるのだろうが、基本的には良質な英国オルガンロックが中心となったコンセプトアルバムで、正に時代を反映した作品ではないかと。どの楽器も歌も巧いとは言えないんだけど何かしてやろうという心意気と時代の雰囲気で出てきた音の塊。その意欲がしっかりと反映されてかなり面白い音世界が創られてるしさ。どこかジェスロ・タル的な部分があるかなぁ…。ごちゃごちゃっとした部分だろうけど。

 以外とジャケットで見られる悪魔主義的な音ってのは聴かれないけど、もしかしたら精神面での主張かもしれないので、その方がよほど怖いけど(笑)、そういうコンセプトも持ったバンドってことで聴いてみると面白い。ただ、もちろん何度も聴くというバンドの音ではないな(笑)。

Druid - Toward The Sun 1975

Toward The Sun / Fluid Druid  70年代の英国にはB級ロックというものが多数存在している。何が売れるかわからなかった70年代のロック産業というのもあって、多数のレコード会社が何でもかんでもとにかくレコードを出させて様子を見るという試みが中心だったがもちろん中には意欲的にマイナーなバンドを世に出していったレーベルもある。そんなわけで70年代初期には実に興味深いバンドのレコードが多々残されていてマニアを楽しませてくれるワケだが、中には単なるフォロワーじゃねぇかっつうバンドもあって、それはそれでまた面白いものなのだ。

Druid - Toward The Sun

 一般的にイエス的なバンド…っつうかイエスそのままのB級ってことで語られることが多いんだよな。まぁ、否定はしないけどそう言われると聴きたくなくなるので、前評なしに買って聴いていたことはよかった。歌がジョン・アンダーソンに似た性質の声で迫ってくるのでイエス的と言われるし、曲の構成やコーラスの作り方なんてのももちろんイエスを意識したものになっているのか、本人達の才能なのかわからないけど、1970年結成、1975年にようやくアルバムリリースに至ったバンドっつうことを考えてみるとやっぱイエス的なサウンドで二番煎じのポジション確保のために出されてきたっつうトコかな。それとも元々こういう音楽やってたけどイエスが同じようなことやってたおかげで5年間メジャーになれなかったとか(笑)。まぁ、やったもん勝ちだからその辺はわからんが…。

 いや、でもね、音的には悪くないのだ。B級だし、妙に凝りまくってるところもなかなかよく出来ていて、それなりにシンフォニックに起承転結があるので、美しいしね。メロトロンのおかげっつうのも大きいんだけど、ギターがさ、もちろん普通レベルなんだが、線が細くて一生懸命メロディを紡ぎ上げている音でさ、妙に耳に引っ掛かるんだよ。もうちょっと激しさがあったら面白かったんだけど、アルバムとしては実によく作り込まれているので別に毎日聴きたいアルバムにはならないけど、たまにプログレッシブな気分の時に取り出して聴いてみる分には快適な作品。

 ジャケットが好きなんだよね。なんか大英博物館に飾ってある絵をモチーフにしているらしいんだけど、色合いとかわけのわからない象徴っていうのが雰囲気出てて良い。アナログ時代には全く見かけることがなくって、初めてCD化された時にとっとと買った作品だな。セカンドアルバムも出ているらしいが聴いたことない。まぁ、そうやっていなくなってしまったバンドのひとつだが、だからこそ面白さがある♪