Pink Floyd

エマーソン、レイク&パーマー(K2HD紙ジャケット仕様) Emerson, Lake & Palmer 〜 エマーソン、レイク&パーマー(1970)

1970年キング・クリムゾンを脱退したグレッグ・レイクナイスのメンバーに限界を感じていたキース・エマーソンがアトミック・ルースターでドラムを叩いていたカール・パーマーを誘い結成したのがEL&Pで、彼等の最初のステージはあの1970年8月末に行われたワイト島フェスティバルだった。そのライブを見るとわかるんだけど、ステージ脇には大砲があって、演出としてそれを使っているシーンが映画にも登場しているが、これが初ライブバンドのステージングかね?ま、プロなのでそんなもんなんだろうけど、正直器の大きさを感じる面は多いよね。演奏内容もものすごくロックしていて、キース・エマーソンの鍵盤に対するプレイは正にレイプという言葉が似合うし…、これで印象付けられたEL&Pの以降の活動は全うにクラシカルな音楽性を中心とした作品をゾクゾクと発表し、それでいてグレッグ・レイクのアコースティックな側面も強調されるというバンドとしての方向性が明確になっていった。

 そんな彼等の歴史の中で名盤と呼ばれるものは数多く、「展覧会の絵」「恐怖の頭脳改革」「トリロジー」「タルカス」とそれもこれもたたえるファンは多いし、実際に名盤なんだろう。しかし個人的にはやっぱりファーストアルバムが一番なのだ。ロックなんだよなぁ。ミュージシャンである前にロックなんだよ、このアルバムだけは。以降はやっぱりテクニックも才能もあるミュージシャンの作品という感じがするし、そもそもやっぱりハードなギターとか入っていないのでその分を鍵盤で埋めるしかないじゃない?でもそれがあまりにもシンセやクラシカルなサウンドで置き換えられていてこの時代独特のロックの雰囲気が損なわれている、って感じる面もある。もちろん鍵盤ができることによってかなりサウンドの幅が広がって名作傑作もいっぱいある。でも、ことロック的なアルバムとしてはやっぱりファースト♪ 多分歪んだギター好きだから、ここでのエマーソンのプレイが一番好きなの。ライブは凄くロックな人達なんだろうなぁと思うし、実際ワイト島のライブ見るとロックだし、このバンドかっちょいい〜って思うもん。

 1990年にThe Bestというバンド(ジョン・エントウィッスル、キース・エマーソン、サイモン・フィリップスジョー・ウォルシュなど)で来日した際のライブを見たのが最初の生エマーソン体験で、ウワサに聞いていたピアノへのナイフ刺しを見せてくれてかっこいいなぁと素直に思わせるパフォーマンスだったのが記憶にある。多分両方の側面をもった希有なミュージシャンでなんだろうなぁ、だからこそ最初期のバンドの勢いが感じられるファーストアルバムが一番好き。ヘヴィーじゃなくってハードなアルバム。うん。

Tarkus Tarkus 〜 タルカス(1971)

まだプログレッシヴロックという言葉がはっきりと定義できていない1970年初頭、日本ではフロイドのアルバムに付けられた帯でプログレの定義が成されたようだが、そういう意味ではなくって音楽的に…というか、我々が今考えているプログレらしい曲、バンドっつうものを最初に打ち出したのがEL&Pの「Tarkus」なのかもしれない。他のプログレバンドが1971年にリリースしたアルバムを見てみると…

King Crimson 「Islands」…混沌
Pink Floyd 「Meddle」…雰囲気
Genesis 「Nursery Cryme」…おもちゃ
Yes 「Fragile」…美楽
EL&P 「Tarkus」…ピコピコ
Gentl Giant 「Acquiring the Taste」…構築美
Soft Machine 「Third」…ジャズ
Moody Blues 「Every Good Boy Deserves Favour」…叙情

