King Crimson Related

Mcdonald & Giles [HDCD]McDonald & Giles - Mcdonald & Giles(1970)

 1970年、英国アンダーグラウンドロックが盛んになっている頃、キング・クリムゾンで一旗揚げた連中がこぞってバンドを辞めて、更なる成功を掴みに行こうとしていたのか、単に渡り鳥的なミュージシャン気質がそうさせたのかはたまたフリップ卿への嫌悪感だけでそうなったのか、理由は多々ありそうなものだが、そのおかげで実に良い作品が幾つも聴けることとなったことには感謝せざるを得ないだろうなぁ。クリムゾンのメンバーがクリムゾンにこだわってしまったらそれぞれから派生したバンドが聴けなかった可能性があるワケで、例えばグレッグ・レイクがそのままクリムゾンにいたらEL&Pはどうなっただろう?とか(笑)。まぁ、そういうワケでバンドメンバーが固定されなかったことがシーンにとっては良い結果を与えてくれたとするならば、クリムゾンよりもクリムゾンらしくなるはずだったバンド(ユニット)がMcdonald & Gilesではないだろうか。

 クリムゾンを脱退したばかりのイアン・マクドナルドとマイケル・ジャイルズによるユニットがクローズアップされているものの実際にはピーター・ジャイルズという弟くんやピート・シンフィールドの歌詞までもが登場するワケで、実質これだけでもオリジナルクリムゾンを凌駕するほどの面子でしょ?そこに何とマルチプレイヤーとして既に世間に知られていたプロ中のプロ、スティーヴ・ウィンウッドがその隙間を埋めるように華を添えているのだ。

 アルバムを流すと最初から心地良いギターサウンドで英国だなぁ〜っていう感じなんだよ。こういうのはB級もメジャーも関係なしで音色で反応してしまうところなんだけどさ、ドラムが入ってくるとね、あぁ、これこれ、これこそマイケル・ジャイルズのドラミングだよ、っていうプレイと音。このスネアが心地良いのだ。最初から11分の曲で歌詞も一応あるんだけどコーラスワークの方が印象的で、そもそも歌っていう部分が少なくて長い起承転結を持ったインストものに近い音。そして更に心地良くさせてくれるのがフルートの音だよ。クリムゾンで聴けた優しい世界だけを抜き出したアルバムって感じで本家がハード路線を走っていたのとは別にクリムゾンのもう一つの側面を全面に出していったのがこの作品。ピーター・ジャイルズのベースもクリムゾンらしいと言ってはおかしいけれど、しっかりとこのバンドにハマっている、そしてプログレッシブにラインを刻んでいる素晴らしいものだ。多分スティーヴ・ウィンウッドが弾いていると思う鍵盤もかなりアヴァンギャルドで、クリムゾンでのキース・ティペットと相通じるかのような演奏なので、この時点まではクリムゾンと音楽的な方向性は似たようなモノがあったようにも思えるよね。

 なかなかクリムゾン関連のアルバムを漁らない人でもこの作品は是非聴いてもらいたい一枚で、ホントにクリムゾンの毒の部分が抜けた感じの英国プログレッシヴ…というかそんなにプログレって感じでもなくって、英国ロックの音、そしてこれぞメジャーの音とも云える作品。いわゆるB級バンドと呼ばれる類の音楽性と同じようなサウンドの結果となっているものの当然ながら圧倒的にメジャーな音に仕上がっているという素晴らしきアルバムだね。

モンキー・ビジネス John Wetton + Richard Palmer James - モンキー・ビジネス(Rare Takes)

 クリスマスイブ…、だからどうした(笑)。まぁ、それを祝ってもどうしようもないし、気にしてもしょうがないっていうことにしておこうじゃないか。ロックとクリスマスイブってのはあまりリンクしないものなんだよ、きっと(笑)。

 さてさて、クリムゾンの世界に入ってしまうとそこには無限のファミリーツリーが広がってしまうと云う図式(笑)。そりゃ今だって現役で動いているワケだから増えていく一方だしね。まぁ、そこはキリがないので、とりあえず適当に…。90年代半ば頃からオールドタイマーな面々はなぜか活動を再開する人が多かった。我らがジョン・ウェットンは別に活動休止していたワケじゃないけど、あんまりパッとしなかった時代でもありましたな、と。そんな時にソロ活動等で再開してリリースされたアルバムがこれ「モンキー・ビジネス」。

 新旧織り交ぜたライブやらデモやら断片のサウンドを纏め上げたCDで、もっと上手く作れば凄く話題になったハズなのに、ジョン・ウェットンのひとつのソロ作品的に出された感もあって、内容の面白さに話題がついていかなかったもののひとつ。

