Curved AIr

エア・コンディショニング(紙ジャケット仕様) Air Conditioning 〜 エア・コンディショニング (1970)

英国の不思議なサウンドの象徴は実に多数に及ぶB級ともC級とも呼ばれるサウンドを配したゴッタ煮な音を出すバンドが山のようにいたことで証明さrているのかもしれない。まぁ、商業的に成功するかしないかは別としてアイディアの豊富さは聴く者をとても楽しませてくれるので今でも人気のある時代の音。そしてカーヴド・エアーと呼ばれるバンドもそんな中のひとつとして数えられているのだが、その実デビュー前から話題になっており、複数のレーベルからオファーが入っていたという実力派のはず、だったんだが…。

 1970年リリースのファーストアルバム「エア・コンディショニング」。世界で初のピクチャーディスクとしてリリースされたものが初盤らしいのだが、アナログでそいつを見かけた時は結構な値段がしていたのを思い出した。ピクチャーディスクなんて音悪いし、そんなに価値ないだろ、と思っていたけどオリジナルがピクチャー盤じゃしょうがないわな。ま、それはともかく、この辺の作品は結構中古でも見つからないから探すのに手間取った。でもソーニャという妖しげな女性の歌を聴きたくてなんとか入手したのがこのファーストアルバムだったのだ。

 いやぁ、最初から総評になるけど、アヴァンギャルドな音です。意外と。もっとプログレッシヴなサウンドにソーニャの歌が乗ったのもので、バイオリンが象徴的なサウンドという印象だったんだけど、冷静に聴いてみると楽曲によっては相当に実験的な音でして、「Vivaldi」なんて完全にバイオリンによるアヴァンギャルドサウンド…、だけどこれ、人気あるんだよね。確かテレビ放送されていたのもこの曲だったような…、あとでYouTube探してみよう(笑)。いや、そんなDVD作品もリリースされているし…。ま、それはともかく、最初の「It Happened Today」からして貧弱な音の洪水の中でソーニャがはつらつと色気を振りまいて歌っているのだが、もの凄い違和感とギャップを感じるので面白い。正に時代だなぁ…。ロックでこれほどにバイオリンをフューチャーしたバンドってカーヴド・エアーが最初なんじゃないかな。しかもダリル・ウェイだけじゃなくて、エディ・ジョプソンという天才少年をも生み出したバンドなので、彼等が歴史に存在しなければ多数のロックバンドもなかったかもしれん(笑)。

 まぁ、ヘンな側面から書いてしまったけど、プレイヤーによる迫力を持った作品が半分、半分はソーニャの歌モノという感じで聴ける。中には「Hide And Seek」のようにどう聴いてもB級ロックにしか聞こえないのもあるんだけど、これもカーヴド・エアー的な魅力。この後はもうちょっとプログレ色が出てきたセカンド・アルバムや傑作の誉れ高い「ファンタスマゴリア?ある幻想的な風景?」なんかがあって、フォーク色も出てくるんだけど、やっぱり最初の作品っつうのは面白くて、色々と実験的。好きだね、これ。  ちなみにバンド名はテリー・ライリーという人の「Terry Riley: A Rainbow In Curved Air」から流用したとのことで、ちょっと面白そうなので紹介しときます。電子音楽の世界では割と有名な人ですな。

Second Album Second Album Curved Air - Second Albumセカンドアルバム (1971)

今からしたらあまり考えられないんだけど、カーヴド・エアーというバンドのシングル曲が英国で4位にまでチャートを登って売れまくったって時期があったらしい。1971年頃のお話らしいんだが、カーブド・エアーってそんなにポップだった時期があったっけ?なんて思ってみてもなかなか思い付かない。はて?と思うんだが、それを知った頃ってのはまだCD再発してなかったからカーブド・エアーなんて全然手に入らなくて、アナログでちまちま探して買ってたけどセカンドアルバムはオリジナルが変形ジャケットでリリースされていたことで有名だったので、変形ジャケットのが欲しくて買ってなかったんだよね。見つけても7000円くらいだったからすぐには買わなかったのもあるが(笑)。

