Dando Shaft - Dando Shaft 1971

Dando Shaft  聴けば聴く程に味が深まっていくのが英国トラッドフォークの世界。もちろん底なし沼の世界なので表面をなぞるだけでも十分に楽しめるものなんだけど、やっぱりせっかくなら色々と遊んでみたい。このDando Shaftと言うバンドはもちろん英国トラッドフォークを代表するバンドなのだが、自分はこのバンドをプログレ側から知ったものだ。それは何よりもネオンレーベルからキーフのジャケットデザインっていうことでイメージを持ってしまったのだ。薄日の当たる回転木馬というジャケットは正にキーフらしいデザインの素晴らしいアルバム。聴いてみてもその印象は全く変わらず素晴らしい音世界が繰り広げられている。

 1971年にリリースされた、バンドとしては二枚目の作品にしてセルフタイトル「Dando Shaft」を冠した自信の作品。この作品からポリー・ボルトンという女性ボーカルをクローズアップしており、それがまた素晴らしい味付けに貢献しているのだ。バンドはもう一枚リリースしてほぼ壊滅状態になってしまうんだけど、それでもこのセカンドアルバムは燦然と輝く英国フォークの傑作でしょう。

 うん、簡単に言えばツェッペリンのサードの世界を拡大したもの。もちろんもう少し独自性は出ているんだけど、ツエッペリンが如何にトラッドを吸収して出しているかというのもわかるし、ダンド・シャフトというバンドはやはりロックよりの理解もあったということも世界観で伝わる。だからフェアポートとかスティーライとかと同列レベルで語られても全くおかしくないレベルのバンドだと思うんだよね。「Magnetic Beggar」っつう曲なんて正にZepだもん。かと思えば他の曲ではしっかりとトラディショナルな音世界。ギターとかマンドリンとかが凄く良いんだよね。そしてコーラスもしっかりしてるしもちろんポリーの歌声と来たらサンディ・デニーに通じるものもある素晴らしい声の持ち主なのだ。

 ネオンレーベルっつうのもあってなかなかメジャーな世界には進めなかったバンドだけど今の時代になり改めて評価されるようになると全ての面でキライになる要素がないことに気付く。なのでもっと手軽に入手できるようにリリースされるべき作品だよなあと勝手に思っているアルバムでね、今の季節なら尚更ピッタリ♪

Dark - Round the Edges 1972

Dark Round the Edges ロックが死のうがどうしようが好きで聞いてるんだから別にいいさ。今リリースされている音源だけだって全部聞いてられないだろうし、気に入ったら何度も聴くんだからどうしたって時間足りないし。ただ、新作とか発掘盤が出てこないのはつまんないからやっぱ何かしらあってほしいよね。CD売れなくなって久しいけど、今どうやって皆生きてるんだろ?DLする人が多いとも思えないからやっぱりドサ回りによるライブで稼ぐしかないとかなのかな。バンドらしいバンドに出会いたいね。一方では古いロックの発掘モノもかなり進んでて、今じゃまったく日の目を浴びなかったモノまで発掘してリリースする始末。それでもそこそこ出るんだろうから不思議なものだ。

 1972年に自主制作アルバムとしてDarkというバンドがリリースした「Round the Edges」というアルバム、最近某社からCDで何とボーナストラックまで付いて発掘リリースされたという作品。それでもアチコチからスゲェぞってな話題を教えてもらったのでそれなりに話題性はあったり、伝説のレコードだったりしたのだろうか。聞けば自主制作500枚しか存在してなかったらしいアルバムだとか。大抵そういうのは名ばかりが通ってって音を聴くと所詮自主制作…ってなのが常だったのだが、このDarkは凄かった。ちょっと驚くばかりのヘヴィロックで楽曲も歌も録音も十分にこの時代のメジャーで出せたんじゃないか、っつうくらいの音だ。ちょいとドタバタ感はあるけど正に珠玉の英国B級郡のバンド類に属する見事なロック。ファズな音にライン弾きまくりのベース、ドタバタなベースが中心で、歌は割と少なめかも。

 この手の音は問答無用で聞くし、好むし文句の一つも出ない自分の狭量な趣味ではあるが、やっぱりいいね。ギターの音とかはどうにもイマイチだけどやろうとしている、やりたがっている音とか方向みたいなのがなんとなく見えるし、そこにバンドのテクニック面がどこまでついて行けるかとかあるけど、やりたい事は出来てるみたいだし、きちんとロックしているしね。ダサさ加減がよろしい♪

Darryl Way's Wolf - Canis Lups 1973

カニス・ループス(紙ジャケット仕様)  70年代英国のロックバンドではバイオリンを主に構えたものも多く、有名どころではもちろんクリムゾン、カーヴド・エアなどだろうか。デヴィッド・クロス、エディ・ジョプスン、そしてダリル・ウェイの三名が著名。もちろんバンドで言えば他にもイースト・オブ・エデンとかエスペラントとかハイ・タイドなんてのが浮かぶけどね。ま、それはおいおい…。今日はバイオリニストのアルバムってことで思い出したダリル・ウェイのソロアルバム、っつうかウルフってバンドのファーストアルバムと言う方が好ましいかな。

 1973年リリースの「カニス・ループス」。ダリル・ウェイのソロ作品一枚目なんだけどあまりにもバンドアンサンブルが上手く出来すぎているのと、この後2枚のアルバム「サテュレーション・ポイント(飽和点)」「Night Music」を発表するってこともあって、やっぱりひとつのバンドで良いかと。そして面白いのはバイオリニストだからと言って前面に出てバイオリンソロを弾きまくるというものでもなく、しっかりとバンド的に、楽曲的にひとつの方向性を出してアルバムを作っているというのもバンドらしいところ。

 そのおかげで圧倒的に注目を浴びてしまうのがジョン・エサーリッジのギター。この人の技量はそれこそ後のソフト・マシーンでわかったけど、ここでのギタープレイも見事なものでさ。要所要所できっちりと美味しいフレーズを持ってきて楽曲を昇華させるという職人芸を披露。いやぁ、美しいの何のって。器用な人なんだなぁ、とね、さすがにホールズワースの跡を継ぐだけのことはある人です。

 そして楽曲全般的には英国のファンタジックさをそのまま出したような作品で、堅苦しくないロックを展開。そこにもちろんバイオリンも絡むので余計にソフトな印象になる。うん、ヒステリックなバイオリンじゃないからね。特にA面はしっかりとファンタジックなバンドの側面を打ち出したもので、ひとつのバンドということを証明している。

 が、面白いのはB面。初っ端からダリル・ウェイのバイオリン協奏曲炸裂!いや〜、こういうのを期待してたワケでさ、面白いのはバイオリンが主役になる曲って必ず変拍子になるしキメも多いので、凄くプログレッシヴらしい曲に聞こえるってのも好きなんだよ。この作品ではバイオリンのヒステリックさ対ジョン・エサーリッジのギターが完全にぶつかり合っていて非常〜にスリリングで面白い。いや、ロックですよ。二人ともロックな世界で出会えてよかったねぇ〜って言いたくなるくらいのもん。B面の二曲はそういう楽しみを味わえるプレイヤー側としては面白い面。最後はプロデューサーのイアン・マクドナルドに捧げた美しい楽曲。この人も神出鬼没な人で、ダリル・ウェイのアルバムでのプロデュースで久々にシーンに出てきたってなもんだ。またしばらく音沙汰なくなるけど(笑)。

 うん、プログレファンに限らずこういう作品は聴いておくと面白いと思う。決して聞きにくくもないし、刺激的だと思うからさ。ま、バイオリンキライな人は別だけどそうそういないでしょ。もうじき紙ジャケでリリースされるみたいだから是非どうぞ♪

Dave Greenslade - Pentateuch of the Cosmogony 1979

Pentateuch  グリーンスレイドが出たついでに1979年にリリースされたデイヴ・グリーンスレイドの初ソロ作品の方も書いてみよう~。厳密に言えばソロ作品ではなくって英国の画家パトリック・ウッドローフ氏との共作によるコンセプトアルバムで、実際にアナログでリリースされた際には画集+レコードという形を取っていた。CD時代になってからはBGOレーベルが1994年頃に紙ジャケみたいな感じで同じコンセプトを再現してリリースしていたもので、なかなかゴージャスな仕上がりになっていたんじゃなかったっけ?