 …とまぁ、もちろんそれらしいアルバムが出揃ってきてはいるんだけど、なんつうのかな、ピコピコプログレってEL&Pの「Tarkus」なワケよ。他は叙情性っつうか構築美っつうか…。う〜ん、多分ね鍵盤が前に出ていて、ギターとかないから余計にそう聞こえるんだと思う。まぁ、イメージをサブで書いてあるけどさ、どのバンドも個性的だったっつうとこでプログレとは何?みたいになるんだけど…。ま、雑談はその辺にしときましょ。

 で、「Tarkus」。よくわかんないけどEL&P=シンセバンド、という定義付けされたアルバムでもあるし、それはもちろんA面最初の、と言うかA面のタイトル曲に依存するところが大きいハズ。ドラマティックっつうんじゃないけど、色々な音が鳴り響いて、テーマもあって、それでいて演奏だけに走らずきちんとレイクの歌もしっかりと歌われているというもので、そのバランスが見事なんだろうと。ピコピコばっかりの代表曲でもあるんだけどね。巧いのはこれだけの大作を聴かせた後、きちんと和ませるように小曲が差し込まれていて、それが凄くポップに聞こえるワケで、それもまたEL&Pの特色なんだよな。基本的にカール・パーマーは別としてグレッグ・レイクは歌心旺盛な人だから小曲好きだしね。パーマーのドラムが実は結構良くってさ、軽めにロールするドラミングで英国プログレ的な音なのだ。B面はレイクのロック魂からスタートするので、これはまだファーストのハードロックEL&Pを引きずって昇華した良いパターン。こういう方が聴きやすいな…。どうもエマーソン主体の曲はやっぱり好みではないのだ。多分ギター弾き的に面白くないからだと思うけど(笑)。だからこのバンドって聴いていて、誰が主導の曲かってのは何となくすぐわかるもん。ま、誰でもわかるんだろうな(笑)。

 ただね、このバンドのパフォーマンスを早い段階で見ていたら変わっただろうなぁ、それは思う。だから音はともかくビジュアルからも入るべきバンドだよね。そうするともっと素直に聴けるハズ。アルバムは良いって云う人が多いからきっと良いんだろう、そう思って何度も挑戦したけど…やっぱ好みではなかった(笑)。

展覧会の絵(K2HD紙ジャケット仕様) Pictures At An Exhibition Emerson, Lake & Palmer - PICTURES AT AN EXHIBITION (展覧会の絵)展覧会の絵(1972)

 EL&P、エマーソン、レイク&パーマーもアトランティック関連のバンドだったんだなぁとしみじみと思ってしまったが、やっぱりワーナーの配下になってアトコを運営したり色々と手広くしていったためか所属アーティストも膨大になっていて調べてたら凄いことになってしまったので、まぁ、適当に薦めるかと諦めたところです(笑)。

 そこでEL&Pなのだが、代表作と言われることの多い1971年リリースの「展覧会の絵」です。いや、あまりに有名なアルバムで自分的には書くことなど特にないのだけど、いいかな、そろそろ?って感じです(笑)。アルバムリリースの経緯ってのもなかなか面白くて、セカンドアルバム「タルカス」を録音後の3月からのツアーでプレイするための曲としてこのムソルグスキーの「展覧会の絵」のロックバージョンを実行に移していた。「タルカス」リリースは5月だったため、ライブに行ったファンは皆この「展覧会の絵」が入っているものだと想像したが全く入っていないアルバムとなっていて、幻のライブ曲だ、みたいになったのか話題沸騰となったようだ。まぁ、ここまで言うと大げさだろうけど、案の定これらの楽曲を押さえた海賊盤が世に出回った関係上、そもそもライブ録音していた3月26日のニューキャッスル公演から抜粋されてアルバムリリースとなったのが「展覧会の絵」なのだ。故に普通のライブ盤とは大きく異なり、既発曲は当然入っていないし、普通に聴いたらライブ盤とも意識しないかもしれない。それくらい完成度の高いライブで印象深い「展覧会の絵」のプレイってとこか。