 そんなカーブド・エアーの「Second Album」というタイトルズバリの二枚目です。改めて聴いてみても全然ポップじゃないし、とても売れるアルバムとは思えない(笑)。シングルカットで売れたという「Back Street Luv」にしても全然キャッチーじゃなくてなんで売れたんだ?ってなくらい。そもそもこのバンドってもの凄く実験的要素の強いバンドだからヘンなんだよね。フランシス・モンクマンとソーニャ・クリスティ−ナ、ダリル・ウェイで全てが終わる、みたいなさ。ソーニャは演劇出身だからケイト・ブッシュと似てるかもしれないけど、そこまでのシャープさはなくってもっと艶めかしい人で…、いや、どの写真見ても色っぽいもん(笑)。まぁ、要するに艶で先にリスナーを惹き付けたアイドルみたいなもんだろうけど、その分バックの音楽家二名が好き勝手に実験的音楽を創っていったという、今で言うパフュームみたいなもんか(笑)。

 それ故にこの「Second Album」もアーティスティックな創りになっていてA面がダリル・ウェイの作品集、B面がフランシス・モンクマンの作品集。どちらにも言えるのがフランシス・モンクマンのギターよりも鍵盤、それもVSCシンセサイザーに比重が置かれているってことだ。ダリル・ウェイのエレクトリックバイオリンはもちろん妙〜にアシッドな雰囲気を醸し出しているんだけど、そこにVSCシンセが絡むから余計にアシッドになるし、更にそこにソーニャの艶めかしいエロ系の歌声が絡むから、やっぱり普通じゃない音世界になるわな…、と。その分躍動感やポップ感やロック感ってのはかなり欠如するモノになるんだけど、きっとトリップしているヤツには心地良いアルバムだろう、ってなモンだ。芸術的すぎるアルバム、とも言えるが…。そして最後に13分弱にも及ぶ大作「Piece of Mind」を披露するんだけど、これがこの時期のカーブド・エアーというバンドを象徴している。名曲とは思わないけど、凄く雰囲気たっぷりムードたっぷりでアーシーな雰囲気を表現してくれている。マジメに聴いているとホントにどこかに行きそうな音世界だもん。絶対レコーディング中にあキメていたに違いないと思うんだけどどうかね?

 この「Second Album」までのカーブド・エアーが一番実験的だったね。シングルヒット「Back Street Luv」があったからこんなことも他のバンドよりも自由に出来ただろうし…、しかもレーベルはワーナーだったんだから余計に驚く。そんで次の「Phantasmagoria」で一気にバンドとして開花するってところかな。個人的にはやっぱりその後のライブアルバム「Live」が好きなんだけどさ。

Phantasmagoria Curved Air - Phantasmagoriaファンタズマゴリア~ある幻想的な風景 (1972)


クラシック音楽とロックを融合させて、その上で美しい女性ボーカルを乗せていくという手法を実践したのは多分ルネッサンスが最初になるんだろうけど、別の角度から同じ手法論を採っていたバンドにカーブド・エアと言うバンドがある。こちらのアルバムデビューは1970年だから、まぁ、第二期ルネッサンスと同時期のバンドなワケで、よくルネッサンスカーブド・エアってのは比較されるバンドなのだが、その実音の中味的には相当質が異なるものってのが個人的な印象で、ルネッサンスが煌びやかな華のあるクラシカルロックであることに対しカーブド・エアは妖しげな艶のあるバイオリンバンド、そんな感じ。