 今でも英国産のCDでは同じような形態でリリースされたものが残っているみたいで、こういうアーティスティックな試みを実験していた時代の産物がそのまま残されるというのは面白いものだ。さて、グリーンスレイド時代には自身の名をバンド名にした自信溢れるものだったし、当然その前のコラシアム時代にも自身の名をバンバンと売っていたワケだからさぞや面白そうなソロアルバムではないかとかなり期待することになった。しかもジャケットがこれまた期待させるアートワークだったのでアナログレコードを見つけた時にはもう舞い上がってしまったくらいだったが…、もちろん高かったので買えなかったんだけどさ。その後CDで出た時に感動して入手。しかしその後何度も聴かないアルバム入りになってしまったのだった…。いやぁ、あれだけアナログ鍵盤を使い倒して正にプログレっていう音を聴かせてくれていた人なのに、このアルバム「Pentateuch of the Cosmogony」ではどこか環境音楽というかシンセサイザーの実験音楽というか、富田勲さん的というか、もちろん音楽的バックボーンがあるからこそそうなるんだろうけど、ロックファンとしては全然面白くなくて結局ジャケットのためだけにあるみたいな感じでさ。惜しいなぁ。

 話題的には幾つかの曲にジェネシスのフィル・コリンズが参加しているということらしいが、だからどうだ?ってなもんで、全くそそらないのだ。酷評になってしまったが、それを聴き直してみたワケだな。う~ん、もちろん聴けば聴けるし、壮大でフムフムってなモンだけど、やっぱり好んで何度も聴くものでもないかなぁ。軽快なBGM的には良いかもしれないけど…。

 この後にもグリーンスレイド氏は今度はテリー・プラチェット氏とのコラボレーションアルバム「Terry Pratchett's From the Discworld」をリリースしているね。こっちはまだ聴いてないから知らないけど似たようなものなのだろうか?1990年にはようやく本当の意味でのソロアルバム「Going South」をリリースしているみたい。

Dave Greenslade - Cactus Choir 1976

Cactus Choir  デイブ・グリーンスレイドの1976年のセカンドソロアルバムになるのかな、「Cactus Choir」という作品。昔全然手に入らなくてさ、いや、それは最近まで…最近ってもアレだけど全然手に入らなくて幻でしたよ、コレ、ホントに。CDで再発されてからようやく聴けた幻の逸品だもん。アナログのデカいジャケットで見れたら良かったんだけど、とても素敵なロジャー・ディーンの壮大なるアートワークに包まれた名盤に相応しい作品でね、元々ポップ的エッセンスの強い鍵盤奏者ではあったし、バンドのグリーンスレイドの時もそのキャッチーなセンスがバンドの牽引力でもあったワケで、ほとんどソロ作品に近かったんじゃないかと思ってたけどこうしてバンド解散後のソロアルバムを聴くと、まだまだやりたかったことってあったんだな〜なんて思う。

 参加メンバーにはドラムにサイモン・フィリップス…まだまだ若い頃だけど確かなリズムとドラミングでクセの無い絶妙なドラミングを聴かせてくれているし、ベースのトニー・リーブスはもう絶妙な間合いでのベースを入れてくるしね…、そこにスティーブ・グールドってRare Birdの歌い手さんを持ってきてやっちゃう辺りがグリーンスレイドってスゴいな〜って思わせる。ソロアルバムなんだけどさ、鍵盤奏者だからもう一大絵巻になってるワケ。壮大なるスケールでシンセにオルガンにオーケストラなどなどどんどんと出し切っててやっぱり音楽家なんだろうなぁ、見事な高揚感を味わえる傑作。プログレとかロックとかそういう次元を超えた作品として仕上がっている音楽集というに相応しいアルバム。ガツンなロックは聴けないけどピロピロなプログレでもなく高尚なサウンドとも言える作品ですな。

Dave Mason - Alone Together (1970)

Alone Together 昔からロックの名盤としてジャケット写真をよく見ていたし、しかも変形ジャケットで結構面白い試みなアルバムってことでも有名で、しかもまぁ、トラフィックのギタリストさんの最初のソロアルバムで、クラプトンが南部の音に向く時には同じく既にそういう方向を向いていたという才人でもあったと知識だけはあったものの、どうしても手が出なかった人の作品がこのデイブ・メイソンの「Alone Together」というアルバムだ。1970年にリリースされているので、そりゃかなり早い時期でのアルバムで、参加メンバーも見事にアメリカ南部の面々とトラフィックの同僚達というまったりした雰囲気の作品だが、果たして如何に…。

 随分と後になって聴いたけどもちろん一回だけしか耳にしていなかったと思う。それも多分途中で止めてるはず。そんな思いしかなくてこんなブログに書くなっつう話なんだろうけどさ、流れ的にしょうがないんだもん(笑)。いや、それだけでもなくてどんな音だったっけな?ってのと確か苦手分野だったような…ってのとあってね、懐かしくも久しぶりに聴くには良い機会なんですよ、ブログネタってのは。そんなことで聴いてみることにしました。ジャケ見てやっぱりダメだこりゃ(笑)って思ったのもまたか、って我ながら思ったが、この顔面のアップってダメでしょ、普通。ジャケってさ、表見て裏見るワケじゃない?裏見て「?」ってなるもんな。ってことでまず最初からヤな気配感(笑)。

 さて、気を取り直して「Alone Together」の音を聴こうじゃないか…と聴き始めるのだが、これまた確かに思い切りアメリカ南部なレイドバックした70年代を象徴するかのような音でしてね、そういう意味ではクラプトンのデラニー時代とタメを張れるくらいのレイドバック感ですよ。レオン・ラッセルやリタ・クーリッジやそれこそデラニー&ボニーやドン・プレストンなどまで…とほとんどクラプトン参加のデラニー&ボニーと変わらない面々なんじゃね?と思いつつもややギターが前に出ている感じで良いギターを聴けます。っつうか音もバンドも雰囲気バリバリで見事にレイドバックした時代を聞けるので英米合作バンドとして見事に機能した作品じゃないかと。

 ただしこの手の音で毎回恒例になってしまったのが自分の生理的嫌悪感。わかってはいたけど受け付けなかったなぁ(笑)。邪魔になる音じゃないけど好みじゃないから割と苦痛だったりする(笑)。ってなことで、最初から手が伸びなかったってのはやっぱり自分としては正解だったんだなという事例のアルバムでした。しかしこの調子だとトラフィック関連はヤバいよな…そもそもそういう狙いのバンドだったんだろうから。

David Byron - Take No Prisoners (1975)

Take No Prisoners  訃報が相次ぐここ最近ではあるがそりゃもう60年代のミュージシャンなんて70歳前後だから色々とあるだろうな…。生きてる方が不思議だったって人もいるし、そこで久しぶりに名前を聞いた人もいればまだ生きてたのか、って思う人もいたり(笑)。どっちにしても自分的には知ってる人じゃないから感慨深く悲しむってことはないんだが、そっか、とは思う。んで、今回はだ、前節とはまるで無関係でして、Cottonwoodhillさんとこで取り上げられてて、お〜、あったな〜、これ…とか思って引っ張り出してきたアルバムです。

 1975年にリリースされたUriah Heep在籍時代のデヴィッド・バイロンのソロ作品「Take No Prisoners」です。昔レコード買って聞いて何とも思わずそのまま放り出してたものでして、ジャケットの印象だけで記憶してたというアルバム。そもそもデヴィッド・バイロンのソロ作品なんてイメージなかったもんな。70年代のバンドのミュージシャンのソロアルバムって大抵つまらなくてね(笑)、ほとんどハズレ。コレも同じくなんだが…、それでも聴いてみると印象が違うものだ。もっとも、それだけ色々と聴いてきたからってのは大きいのだが。

 冒頭のメロトロンの洪水が強烈な如何にも、っていう作品が一番ハマってて、だからこそ冒頭曲なんだろうが、なんとメロトロンはジョン・ウェットンが弾いているというのも貴重では?プログレ的エッセンスのあるデヴィッド・バイロンの曲で、2曲目以降のつまらなさからしたら一番の聴きどころ。Uriah Heepってバンドがあったからあの音は出さなくて当たり前なんだが、かと言ってどうにも面白みのないポップ調の曲ばかりで、アメリカンエンターティンメントでもやりたかったんだろうか?英国人が憧れる情景を調子に乗ってやってみましたって感じもするが、音楽として聴いてはいけないのかも。デヴィッド・バイロンというキャラクターを理解するためのアルバムとして聴くべきかな。そこまで理解しようとも思わない自分はどうにも…orz