 …で、まぁ、そんなことで昔から何回も挑戦して聴いたんだけどさ。そりゃ一家に一枚って言われるくらい有名なワケだし、しかもムソルグスキーの展覧会の絵でしょ?なので頑張ったさ。さっきも超久々に聴いたのさ。

 …が、やっぱりダメ(笑)。面白くないんだよねぇ、これ。っつうか自分的にはこういうのわかんないらしい。多少口ずさめるのもあるし、ああ、これこれ、ってのもあるんだけど何かねぇ、聴いてると眠ってしまうんだよ(笑)。このブログを見ている人ってこれ嫌いな人少ないと思うんだけどさ、ま、しょうがないじゃん。トライしてもダメなんだから。EL&Pそのものがキライかと言われるとそうでもないんだけど、このアルバムはホントに評判とは全く相容れない。オルガン一辺倒だからかなぁ。

 なことで、アトランティック関連のバンドってことで持ってきたけど、こんな書き方になってしまった(笑)。ま、あまり気にせずに次に進もうっ♪

恐怖の頭脳改革(K2HD/紙ジャケット仕様) Brain Salad Surgery Emerson, Lake & Palmer - BRAIN SALAD SURGERY (恐怖の頭脳改革)恐怖の頭脳改革(1973)

鍵盤系ロックの中では間違いなく最高峰と言われるキース・エマーソン率いるEL&P。プログレバンドという括りの中でも一番だろうし、ロック系という中でも鍵盤系という中では確実に最高の栄誉を受けているバンドだろう。ルネッサンスや他の鍵盤中心のバンドとは大きく異なるのがキース・エマーソンのロック的パフォーマンス…じゃなくて(笑)、ハモンドとムーグとシンセサイザーなどなどの当時最先端の楽器をどこまで使い倒して曲として成立させるか、みたいな挑戦が突き付けられている部分が大きかったんだろう。その他バンドではどこかでそういう音色のする楽器を聴いてから自分たちの曲にこういう音を入れてみよう、じゃあシンセサイザー的に使ってみて…ってのが多いし、現代でもそういう風潮のハズなんだけど、キース・エマーソンは多分、シンセの音から楽曲をイメージしてる部分はあるだろうし、もっとも同時に閃くのもあるだろう。だから楽器というものの進化と自分が奏でる音楽とはかなり密接している関係だったんじゃないかと。だからEL&Pって一般的な名曲ってあまりないんだよ…、多分。でも楽器触る人からしたら決して忘れられないバンドや曲って存在だったんじゃないかな。自分はそうでもなかったけど。

 んでも凄く好きって人も多いし、楽器やらなくても曲として好きって人も多いだろう。はて、やっぱアルバム単位の曲の良さ?それとも?って思うとクラシックから流れてくるってのは割とあるみたいで、そりゃそうか、と思う。クラシック畑からしてもこういう音の使い方ってヘンだろうからか。ふん…、自分的にはかなり進化してしまった音なのであまりついていけていない、ということか。好みもあるが。

 そして1973年にリリースされたH.R.ギーガーのジャケットが強烈な「恐怖の頭脳改革」。自分が「恐怖の頭脳改革」を知ったのは映画「エイリアン」を見た後だったのですぐにギーガーの作品と「エイリアン」が結びついてしまって、忘れられないジャケットの一つになっている。ところがその中味を聴いたのはもう少し経ってから…、しかもロックバリバリの気分で聴いていたからEL&Pってのはどうにも冗長すぎるバンドのひとつだった。その後プログレなどをひたすら聴いていて克服している部分もあったんだろうけど、今でも最初には手に取らないバンドなんだよな、EL&P(笑)。とか言っても結構アルバム聴いてたりするから知ってるんだな、ってのは自分でもあるが…。