 カーヴド・エアーの中でも最高傑作として言われることの多い三枚目の「ファンタズマゴリア~ある幻想的な風景」で行ってみよう。1972年リリースの作品で、名曲「マリー・アントワネット」が入っている作品。うん、多彩な変化を遂げていくこの曲はボーカルのソーニャ姫の妖しさにツラれて聴き入ってしまうもので、途中の展開のヘンさ加減からまた戻ってくるところとか心地良いのだ。続く「Melinda」も牧歌的なアコースティックな英国然としたリリカルな曲で美しく微笑ましい。が、やはり艶やかさがあるのは不思議なところ。まぁ、アルバム全体としてまたまだ実験的意欲が溢れている中での作品なので、クラシカルなバイオリンはもちろんフューチャーされているけど、このアルバムではブラスが割と取り上げられていて、盛り上がるトコに上手く使われているって感じかな。どっちかっつうとギターとか目立たないもん。タイトル曲の「ファンタスマゴリア」とかなんかも凄く英国的な曲で、ケイト・ブッシュみたいな感じがするな、今聴くとね。もちろん順序は逆なのでこれが最初なんだろうな。他にも実験色の強い曲が並んでいるので一般的に受け入れられるバンドか、っつうとちと違うかな…。

 今では割と色々な作品がリリースされていてBBCライブやらDVDやら出ているので情報を紐解くことのできる状態なんだけど、自分が漁っていた時なんてCDも全くリリースされていない時だし、アナログで一生懸命探しててさ。それでも初期の三枚とライブ盤はまだ何とか見つかったけど、それ以降のいわゆる売れなくなった時期のアルバムなんて全然見つからなくって苦労したもんなぁ。動く姿なんて見れると思わなかったからDVDの映像は衝撃的でねぇ。ソーニャが動いてる…みたいな感じで嬉しかった(笑)。

 1990年に再結成ライブをやっていたようで、そのCD「Alive 1990」が出てる…、知らなかったなぁ。果たしてどんなもんなんだろう?

Air Cut Air Cut 〜 Air Cut (1973)


 ここ最近再結成して何と旧作のセルフカバーを中心とするニューアルバム「リボーン」までもリリースしてしまい、更に驚くことに2月には来日公演まで行ってしまうという驚くべき出来事を成し遂げようとしているカーブド・エアー。もちろんソーニャ・クリスティーナ率いる、っていう言い方でいいんだろうと思うが…。

 うん、ここでカーブド・エアーってのはだ、まぁ、コージー・パウエルの「サンダーストーム」を書いた時の発見が面白くてさ。カーヴィー・グロブナーって…、カーブド・エアーの「Air Cut」の時のギタリストで、一曲目の「The Purple Speed Queen」での思い切りノリの良いカッティングギター弾いていた人だもんなぁ…と改めて「Air Cut」を聴いていた次第。まぁ、有名なのは「Metamophosis」なんだけど、アルバム全体的にもかなり異色の出来映えでクラシカルなプログレッシヴロックからもっとロック寄りの演奏と楽曲が収められた作品でロック好きな人には聴きやすいアルバム。それまではバイオリン中心っていうか、クラシカル中心な楽曲だったのでちょっと取っ付きにくい部分あったと思うもん。そんな「Air Cut」なんだけど、どの曲も美しさは持っているんだけど、聴きやすいポップさも持っていて、シンセなんかも登場してきて結構どこ行っちゃうの?っていう状態ではある…。

 結局この一枚だけダリル・ウェイとフランシス・モンクマンがいない作品で、この後も結局戻ってきて一緒にアルバム作ってるし、ヘンなメンバー関係のバンド。まぁ、一番好きなのはこの後再編メンバーでの「Live」なんだけど、この「Air Cut」はおもちゃ箱のような楽しさがある。「World」とか楽しくてウキウキしちゃうような曲で、エディ・ジョプソンが頑張ってる。そうそう、このアルバムのクレジットを見直していて気付いたんだけど、この「Air Cut」が1973年リリースの作品で、プロデューサーはファーストアルバムとも同じコリン・コールドウェルって人。んで、この人1972年にリリースの「Black Sabbath, Vol.4」のエンジニアもやってるワケよ。これほどまでに異なる音楽の両方の制作に関わっているってのは面白い人だなぁと思う次第で。ホントに音的には特に共通点ないから不思議だけど。