The David Byron Band - On The Rocks 1981

On The Rocks 健康の話題があちこちで出て来る、最近痩せた太った話から血圧が血管がとか云々…飲みに行く世代にもよるんだけど著しく世代が離れたのと飲みに行くことも多くないから自分の上下10歳幅くらいの連中になってくるし、そうすると健康のお話も割りと出て来る。仕事がらみだと共通項がないからそうなるのはしょうがないけどさ。確かに健康に長生きってのは正しいし、そうあるべきなんだが、そこまで自分的に思ってなくて、ヤなのは入院しっぱなしになるとか生きるためにひたすらに病院に通うみたいなこと。でも実際はしょうがないんだろうから多分一生懸命生きるんだろうと思う、だから健康管理した方が良いよって話になるんだな…、面倒だ(笑)。

 David Byronが自分名義のバンド組んで1981年にリリースしたアルバム「On The Rocks 」。そんなの出てたんだ?って話から始まるし、そもそもDavid Byronって?って人もいるんだろうけど、ご存知ユーライア・ヒープのボーカリストで超ハイトーンで70年代のロックリスナーを魅了してきたジゴロ気取りのヒゲのおじさん。ユーライア・ヒープを抜けた後、Rough Diamondを組んで2枚くらいアルバムだしたのかな、その後にこのソロ名義バンドでのアルバムリリースになったから結構きちんと音楽活動してたんだね。それほど儲からない人だったから普通に仕事してたって気がするが。そもそもユーライア・ヒープでのデヴィッド・バイロンの音楽的貢献度ってどこまであったのかと訊かれるとなんとなくほとんどなかったんじゃないか?って思ってるんだけどどうなんだろ?詞の世界ではユーライア・ヒープの象徴だったしバンドのイメージを担ってもいたけどね。そんなデヴィッド・バイロンの音世界ってのは果たして…ってのがこのアルバムの聞き所。

 メンツはその筋でしか知られていないRobin Georgeというマルチなお方と味付け的にメル・コリンズ…どこでも参加する人だ(笑)。あたりが知られている所で、曲はRobin Geroge担当なので、やっぱりデヴィッド・バイロンの音楽性が出ているワケじゃないみたい。でも、こういうのが嫌いじゃないってことで歌ってるワケだからなぁ…、こういうの、ってのは普通にハードロック的な音。クセなし、さらりとポップス…とはいわないけどキャッチーさのあるAOR的なものに歪んだギターを入れてみました、メル・コリンズのサックスだってもちろん馴染んじゃうし、がいのないBGMサウンドとも言えるけどそこはデヴィッド・バイロンだからちょっと声がジャマ的でロックしてくれてる。まぁ、これが自分のソロバンドのアルバムだ、と自信を持って言えてたなら凄いけど、時代なんだろうなぁ、こういうAORへの接近ってのはさ。70年代の覇者達が軒並み崩れ去っていくのが80年代、そのあがきを聴くのもニッチではあるけど必要なんです、多分。

Deaf School - 2nd Honeymoon 1976

2nd Honeymoon  英国でキッチュなモダンポップスの波は脈々と受け継がれていて、どの時代でも何となくそんなバンドってのが存在していたりする。The MoveからELO、Stackridgeや10ccなどが直系の系譜で語られたりすることが多いが、その中の一つに入ってくるDeaf Schoolというバンドも忘れてはいけない。まぁ、そんなに大層なバンドでもないのだが、英国ならではのシニカル度合いやポップス具合、キッチュでヒネた感性をそのまま音楽として表した才能はやはり大英帝国の財産だろう。

 Deaf Schoolも多分英国ロック本か何かでジャケットだけ見ていて、何となく頭に残っていたのだが、レコードがどんどんと値下がりし、既にゴミ捨て処分に近くなってくるとそういう忘れていた財産に出会うこともあって、そういえば聴いてないな、コレ、的に手に入れているので決して期待満々で聴いた訳ではなかった。ただねぇ、特に何の意識もなかったんだけど、それまでこの「2nd Honeymoon」というアルバムのジャケットはヒプノシスだろう、と思って疑ってなかったんだよね。調べてもいなかったし何か書かれている本を見たんでもないから、勝手な自分の認識だけでヒプノシスと思ってたんだけどさ、コレ、ヒプノシスじゃなかったんだよ。それが最初にびっくりした。凄くヒプノシス的センスの強いジャケットに見えない?いやぁ~、なかなか鋭いセンスを持ったジャケットですよ。これはこれで好きだね。

 そして「2nd Honeymoon」の中味はもう明るくヒネたポップがこれでもか、ってくらいに展開されているので楽しめる。リバプール出身のバンドってことでビートルズの再来とか色々と言われたようだけど、もっとヒネてて世の中ナメてる節が大きいから、どっちかっつうとキンクスに近い感覚だろうよ、これは。凄いセンスの良さが出てきていて面白いし、メンバーの数が9人ってのもあってか色々な声や音が聞こえてくるのも賑やかで楽しめる。楽曲センスとしても軽快でサラリと聴かせる曲が多くてこの頃のロックが好きな人は全然大丈夫なんじゃない?もちろんB級ではなくってハイセンスなバンドです。あまり知られていない…と言うか、歴史的に残るほどのバンドではない扱いになっているからだけど、面白いセンスのバンドだよね。

 しかしアルバムタイトルからして「2nd Honeymoon」でしょ?まぁ、ヒネくれ者の作品ってのはすぐわかるでしょ。驚くのはこんだけ完成度の高い作品がデビューアルバムってことだ。もっともこの後色々と活躍することになるクライブ・ランガーが在籍していたんだけどね。80sポップ系では割と知られている存在かもしれない。そしてYouTubeを探していたら何とまぁ、近年再結成して活動しているんですかね、これ。驚いた…。

Deaf School Deaf School

Deamon - The Entrance To Hell 1970-71

Entrance to Hell ジェフ・ベックと組んでいたコージー・パウエルですら自分のバンドで活動しようと思った時には先日のBedlamのようなサウンドが自然に出てきてしまうワケで、如何に英国のロック好きの連中が自然にロックを奏でるとこうなるか、というのが多分指向性はあるが、英国ハードロックの姿なんだろうと思う。自然にああなる、っていうのがね。それを好んで受け入れる人達が多いってのは感性の話だから不思議なんだけど(笑)…。さて、そんなことでまたしてもちょっとハードロックに目覚めてみました…。

 かなりニッチかもしれないんだが、Deamonっつうバンドの「Entrance to Hell」という作品集。もっとも1970年から71年頃に存在したバンドの後発掘作品なので当時はリリースされていないものだ。何かと言うと、あちこちで書かれていて自分も知らなかったんだけど、Quatermassが解散してメンバー分裂の末にHard Stuffというバンドが結成されたという流れの中で、実はその隙間がありました、というのが本バンドのこの作品「Entrance to Hell」なのでした。最初はDeamonっつうバンド=アル・ショウというボーカリストが参加していたHard Stuffなワケだ。だから楽曲が結構ダブるんだけど、相当洗練されたハードロックで面白い音が収録されてます。

 やっぱりギターとベースとドラムと歌によるハードロックは快活でよろしい♪ いささか凝ったリフをアチコチに持ってきてリスナーの耳を惹き付けたりさ、メロディにしてもこれぞ英国、と言わんばかりの覚えにくい旋律だったり(笑)、アレンジにしても今できることはほとんどやってます、みたいに詰め込んでいるのも心地良くてね…。当時未発表というのが勿体ないくらいの作品のレベルの高さはそのままHard Stuffで使用される楽曲群で聴ける。個人的には何故かこちらのDeamonの方が生々しいハードロックで好みかな。Hard Stuffはちょっと落ち着いてしまったというのか…、いや、Deamonの方が荒削りに聞こえるから良いのだと思う。

 「Entrance to Hell」はジャケットだけがちょっといい加減的な仕事で残念だけど、音はとんでもなく迫力あってクリアーで、あの頃のハードロック好きには無茶苦茶面白いアルバム。