 「恐怖の頭脳改革」という作品はB面の「悪の教典#9」ってのがさ…、何じゃこりゃ?って感じか?詰め込みまくった音世界の30分、ピコピコ、ギョワーン、ドタバタ、ブイブイ…と何でもありの音色がなってきて何かのパレードのように音が洪水のように流れていきます。ものすごいエネルギーと集中力を感じるワケなのですが、良い曲とかどうかってのは全くわかりません。圧巻、というのは共感するんだけど、コピーして徹底的にプレイしてみたいか?ってのとはちょっと違うんだよね。もっともエマーソンの鍵盤だからそんなの無理なんだが(笑)。

 ただ世の中的には相当の名盤扱いだし、やはり聴いておいて然るべきアルバムのようだ。自分的には未だによく理解出来ていないので何とも言えないんだけど、こんだけ聴いてここまでしか書けないんだから、そろそろ折り合いつけようかな(笑)。

エマーソン、レイク&パウエル+2 Emerson Lake & Powell〜 エマーソン、レイク&パウエル(1986)

 80年代までバンドが持たなかったEL&Pは70年代最期の作品「Love Beach」でバンドの醜態をさらけ出している…とは言い過ぎか(笑)。いや、驚きのジャケットに驚きの中身ってことで、今でもこの作品はなかったことになっているケースが多いのだが、「Love Beach」がリリースされたのが1978年。その後EL&P再結成の話題は特に持ち出されなかったようだが、キース・エマーソンは自身のソロ作をこなすにあたりいくつものデモテープを作りアプローチしていたところ、やはり失業中とも云えたグレッグ・レイクと一緒にまたやろうか、ということになった。しかしエイジア大ヒット中のカール・パーマーは当然オールドタイムなEL&Pには見向きもせず、結局同じく渡り鳥状態で若干隙間のあったコージー・パウエルに白羽の矢を立ててバンド結成することになった…。これがEL&Pの80年代である…。

 唯一のスタジオ録音作品「エマーソン、レイク&パウエル」でして、且つドラムがコージー・パウエルってんだからどんなんだろ?とも思うけど、これがかなりエマーソンとハマっていたりするので面白い。やっぱり二人ともロックフィールドの方々なワケでして、荒さと音楽的なところで面白さが出てくるんだろうな。このまま何枚かやっていたら面白かったのにとも思う。ただ、まぁ、やっぱり鍵盤中心でレイクの歌なので幅の狭さは出てしまいがちって部分はあるのはやむを得ないところか。コレっつう曲がないのがちと難しい。全体的にはEL&Pだ〜ってイメージなんだけどさ。

 クラシックからの流用でもある「火星」で思い切り好みの音を展開しているけど、80年代とか関係なしの音ですな(笑)。ただ、ユニークな試みだろうし、メンバーと遊ぶには良いのかもしれないと思うが何かが欠落している気がするのは何だろう?悲愴感?だけじゃないよな…。どこか宙ぶらりんな感じで出来上がっているところかもしれないし、やや才能に限界を感じてきたプレイヤーの集まりとも云える部分か…、いや、それは失礼か。

 意外性のメンバーとの融合による新鮮さ、という面は機能しているが短命に終わったのはやはりひとつの機軸を打ち出せなかったジレンマか、はたまたファンが望む形態になっていなかったか…。難しい反応だね、こういうのは。

From the Beginning Anthology Greg Lake - From the Beginning Anthology

 キング・クリムゾンのオリジナルメンバーだったグレッグ・レイクと同じくプログレの代表格となっているEL&Pのグレッグ・レイクというのが同一人物だというのは最初は驚きだった。もちろん後追いなのでその辺の歴史的な部分が結構ごっちゃになっていて、クリムゾンやEL&Pってのは同時代のバンドだと思ってたからかな。それに気付いた時、グレッグ・レイクって凄い人だなぁ、ふたつの偉大なバンドのオリジナルメンバーだったんだ…などと感激していたことがある。なんかね、バンドってさ、それまでは一回組んだらもうずっとそのまま、みたいなモンだと思ってたからジャズみたいにリーダーが変わってメンバーが替わるっていう感覚はなかったんだよな。ところがクリムゾンの歴史を垣間見ると全アルバム同じメンバーってことがほとんどないワケでさ、なんじゃこりゃ?ってのが先だったね。