 やっぱりバイオリンって楽器は聴いている者をヒステリックな気分にさせる音色だといつも思う。盛り上がるんだけどさ。そういう所を上手く使ってギターと絡み合わせたりして非常にロック的に楽しめるアルバムに仕上がってるし、やっぱソーニャ・クリスティーナの歌声は好きだ。今の姿は見たくないが、この頃の姿は実に艶っぽくて素晴らしい。そこにこんなエロティックなベースラインとバイオリンっつうのがよろしい。もちろん英国ロック的な気品があるから許されるんだけどね♪

 そうそう1990年代初頭に唐突にCD屋に並んだ「Love Child」っつうCDがあって、何だろうな、これは?とず〜っと思っていたんだけど、実はこの「Air Cut」期のデモテイクやアウトテイクなどの寄せ集めらしいことが判明。なるほど…、しかしどんな音が入っていたのか全く記憶にないのだった…。

Live LiveLive (1975)


ロックにおけるフィドル=バイオリンが使われ始めたのは多分60年代後半くらいからだと思うが、ごった煮の何でもアリ的なロックが盛んとなった時期に持ち込まれてきている。フェアポート・コンベンションなんてのはトラッドから来ているからそうした楽器の使われ方ってのは不思議ではないが、ロックのフィールドで意識的に使われ始めたのは70年代初期だろう。もちろんキング・クリムゾンなんていう化け物も存在するんだけど、ちょっと変わったところではカーブド・エアーってのが結構良い。もちろんボーカルがお嬢様ってのも聴くには大きく左右しているのだが。

 カーブド・エアーのボーカルを務めているのは紅一点の実に美しいソーニャ・クリスティーナだが、ファーストアルバムでは妙にサイケなギターとバイオリンの織り出すミスマッチな過激さがユニークな荒削りなサウンドで、ちょっと異質な印象。一括りにプログレッシブロックとも云えない時期。セカンドアルバムでは変形6面開きのジャケットがコレクター心をくすぐる作りだったが、音の方も繊細になり、小曲がマニア心をくすぐる秀作。で、サード「ファンタスマゴリア」になると物語性が出てきて名曲も数多く収録され、ジャズ系の面々も揃えたバランスの良い作品なので人気が高い。

 が、ここで取り上げるのはその次にリリースされた、実態の見えにくいこの時期のプログレッシブバンドには珍しい「ライブ」だ。最初の三枚を聴いてからこのライブを聴くと「え?」って云うくらい激しいロックバンドの音なのだ。ソーニャの歌はヒステリックに叫びまくっているし、バンドのサウンドもごまかしのない正にロックバンドの音で、何となくベールに包まれていたプログレバンドの生々しい証明って感じ。バイオリンって実はロックな楽器なんだ〜っていうこともよくわかる。「It Happened Today」からもうハードロック的な音だし(は言い過ぎだが)、綿密に構成された「マリー・アントワネット」って曲ももっと繊細なモノとして聴いていたのがあれ?って感じ(笑)。プログレ〜?って嫌悪感のある人も全くそんなこと知らなくてもかっこいいこのライブアルバムこそがこのバンド素晴らしいトコロのはずなのだが…、割と無視されてるかな。

 …と云うのもこの作品以降メンバーががらりと変わり、ドラムには後にポリスに参加することとなるスチュワート・コープランドが座り、この歌姫を妻に据えているのもさすがだが、またもや落ち着いたサウンドに舞い戻ることとなる。こうして聴いているとカーブド・エアーというバンドの歴史においてこのライブ盤は実にはみ出たアルバムで、浮いている。が、そのおかげで妙に人間くさいバンドとして記憶に残るプログレバンドのひとつとして君臨(?)することとなったのだ…。そういえば1972年のライブ(テレビ映像)がDVDでリリースされているのでこいつを見るのも一興かな。