Deep Feeling - Deep Feeling 1971

ディープ・フィーリング ハードロックバンドだとばかり思っていたのがその実多彩なアプローチを試みるバンドだったり、またその逆もあったりする70年代のロックだが、それと言うのも一つのバンドがひとつのカテゴリに属する音をやっていることはあまりなく、皆が皆多様なアプローチを試みているものだ。しかし、それでも傾向というのは出てくるので、それによってカテゴライズされることが多いんだな。でも、やっぱり自分の印象と異なるカテゴライズってのはあるワケで…。

 1971年にDJMというポップなカラーを放つレーベルからリリースされたDeep Feelingというバンドの唯一のアルバム「ディープ・フィーリング」。その他にシングルが何枚かリリースされていたらしく、そちらは今のところ未入手。ボーナストラック付きCDとかリリースされているならば手に入るのかもしれないけど、よくわからん。少なくともアマゾンにありそうなのにはそういうCDはなかったみたいだけど。

 そもそもこれも入手するのに相当手間取って、アナログでは絶対に見つからなかったし、CD時代になってからも日本で一回出たくらいなのかな?そこからは知らないけど、あんまり再発されていないんじゃないかな。まぁ、そんなに人気があるものじゃないだろうし、知られているワケでもないだろうから普通の扱いなんだけど、昔何かの本でこれを見かけてから気になっててさ。その時の印象がハードロックだったんで、今でもそういう印象が残ってるんだけど、聴いてみるとかなり異なるのも面白い。

 どんなんか、ってぇと…、いや、美しいコーラスワークに於けるポップなメロディラインとオルガンやベースラインがメロディアスに引き立つ洗練されたロックで、ハードじゃなくてソフトに優しく聴かせてくれる音と品の良いサウンドが売りでしょ。楽曲自体もしつこくなくかなりレベルの高いアプローチですんなり聴かせてくれるし、アコギの音色やオルガンや鍵盤類の自然な音も美しい。空間音ですら洗練されている感じがするものだ。決してハードロックではないけど、ジャケットの印象をそのまま引きずったイメージがハードロックなのかね。その「ギロチン」っつう曲は9分にも及ぶ代物で、その恐怖と状況をしっかりと描いているホラーソング(笑)。

 ちょろっと調べなおしてみると、Deep Feelingというバンドはバンドと言うよりはセッションマンによるひとつのプロジェクトだったらしく、それにしては質が良く出来上がっているのでアルバムまでリリースしたというものらしい。全くリスナーを困らせるというか覆面アイドルみたいなモンだけど、それでもこの「ディープ・フィーリング」みたいな良質な作品が創られて残されていることは大したモノだ。

Demon Fuzz - AFREAKA!

AFREAKA!「Another Country」って曲がElectric Flagの曲だってことで、あぁ、アレに入ってるヤツね…なんて思ってたら実はDemon FUzzってバンドもそれやってるよってな事で、ふ〜ん、とライブラリを探してみると一応あるんだよね、Demon Fuzzって思って聴いてみた。ジャケットが強烈だから覚えてるんだけど中味はイマイチ記憶に残ってない。随分ジャケットと違った印象だけはあるけどな…と聴いてみた。

 Demon Fuzzの1970年作「AFREAKA!」。一見プロレスラーのジャケットかと思いがちだがそうじゃなくてアルバムタイトルが「AFREAKA!」だからお分かりの通りアフリカのア・フリーカなワケで、民族的な化粧っ通貨名くっ通過ペイントかぶり物っつうかそういうのだからプロレスラーのジャケットじゃないです…って自分もそう思ってたけどさ(笑)。妙に体格が良いから余計にそう見えるんだが…、ま、それはどうでもよい話として、最近プロレス見てないな、面白いのかな、などと気にしたり…じゃなくて(笑)、Demon Fuzzなワケですが、南アフリカ人・西アフリカ人混合のバンドってことでたまたま英国に滞在していた連中がバンド組んでやったっつう出来過ぎたお話のバンド、話題性があるからってことかもしれないけど凄いよな。それでいて出て来ているサウンドがこれがまた面白くて、英国ロックの枠に入れて良いのかどうかわからんけど、別にアフロロックじゃないです。どっちかっつうとジャズ・ロック聴いてる感じです…ってかジャズ・ロックです。しかもかなりユニークなジャズ・ロックで、きっとジャズが好きだけど体質的にはアフロ、でもロックな土壌でやってるという感じになったので、こういう中途半端なシーンの中に出て来ることになったようだ。レーベルがDawnだからそれなりに実権精神旺盛な所からってのも得体が知れなくて面白そう。

 ホントにね、心地よくジャズ・ロック聴いてるだけ、基本的にジャズインスト系の演奏中心の曲ばかりなんだけど、歌が入るのもあって、それはやっぱり白人の歌モノとは大きく違って、黒人的なアプローチの歌メロだったり質感だったりするので、その辺はやっぱ違うなと。でも、結構な重さとビートがあるんで結構面白いサウンドで偏見なしに得体のしれないバンドとして聴くと楽しめるんじゃないかな。

Delivery - Fools Meeting 1970

Fools Meeting カンタベリーの重鎮となった面々…、Phil Miller、Steve Miller、Pip Pyle、Lol Coxhill、Richard Sinclairなどなどですら最初にシーンに出てきた時にはやっぱり初々しい(笑)。最初からカンタベリーのあの世界観をわかっていてやってたワケじゃないだろうから余計にそうなんだけど、この時期であれば既にソフツは割とジャズ〜な世界だし、キャラバンは独自の進化を遂げている頃か…、それでも1970年という時代はまだまだ早熟な時代だったのだ。だから故に全く何でもありの音楽が全て脚光を一瞬だけでも浴びて世に出てこれたし、逆に言えばこの時代じゃなければ世に出てこれなかった人は多かったのではないかと。

 1970年にリリースされたDeliveryというバンドのアルバム「Fools Meeting」ですが…、上記面々がバックを務めていて、歌はちょっと前にこのブログでも登場した後にUncle Dogというバンドでも歌を歌うこととなる英国のジャニス・ジョプリンと呼ばれたキャロル・グライムズなのですな。なのでカンタベリーシーンとポール・コゾフが繋がってしまって…そうするともう何でも繋がっていくという英国ロックファミリートゥリーの世界(笑)。いやいや…、それはともかくですね、このDeliveryというバンドは面白いです。カンタベリーの独特の雰囲気があそこまで打ち出される以前のジャズチックな淡々とクールな演奏にキャロル・グライムズの熱いブルースな歌が被ってくるので、圧倒的にキャロル・グライムズの歌にバックが引き込まれている。だからDeliveryというバンドをカンタベリーのルーツから紹介された時にはかなり異質なバンドとして映る。フィル・ミラーもリチャード・シンクレアもピプ・パイルもいるのに、だ。両方の世界を知った上でこのDeliveryと言うバンドを聴くと非常〜に面白い。それはもちろん間奏などになるとちょっとピプ・パイルのギターがロック寄り過ぎるキライはあるけど、後のカンタベリーサウンドと呼ばれる音の未熟な姿が聴けるから。そこをキャロル・グライムズは独自の感性で歌を入れているからね。

 ロックの世界で融合というのは当たり前のように行われているけど、分離という姿はあまり多くないので、Deliveryのサウンドについて言えば分離という姿を実現したバンドかもしれない。キャロル・グライムズはブルースからスワンプの世界へと歌声を自慢に歩んでいったし、バックはそのままカンタベリーサウンドへ邁進。ブルースとカンタベリーが同居した唯一のアルバムがこの「Fools Meeting」なのかもしれないね。そしてそれは明暗くっきりと聴いている側にも分かってしまうくらいのアンバランスさだった(笑)。いや、だからこそ面白かったんだと思う。他にないサウンドだし。そんなユニークな試みは知ってて行われたのか、偶然の産物か…、いずれにしてもどちらの個性も殺すことなく見事に同居していた軌跡のアルバム「Fools Meeting」です。

The Deviants - #3 1969

サード(紙ジャケット仕様)(THE DEVIANTS 3RD)(PAPER SLEEVE) もう一人の奇人変人と呼ばれる、というかやっぱり奇人変人だと思うんだけど、ミック・ファーレンという人が英国のアングラシーンには存在していて、この人の変わり者ぶりも割とクローズアップされることも多いね。当然ながらノッティングヒルゲイトの住人でボスとも呼ばれる人なので、歴史は古いっす。んなところでピンク・フェアリーズ繋がりでデヴィアンツを登場させよう〜。有名なのはファーストの「プトゥーフ!」かな。最もサイケでワケのわからない世界を紡ぎ出しているアルバムなんだけど、今回はもっとジャケットだけでインパクトを放つ三枚目のアルバム「サード」で。