 そんな中、グレッグ・レイクのベーシストとしての認識はジョン・ウェットンのそれと似ている部分は多いのかもしれない。ベーシストだけどギター弾いて歌も歌うっていうミュージシャンだしさ。この人もキャリア長いから色々やってるけどやっぱクリムゾンの最初のベースの凄さが印象的で、まぁ、そういうべーシストの走りだよね。EL&Pになってからもプログレベース路線なんだけど、結構この人がロックしてたっていうの大きいんじゃないかな。音楽的と言うよりも何かロック。でさ、面白いコトに80年代のスーパーグループとなってもうじき来日するエイジアにも一瞬だけ参加しているんだな。ジョン・ウェットンが来日公演前に離脱して、その代役を務めたのがグレッグ・レイク。で、すぐレイクも脱退してしまうとまたジョン・ウェットンが復活するという顛末があり、どことなく二人の役割が似通っているってのも面白いね。

 しかしこの人、ハードロッカー達からも引っ張りだこ状態でゲイリー・ムーアともアルバム作っちゃうし、エマーソン・レイク&コージー・パウエルってバンドもあったりする…。で、リンゴ・スターのオールスターバンドにも参加してて、やっぱ昔の名前の人になっちゃってるんだな。面白いトコロではザ・フーのベスト盤に収録された新曲に参加しているっつう、やっぱりロッカーの血が騒ぐのか、はたまたどういう繋がりがあったのか結構疑問だが、驚いたものだ。

NiceNice - Nice (1969)

 そういえばグリーンスレイドとかレア・バードとか聴いている時に、鍵盤ロックって言えばEL&Pとかナイスだろうなぁ…なんて思っていたんだっけ。すっかりとコロシアム関連の方に流れていってしまい、その楽曲と演奏レベルの高さに熱くなってしまったので、そのまま進んでしまうところだったのだが、ちょっと前に戻ってギターレスの鍵盤ロックの代表格でもあるEL&Pはともかく、その前のザ・ナイスについては取り上げたことがないのでちょこっと聴いてみよう〜。

 1969年にリリースしたナイスの三枚目のアルバムにしてセルフタイトルとなった「Nice」です。邦題はちょっと安直だろうという気がするのだが、まぁ、聴いた印象がそうだったんだろうね。やっぱりキース・エマーソンの存在が目立ち始めているし、っつうかそれなくしてバンドが成り立たないだろうから、ってのはあるが、割とリー・ジャクソンのベースも存在感たっぷりで面白いな。この二人の柱がナイスの肝だろうけど、キース・エマーソンってベーシストは好きだよね、きっと。リー・ジャクソンってこの後ジャクソン・ハイツっての作って何枚かアルバム出てるし、あんまり覚えてないけどまた聴いてみるかな…。

 さて、ナイスとしての三枚目にして「Nice」というタイトルでアルバムリリースなので自信ありきだろうが、その自信通りに完成度の高い楽曲群がアルバムを占める。スタジオ作品が4曲、ライブ収録が2曲ってことで後にEL&Pでも定番になる「Rondo」なんてのはもう最初からあのまま(笑)。ナイスもEL&Pも関係なくエマーソンの世界ですねぇ。スタジオ作品の方も、かなりハイレベルで面白いアプローチが聴けます。個人的にこういう鍵盤ってのはわかるけど好みではないので避けていたってのはあるなぁ…。なんでだろ?それでもライブ盤の方になると血が騒ぐんだよね。かっちょよいもン。多分躍動感が好きなんだろうと思う。これこそエマーソン!っていう走り方。ナイスでもこういうライブやってたってのがよくわかる作品。

 この後しばらくしてからEL&Pになるんだけど、まだまだクラシックとの融合や名作アルバム「Five Bridges」なんてのもリリースするんだから過度期の作品として楽しめる一枚だ。