 1969年リリースでバンドの特色でもあったワケの分からないサイケデリックな世界はさすがに時代と共に薄れていっているので聴きやすい一枚のはず。しかも最初に入っている「Billy The Monster」なんて、最高のポップスで驚くくらいの楽曲なのだ。まぁ、ガレージ色の強いバンドではあるんだけど所々で正に宇宙からの音とも聞こえる世界=サイケデリック効果音が聴けたりするのでやはりデヴィアンツだなぁと微笑ましくなる。ギターの音とかも凄く安っぽいし、ドラムなんてポンポン言ってるし、アレンジもちゃちいし、とにかく全編がふざけてる「BLACK GEORGE DOES IT WITH HIS TONGUE」とかさ、口で楽器を歌っているという冗談みたいな曲(?)で、正にタイトル通りなんだけど笑えるよ、これ(笑)。

 まぁ、なんだ、何でもありの60年末期にリリースされただけのことはあってやれることは何でもやってるってトコだ。そしてジャケットもまたふざけていて、ケバくメイクした尼さんがアイスキャンディーを舐めているというもので、このダブルジャケットを開くと足下で子供が同じアイスキャンディーを持ってしゃがんでいるというものだ。そして中ジャケは風格を醸し出したバンドメンバーがガレージ前で演奏している写真をコラージュしたものが載ってて、なかなかハクがあってよろしい。そんなバンドの音は実に多岐に渡った世界です。

 この中の二人がピンク・フェアリーズを結成し、その中の一人、ラリー・ウォリスはモーターヘッドへとコマを進めていくし、ボスのミック・ファーレンはソロ活動へと進み英国アングラの重鎮となっていくのだった。

The Deviants - Ptooff! 1967

Ptooff!  ロックってさ、どんどんと人間がいなくなっていくんだよな?とするとやっぱりロックの終焉ってのに近づいているってことになるんだよな?そりゃ新しいロックスターだって出てきてるけど、どこまでカリスマ性があったり、歴史を作れる人がこれから出て来れるのか?ってなるとそうはなかなかいないだろうし。黎明期のロック野郎たちが消えていくってのと新しいのが出て来るってのは圧倒的に数が違うからやっぱり廃れていくんだろうな。う〜ん、クラシックロックってもういいやって思ってる部分あるけど、結局聴くのはそのヘンが多いし、やっぱりロックの寿命が見えてきてしまったのかも。んなことない、っていう気風もあるんだけどね。/p>

 1967年リリースの元祖サイケデリックなミック・ファーレン率いるThe Deviantsの最初の作品「Ptooff!」。正に時代の寵児とも言えるサイケデリックの象徴サウンド、今聴いても特に必要性は感じないし、スゲェ!ってんでもないんだけどやっぱりその筋では名盤の誉れ高いアルバムらしい。サイケってのめり込めないから自分的にはあんまり名盤とかよくわからなくてね…。ただ、聴きやすさが同居してるからポップシーンでは上手くできている作品なんだろうと思う。聴かないとこういうの分からないしな〜、聴いても分からないしな〜、どうしたもんか、ってのはある。/p>

 …が、古き良き雑誌なんかを眺めていてもデヴィアンツならこの「Ptooff!」だ、ってのがいつも書かれているし、聴いてみなきゃって思ってたのはある。マザーズ並みの変態さはあるんだが、それも慣れてしまってて…、あ、だから凄いんだな。ロックばりばりの頃の聞いていると受け付けないけど、ザッパ経由で聴いてみると納得した一枚。まぁ、時代の産物だよなぁ…。/p>

Dick Heckstall-Smith - A Story Ended 1972

A Story Ended  更に英国ロックの重鎮達は発展する…、コロシアムのメンバーでもあり独特の笛吹奏者として名高いディック・ヘクストール・スミスもジャズメンらしく自身をリーダーに据えた作品を1972年にリリース。こういう風にソロを出すあたりは正にジャズの世界に習って、というところだろう。そして集まるメンツはもちろん勝手知ったる仲間になり、それは英国一流のミュージシャンになるワケだ。

 ディック・ヘクストール・スミスの1972年リリースの初ソロアルバム「A Story Ended」。昔はもう全然手に入らなくて見ることすらなかったアルバムでさ。90年代にCDでリリースされたのかな?SeeForMilesかどっかだった気がするけど、その時にも結局入手し損ねていたのでその後の再発まで聴けなかった。それが今じゃ普通に買えるんだからなぁ…良いよねぇ。その分興味が沸くとどんどん買い続けないといけないという出費の危険性も高いのだろうが(笑)。

 さて、そんな経歴の管楽器奏者の作品だからもちろんコロシアムと同じような作品とメンツになるワケだ。そしてこれまで実現したくてもなかなかできなかったポール・ウィリアムスというJucy Lucyのボーカリストもここに来てようやく参加したという、ある意味では次なるコロシアムの試作品でもあったのだろうか。ギターにはクリス・スペディングを呼んでるし、鍵盤ではグラハム・ボンドを招いている。そういう面々でコロシアムの再編ってのもあったのかなぁ…。

 それはともかく、もしかしたらコロシアムの音楽性の最終完成形なんじゃないかと思うくらいに素晴らしいアルバムの出来映え。ジャズロック?いやぁ〜、ブルースロック?いやぁ〜、R&Bロック?いやぁ〜、どっからどう聴いても大英帝国ロックです。全て詰め込まれていて、もちろん歌メロのポップさも含めて、レッド・ツェッペリンにも負けないアグレッシッブで熱いプレイとテクニック。こんなに凄いアルバムが長い間聴けなかったなんて残酷すぎる!

 60年代から70年代初頭のロック好きな人だったら間違いなく熱くなる作品だし、こんなのに最初に出会っていればもっと派生バンドへの取り組み具合も変わってきただろうに。今からでも遅くないです。さっさとこの「A Story Ended」に取り組みましょう。ロックの奥深さと初期衝動とこれでこそロックだ、というのがわかることでしょう。何と言っても英国重鎮達による一大セッションですから。

 「A Story Ended」…ジョン・ハイズマンのドラミングの捌き方…、クリス・ファーロウvsポール・ウィリアムスの図式、グリーンスレイドvsグラハム・ボンドなどなど一曲づつメンバーを見ながらワクワクできるアルバムって面白いよ。そしてこの人って他のバンドの時ってどうなんだろ?って思いを馳せて次のバンドを探しまくるのです…、これぞ英国ロックの奥深さ♪

Dirty Tricks - Dirty Tricks 1975

Dirty Tricks こんだけブログに偏ったロックの記事を詰め込んで書いていてもまだまだ出てくる自分には初遭遇な英国ロックバンド、しかも70年代の限定されたバンドを漁っていても出てくるんだもん。割とその辺はB級レベルまで制覇してきたつもりなんだけどなぁ…、発掘リリースしてくる側の意欲も大したもんだと感心するけどさ。個人的には自主制作で何枚か制作してオクラ入りとかそのたぐいのレア盤はあまり追いかけないようにしていて、それなりのレーベルからリリースされたけど、っていうところじゃないとキリがないもん。それでもそういう中に良いのがあったりするのも事実だけど。今回はアルバム何枚も出してたのに自分的には全然遭遇しなかったバンドを見つけたのでメモ的に。

 Dirty Tricksという1975年に「Dirty Tricks」というアルバムをリリースしている英国はスコットランドのバンドで、ジャケットからしても全然期待できないし、きっとダサくてつまらんだろうな〜という期待をしながら聴いてみたりね。端的に書けばシンプルな普通のこの時代のロックで、ブルース的なギターを中心にしながらやや高めのボーカルが頑張ってるという感じ。曲は対してヒネられてもいなくてシンプルで聴きやすい。その分何も引っ掛からないという没個性さはあるんだが、どんなんやりたかったんだろ?ゆったりとしたリズムにちょいと際立つかも、的なギターリフで攻め立てているようだが…、ある種この後出てくるNWOBHMに通じるサウンドもあったりするけど…そこまでの徹底さはないし、メジャー狙いだったけど売れなかったというあたりの音か。

 しかし聴いてて思ったけどコレ、浅井コレクションに入ってるだろうなぁという予感(笑)。一般的に…って全然一般には知られてないから一般的って言葉はちょいと違うけど、Black Sabbath+Freeみたいに書かれているのが目についてね、そうなのか?って思いながら聴いてたけど、そんな曲もある、けど、ボーカルがあまりにも貧弱でそういう次元の比較にはならないねぇ。でも、そんなB級感こそが頼もしいこの時代の英国ロックです。

Dr.Feelgood - Down by the Jetty 1975

ダウン・バイ・ザ・ジェティー  歳と共に新しいのを受け付けなくなるって人も多いだろうけど、古いけど新しいもの、即ち70年代だけど通ってきていない音ってのもあって、こうなると新しいものを受け入れられないってんじゃなくって古いものを聴けていなかったってことになるから、聴いてみたくなることってのもあるんじゃないかと。会話してるとパープルとかツェッペリンなんてのはその世代なら聴いていただろうが、ちょいとマイナーなのになると普通は漁ってないと聴かないから、そこでマニアと時代的にロックを聴いていた人と分かれるのかも。ま、だから何だ、って話だが(笑)。

 Dr.Feelgoodの1975年のファーストアルバム「Down by the Jetty」。このジャケットもバンド名も昔から知ってたし持ってたけど、何か全然聴かなかったんだよね。何だろ?音もシャキッとしててカッコ良いのにどこか響かなかった若かりし頃、所詮は好みだからそういうのもあっただろうけど、多分シンプル過ぎて面白味に欠けたのだろう。今パブロックの流れで聴いているけど、実にストレートなギターカッティングを中心とした英国ビートロックそのままの音で、ともすれば60年代のバンドだろ?ってくらいのマージービート的サウンド。歌は野性味に溢れるロック的には実に魅力的な歌だし、ギターは強烈なカッティングでグイグイと引っ張っていくし、何ら聴かない理由も見当たらないが、楽曲そのものの良さってのはちょいと欠けるかもね。そのヘンがThe WhoやThe Kinksとは異なるトコロか。んでも、まぁ結構な人気を誇っているし、今でも根強いリスナーもいるし、やっぱりハマったら面白い深みはあるのだろう。Yardbirdsとか好きなら好きでもおかしくないしね。

 日本のめんたいビート系はこの辺がルーツになるのかな、ルースターズとかはモロって感じもあるし、なるほどなぁ、と。そうするとやっぱり60年代ビート系との共通項になるわけだ。ライブで見たら多分一発で気に入ってただろうなというくらいの強烈なビートがカッコ良いし、ファーストアルバムでこの完成度だからそりゃ頼もしいバンドなハズだ。しばらく真面目に聴いてるとハマるかも。

Dr. Strangely Strange - Heavy Petting (1970)

Heavy Petting テリー・ウッズってさぁ…とか記憶に薄いもんだからSteeleye SpanでThe Woods Bandで奥さんのGayと云々などと思い出しながら何かあったよなぁ〜と。The Poguesへの参加は意外だったんだけど、確か英国70年代漁ってる時に何かで出てきたよなぁ…とか記憶の片隅をどんどんと突っついているワケさ。もちろんネットで調べることになるんだが、音を聞きながらそんなこと考えてて、見つけた。

 そしたらちょいと脳天気なDr. Strangely Strangeというバンドが出てきた。んで、ふと見るとGary Mooreの名前があるんだよな。まだ二十歳前のギャリー・ムーアによるエレキギタープレイが聴けるんです。ま、それが主役じゃないけどアイルランドの懐の深さっつうか狭さっつうか根っ子が一緒なんだよね、全部。だからもちろん作品聴いてても違和感ない。あ、1970年の変形ジャケットでロジャー・ディーンのアートワークにてヴァーティゴからの作品…、ど真ん中ですね、その筋の好きものには♪

Heavy Petting

 これがさ、ギャリー・ムーアのギターが結構聴けるんだけど、もちろん自身の音を確立する前だから器用にセッションをこなしているワケよ。それでいて楽曲とかバンドにしっかりと馴染んだブルージーなプレイをしていてあのマイルドで太いトーンをしっかりと出してたりするのが見事。アルバムにはテリー・ウッズは参加していなくてツアーのみだったようなのでこの出会いはまた偶然なんだけど、どこかでそんなことを聞いてたんだろうか?まぁ、いいや、話題は別の方向に走ってしまったが、思いもよらない70年代バンドへ進んでしまった。

 「Heavy Petting」というアルバムの音は…、牧歌的なもので、ケルト色が強いワケでもなくもっとのほほ〜んとした感じでトゲはない。ラリってお気楽に〜みたいな感じなので特に害はないし、だから故に売れることもないワケだが(笑)、このメロディの美しさとか浮遊感は相当に英国的でアイルランド的というイメージではない。マンドリンとか入ってくるとそうか、とも思うけど全体観はそんな感じで、リコーダーとかも入ってくるからさ美しいのもある。全くヘンな集団だけど、愛らしい名盤とも言えるなぁ…。正に今の季節に聴くべき音楽ですね♪

Dr.Z - Three Parts to My Soul 1971

スリー・パート・トゥ・マイ・ソウル 英国B級ロック路線としてこれまでコレクションしてきたし聴いたりしてきたんだけど、ここのトコロ自分で書いてまとめてたりするのを振り返ってみると、B級のみならずC級に属すべきものも多くて、この辺って一括りにしてはいけない世界なのだな、と気付いた(笑)。B級ってのとC級ってのが明らかに違うからさ。んで、C級が続いていたので、ちょっとさすがにうんざりしてきたのでB級に戻りたい…ってなことで、B級ではあるけどまだまだ知られた存在であるだろう、コレ。

 1971年にぐるぐるマークのヴァーティゴレーベルからリリースされたDr.Zの唯一の作品「スリー・パート・トゥ・マイ・ソウル」で、レーベルナンバーは6360 048です。うん、書いておくと何かと便利かと思いまして…(笑)。やっぱりね、ヴァーティゴから出てくるのはまだまだB級レベルをキープしてますよ。だから聴いていて面白いトコロやえげつないトコロや何かしらのインパクトはあるもん。そして音が洗練されているってのもそれなりにメジャーな証拠。結構チープな録音ってのは少ないんじゃないか?その辺がしっかりと売ろうとしたけどなかなか芽が出なかったが故にコレクターズレーベルになってしまったのと、単なるC級との差。その成果のひとつが有名な観音開きジャケットによる三面開きのアイディア。アルバム「スリー・パート・トゥ・マイ・ソウル」の中身も三部構成によるものだからこの観音開きによるインパクトはバンド側には好都合。そして後世のマニア達には非常に悩まされるアイテムとして存在することとなったのだ…。

 そしてこのDr.Zなるトリオ編成のバンドだが、よくわからん。鍵盤主体の〜とか黒魔術的な〜というような記述はよく見かけるんだけど、もちろんジャケットとコンセプトっつうのがあるから悪魔的なものをイメージするし、音の中身もどこか呪術的なものを持ち込んだりしているのはあるのだろうが、基本的には良質な英国オルガンロックが中心となったコンセプトアルバムで、正に時代を反映した作品ではないかと。どの楽器も歌も巧いとは言えないんだけど何かしてやろうという心意気と時代の雰囲気で出てきた音の塊。その意欲がしっかりと反映されてかなり面白い音世界が創られてるしさ。どこかジェスロ・タル的な部分があるかなぁ…。ごちゃごちゃっとした部分だろうけど。

 以外とジャケットで見られる悪魔主義的な音ってのは聴かれないけど、もしかしたら精神面での主張かもしれないので、その方がよほど怖いけど(笑)、そういうコンセプトも持ったバンドってことで聴いてみると面白い。ただ、もちろん何度も聴くというバンドの音ではないな(笑)。

Dragonfly - Almost Abandoned 1974

Almost Abandoned 初期Wishbone Ashの音を作り上げたデレク・ローレンスってプロデューサーはパープルにも絡んでてその時期のロックの世界では割と知られた人物でだけどイマイチ名を上げきれなかったのは売れないバンドのプロデュースも多かったからだろうか。あちこち作風を聴いているとかなり英国然としすぎているキライがあってメジャーグラウンド的とも言えない気がするんだけど、それは時代が経過してから思うことなのかもしれん。そういう空気感が好きな自分なんかは作品によって異なるけど、概ね好きな雰囲気を出してくれているもんね。

 1974年にリリースされたDragonflyというもちろん英国のバンドの唯一作となる「Almost Abandoned」。初っ端からもう洗練された音が飛び出してくるが少々アメリカナイズされた曲の作り方という部分が鼻につく。英国特有の湿っぽさや鬱さ加減がちょっと抜けているような感じで、かと言ってアメリカナイズされているワケでもなくって、どうにも没個性的な音にしかならなかったと言うのか…、ギターも結構弾いているし音色も嫌いじゃないんだが楽曲の流れとか雰囲気が、ね。あ、ジャケットは現行CDとかは周辺が青くて全くセンスないけどオリジナルはもっとセピア風味でヒプノシスの狙いがきちんと出ているんで出来ればオリジナルの色のがいいね。

 B級バンドになるには極端に舵を切った音を出すとか成り切れなさ感みたいなのがあってこそで、メジャー路線をキチンと狙った割に売れなかった、特に非の打ち所が無いんだが…ってのはB級には成り切れない部分あって、悪く言えば単なる売れないバンドになっちゃう。そのヘンもちろん当時は皆売ろうと思って作るわけだから狙えるワケもないんだろうけど、このDragonflyというバンドは成功を夢見て失敗しただけのバンドとも言えるだろうか。まぁ、英国ロック愛好家としては良さも見出すんで曲によってはとっても英国的で美しいギターメロディを聴かせてくれるよ、とかあるしやっぱりバックがどことなくトラッドの影響下にあるからいいんじゃないか、とかね。ま、ただ、総評はそんなトコか(笑)。しかし、ダサくていいわ…。

Druid - Toward The Sun 1975

Toward The Sun / Fluid Druid  70年代の英国にはB級ロックというものが多数存在している。何が売れるかわからなかった70年代のロック産業というのもあって、多数のレコード会社が何でもかんでもとにかくレコードを出させて様子を見るという試みが中心だったがもちろん中には意欲的にマイナーなバンドを世に出していったレーベルもある。そんなわけで70年代初期には実に興味深いバンドのレコードが多々残されていてマニアを楽しませてくれるワケだが、中には単なるフォロワーじゃねぇかっつうバンドもあって、それはそれでまた面白いものなのだ。

Druid - Toward The Sun

 一般的にイエス的なバンド…っつうかイエスそのままのB級ってことで語られることが多いんだよな。まぁ、否定はしないけどそう言われると聴きたくなくなるので、前評なしに買って聴いていたことはよかった。歌がジョン・アンダーソンに似た性質の声で迫ってくるのでイエス的と言われるし、曲の構成やコーラスの作り方なんてのももちろんイエスを意識したものになっているのか、本人達の才能なのかわからないけど、1970年結成、1975年にようやくアルバムリリースに至ったバンドっつうことを考えてみるとやっぱイエス的なサウンドで二番煎じのポジション確保のために出されてきたっつうトコかな。それとも元々こういう音楽やってたけどイエスが同じようなことやってたおかげで5年間メジャーになれなかったとか(笑)。まぁ、やったもん勝ちだからその辺はわからんが…。

 いや、でもね、音的には悪くないのだ。B級だし、妙に凝りまくってるところもなかなかよく出来ていて、それなりにシンフォニックに起承転結があるので、美しいしね。メロトロンのおかげっつうのも大きいんだけど、ギターがさ、もちろん普通レベルなんだが、線が細くて一生懸命メロディを紡ぎ上げている音でさ、妙に耳に引っ掛かるんだよ。もうちょっと激しさがあったら面白かったんだけど、アルバムとしては実によく作り込まれているので別に毎日聴きたいアルバムにはならないけど、たまにプログレッシブな気分の時に取り出して聴いてみる分には快適な作品。

 ジャケットが好きなんだよね。なんか大英博物館に飾ってある絵をモチーフにしているらしいんだけど、色合いとかわけのわからない象徴っていうのが雰囲気出てて良い。アナログ時代には全く見かけることがなくって、初めてCD化された時にとっとと買った作品だな。セカンドアルバムも出ているらしいが聴いたことない。まぁ、そうやっていなくなってしまったバンドのひとつだが、だからこそ面白さがある♪

Druid - Fruid 1976

幻覚の世界へ <Progressive Rock1300  (SHM-CD)>  マイナンバーねぇ…、アメリカ映画でよく出てくる社会保障番号ってのと同じなんだろうし、そういう管理が普通だとも思えるけどそれによって困る人達が多いんだろうかね。それくらいしてちょいと厄介な方々を制御するってのは良いと思うのだが、あからさまに管理下に置かれるというのもちょっとイヤな気がするのはある。どうやったって管理下から抜けられないんだから一緒なんだけどさ、何かロック的じゃないじゃない(笑)?そこでもがくあがくのがロック的なんだけどね、まぁ、今更のお話。

 イエスフォロワーとして知られてしまって、しかもファーストアルバム「太陽に向かって」が結構な名盤だったんでその筋ではそれなりに知られているであろうDruidの1976年のセカンド・アルバムにしてラストアルバム「Fruid」。ファーストの美しいジャケットから一新したシンプルなジャケットが災いしただろ、って思うんだがなぁ…、中身は相変わらず室の高い構築美、叙情性のあるシンフォニックな音を出してて、ともすればフュージョンか?くらいに軽やかに流れる楽器群とゴリゴリのベースが個性的だったのだが、出した時代が悪かったか、瞬時に埋もれてしまったアルバムだったようだ。この手の音はよほど突出してなきゃポップシーンじゃ残れないのは当然だけど当時そんなことを考えることもなく出ていたモノだろうし、後の時代になったこそ楽しめるバンドなのかもしれない。そういう意思で活動してたバンドはいないと思うが。

 メロトロンの洪水に綺麗なトーンのギター、爽やかとも言えるボーカルにクリス・スクワイアばりのベース、いや〜、非の打ち所がないくらいに見事に出来上がった音ですよ、ホント。キライになる要素はまるで見当たらないもん。ただ、無くても人生大丈夫だなというくらいのモノでもあるところがアルバム2枚で終わってしまった所以なのだろうが、アナログ盤はなかなか見当たらなかったなぁ、昔。見つけても白い所が汚れてたりね、んで割と見つけにくかったんで、結局CD時代になってから聴いたんじゃなかったかな。ファーストは逆にプレミア付きすぎてたし、気になったバンドだったのを思い出した。今聴いてもきちんと作られてていらねぇ曲もあるけど根本的には好きな部類の音なんだな、これが。

Duffy - Scruffy Duffy 1973

Scruffy Duffy ここんトコ思ってたのは古いロックってもういいかな、随分聴いたし新しいのにどんどん取り組んでいかないと勿体無いし、古いのはもう大体判ってるからさ、っていうものだった。それは王道バンドが未だ復活してたり現役でいてジジイ達がやるロックみたいなサウンドってのがさすがに聴いてたり見てたりるすのも辛くなってきてて、そりゃ頑張ってる姿とかいいけど、やっぱり懐メロでしかないし、新たなエッセンスを得るんでもないからもう曲も判ってるしCDやら何やらも同じものばかりを売ってて明らかに大人に買わせようとしている商売も乗り飽きたし、さすがにつまんねぇなってのが大きい。じゃ、新しいのって?ってなるんだけど、これがまた今時のバンドに行かなくても70年代でいっぱいあるワケよ。この辺も散々探したのにまだまだ聴いたこと無いのも多いし驚きがあったり発見があったりして結局抜けられない70年代ロック、一体いつまで自分はこの沼にいるんだ??

 英国産の1973年リリースのDuffyってバンドの「Scruffy Duffy」。ブギ的とも言えるしハードロックとも言えるし鍵盤もいるからこの時代特有の英国ハードロックとも言えるけど、ハードロックというには少々小粒な感じもあってどこか取り留めのない作品になっているようだ。ただ、熱気はもちろん詰め込まれてるんで、やりたいことってのは伝わってくるし、時代が反映されてるのかな、どこかグラム・ロック的な雰囲気すら感じる。まぁ、自分がこういうの好きだからだけど、名盤だよな〜なんて税に入りながら聴いてたりするんだが、オルガンハードとギターハードの両方が入り込み、ちょいとナヨッとした感じの歌、ハードロック一辺倒な展開でもなく、ちょいと凝ってみました的なアレンジが時代性を物語ってるけど、結構クセになる面白さはある。クィーンの初期に似ているなんて曲もあったりするし、もう一歩アクが強けりゃ良い線まで行ったバンドだったハズ。2曲目の「Change My Way」が最高にカッコ良い曲でこのバンドのエッセンス全てが詰め込まれているとも言えるナンバーですな。

 こういうのに出会うとねぇ、自分の浅はかさと知らなさをマジマジと知るワケですよ。王道ロックは適度にしていいけど、こういうのをどんどん発掘して自分のモノにしていかないとな〜なんて何の役にも立たないことを改めてしなきゃ、と思った次第です。そういう仲間も何人もいることだし、影響を受け合いながら楽しめれば良いんだよね。それにしてもこのバンド、かなり最高。Zeppelin並みに音楽性の幅の広さを持ってるんじゃないか?と思うくらいにこの一枚のアルバムには様々な楽曲が詰め込まれている、アコースティックも含めてね。それにしてもメンバーの誰もメジャーシーンで登場してこない名前ってのがB級感を味あわせてくれるのだが、もうちょっと出来ただろうよ…。

Dulcimer - And I Turned As I Had Turned As A Boy 1971

And I Rurned As I Has  英国フォーク界の中でも一二を争う程のアルバムジャケットの美しさを誇るバンドと言えばこのダルシマーのファーストアルバムじゃないだろうか?非常に英国の荘厳さと気質を表現したアートワークはそれだけでも十分に名盤と呼ばれる資格を持ち合わせていたりするのだ。

 1971年リリースのファーストアルバム「ターンド・アズ・ア・ボーイ」。この後もう一枚、そして1990年代になって再結成して何枚かアルバムがリリースされているらしいんだけど、やっぱりこのファーストがダントツの出来映えというかインパクト。こないだまでの素朴でソフトなほのぼのとした女性が歌うフォークからは少々逸脱して、もっとフォーキーなロックというような激しさを持った三人組のアルバムなので、アルバムジャケットから思い起こす印象とは多分ちょっと異なる。基本はギターと歌なんだけど、ベースやマンドリン、もちろんダルシマーなどが積極的に絡んでくるところが激しさかな。歌声も静かな語り口調とは全くかけ離れていてかなり個性的な声と熱い魂を吐き出しているような歌というのもあるのでやっぱロックの世界に出てくるだけのことはあるアルバム。

 聴いていて思った…、デヴィッド・ボウイの最初期のアコースティック系の曲の雰囲気に似ているんだ。音とかの処理も12弦を思い切りリバーブ掛けて処理してるから質感が似てるし…と思ってクレジットをアレコレ見ているとプロデュースがラリー・ペイジ…?ん?キンクスのアレか?う~ん、どことなくレイ・デイヴィス的な歌声でもあるし、キンクス的な面もある、か?あるなぁ(笑)。まぁ、やっぱりそういうのがあるから単なるフォークロックっつう枠には収まりきらないバンドなのは間違いない。

 いやぁ、アナログ盤は見かけたことないです。コピー盤ならあるけどオリジナル盤は知らない。見ても多分結構なお値段するだろうなぁ…、CDになってからもそれほど多く見かけないかもしれない。自分的にはやっぱり待ち遠しかったのでCDになってないかしょっちゅう確認していたアルバムのひとつで、発見した時は嬉しかったなぁ。音聴いて、ちょっと「??」って思ったけど(笑)。まぁ、いいじゃないか。

Duncan Browne - Give Me Take You 1968

Give Me Take You  レーベルの倒産劇によってどれだけアルバムが名盤であっても世に出なければしょうがない。そんなドンピシャでアルバム出すなよ、って事だけどホントにそういう時に重なってしまう不遇な人ってのはどこにもいるワケで、そのおかげで出世できなかった、または出世が遅れた、時勢に乗り遅れたってのもあるかな。今となっては色々と評価されるようにはなってきてるからクラシックみたいなもんだけどさ、それでもその時食えるかどうかってのは音楽活動に支障が出る話なので影響は大きいよね。

 Duncan Browneのファーストアルバム「Give Me Take You」は1968年にリリースされているけど、その直後にレーベルがおかしくなってほとんどプロモーションされることもなく、またプレス枚数も少なくされてしまっての倒産となったことで、アルバムそのものが貴重なレアアイテムになってしまったという…。CD時代になってからは発掘されてのリリースもあったが、本人はその頃、1993年に逝去してしまっているので結局不運な不遇な人生だったという事なんだろうな。もっともこの後にAOR路線やMetroなんかでもそれなりに売れてたりしたのでさほど不遇ってんでもなかったかもしれない。

 さて、この「Give Me Take You」というアルバム、英国フォークの名作です、と言い切れるほどの掴みはある作品で、この手の作品でのニッキー・ホプキンスの隠し味的参加はなかなか味わい深い。そしてDuncan Browneの優しい歌声にリュート的、ハープシコードもあり、もちろん生ギターでの幅広い楽曲とどこから斬ってもジョン・レンボーン的に楽しめるのだが、この路線に進まなかったのはやはり不遇な人生からの脱却、カネ稼がないとなぁってヤツだろうか。そういうのに無縁で、ホントに自分の才能を音にぶつけたってのがこの「Give Me Take You」なんだろう、それだけ純粋な思いが詰め込まれているからピュアに聴く側も楽しめてしまう、心洗われる作品に仕上がっているのだろう。ここまで純粋な音が聴けるのもそうそう多くはない。

Duncan Browne - Wild Places 1978

Wild Places/Streets of Fire 中古レコード屋に行く度にエサ箱をロック「A」みたいなコーナーから散々漁っていったりしてたが、いつも思うのは知ってるレコードが1/4くらいで後はよく知らないのとかなんかの顔写真やその人らしき人物が写っているだけのジャケットなんかでまるで興味を示すこともないのだが、概ねアメリカでの売れたことのあるアルバムだったりするのか、どっかのバンドのソロイストだったりしたものだ。世の中こんなのいっぱいあるけど売れたんかな〜なんて思ったり、ダサいジャケット作って本気で売るつもりあったんかな?とか色々と思ってしまうんだが、センス無さすぎのアルバム・ジャケットってホントに多かった。今でも多いとは思うけど、概ねアメリカものだから消耗品としてのレコードだったんだろうなぁと。英国でダサすぎるジャケットってあんまりない…いやあるだろうけどアメリカものほどひどくないと思いたい…、でも、これはどう見てもセンス良くないよな…。

 1978年リリースのダンカン・ブラウン「Wild Places 」というアルバム。上記のような得体のしれない人物のアップみたいなジャケットってさ、もしかして中身は凄く面白かったりするのとあるのかも、って思っちゃうくらいに中身とジャケットのギャップがあるアルバムかも。ちなみにその筋の人には知られているっであろうメンツとしてはドラムにサイモン・フィリップス、ベースにはBrand Xで知られているジョン・ギブリン、鍵盤にはトニー・ハイマス…ジェフベックとの活動が知られているね。んで、ダンカン・ブラウンが一番マイナーなんじゃないか(笑)?そうだよなぁ…、メトロの人、ってもイマイチだし、他にないし…、稀代のポップクリエーターなんだが、やっぱマイナーだ。バックのメンツの方が有名ってのも何かヘンな感じだがしょうがないな。しかもこのジャケットだから不遇なことにそのメンツを知らない限り売れることはないだろう。

 そんな面々が奏でるアルバム「Wild Places 」の音ってどんなん?って気になるけど、いや、想像通りに演奏は凄いです。軽やかにテクニカルにさり気なく強烈なプレイをさらりとこなしてくれています。ダンカン・ブラウンって人もクラシカル出身のギタリストなので硬質だけどもちろん演奏技術も確かなのでジャケットの適当さに相反した濃い〜プレイが楽しめる作品。こんなトコロでモダン・ポップと英国ジャズ・ロックを結びつけるミッシングリンクが存在していたってのが面白いよね。ミッシング・パーソンズ以前のお話です。音楽性…何だろ?こういうのって自分的には全部同じに聞こえてくるのでテクニカルな演奏とポップが合わさった多様なアルバムってトコかな。プレイヤー視点で聴くと楽しめる、でもリスナー視点で楽しめる曲もあるので万人ウケ、か。