 だってさ、クリムゾン時代のブラッフォードとのセッションやデモテイクなんてのもいっぱい入っているし、それを聴いているとこの人もマルチプレイヤーで才能ある人だなぁ〜ってのもよくわかる。高校時代からの友人である、リチャード・パーマー・ジェイムズも相当の才能の持ち主で、二人の友人同志がそんなのを纏め上げました、ついでに最近のライブ音源もいくつか入れておくね。それもカバーとかあるから楽しめるよ、みたいな感じでさ。中には1974年のジョン・ウェットンのデモテープからの「Woman」なんてのもあって、面白いし、タイトルの付けられていない曲もある。ちょこっと気になったのは1991年の「The NIght Watch」とかね。しかしまぁ、冒頭からオールドな名曲「Too Much Monkey Business」というロックンロールが飛び出てくるから驚く。もちろん音楽ビジネス全般に対して批判するには良い曲だから、ってことでわざわざライブで録音したんだと思うけど。

 しかし70年代の音を聴いているとブラッフォードとは結構息が合ってたんだろうな…。一緒にこれだけデモを作ってるってのはやっぱり鉄壁のリズム隊ならではの呼吸か。だからU.K.にも発展するってのも当然のことだったんだな、とロックの裏が見える面白い音源集。そして「Book of Saturday」は1994年の大阪公演から録音されているのも日本人的に嬉しいよね。しかもこんな曲…、やっぱメロディがしっかりした曲はどんなアレンジでも良いものだ。更に「Starless」はともかく「Doctor Diamond」が入ってるのもいいね。ジョン・ウェットンってピアノも結構弾くんだなぁ…と感心。ピアノ弾いてベースあれだけ弾いて歌ってギターも弾いて…、う〜ん、ミュージシャンだ…。そして最後にもう一度「Starless」で締め。これがまた美しいアレンジで涙チョチョ切れるんだな。

 改めてソングライティングの高さに感心した次第だけど、ソロ作ってあんまり聴いてないからちょっと手を出してみたくなる。クリムゾンの破壊力に心奪われてしまったが、こういうの聴くとそれだけじゃない所にも耳が向くのも良い。ちょっと違った角度からのアプローチも常に必要だね。

ICON (+ 5 Bonus Tracks) (re-issue) Wetton / Downes - ICON (2005)

 大英帝国の誇りと威厳を感じる楽曲ってのも挙げればキリがないんだけど、聴いた瞬間にこれはもう〜って感じで圧倒されるのは多くはない。それでも脈々とその流れは受け継がれていてアチラコチラで聴くことができるのが嬉しい。そういう音に出会うたびにニヤッとしてしまうもんね。さて、全然自分では知らなかったアルバムなんだけど、Twitterでフォロワーさんが呟いていたのを見て、どんなん?ってことで気になったので聴いてみたらかなり気に入ってしまったという大英帝国の誇り高き栄光を感じる2005年にリリースされた作品。

 ご存知ジョン・ウェットンとジェフリー・ダウンズの2名によるプロジェクトの最初の作品「ICON」。以降も何枚か出しているみたいなのでいずれ聴いていきたいなと思ってるけど、とにかくソングライティングが見事で、どこにもせせこましいトコロはないし、堂々と威厳を出しながらどっしりと大英帝国ぶりを発揮してくれている。それでいてメロディアスで聴きやすく美しく繊細なサウンド…、正にブリティッシュロックです、これこういうのなんです、英国って♪

 所詮エイジアへの再挑戦なんじゃないか?っていうアレもあるんだろうけどさ、比べるモンじゃなくていいんじゃない、っていう…、いや、こっちのが好きだもん、自分。ポップさがなくてメロディアスさが豊富なんだよ、「ICON」は。しかもジョン・ウェットンも相当気合入れて歌っているみたいで往年の歌声に風格が加わった余裕が素晴らしい。楽曲もこれまた二人で共作していっているようで、どっちもどっちのセンスが混ざっていてアルバムとして見事にハイレベルなサウンドに仕上がってるし。どれもこれもが美しく荘厳な雰囲気に包まれた、そしてコーラスワークやサウンドの上品さも真似できない世界。2005年にこんな音を出してくれたのは凄い。だからエイジアの再結成にも繋がったんだろう。

 更に最後の「In The End」に驚くべきおまけを付けてくれたのがこちらも再結成劇で往年のプログレファンを賑わせてくれたルネッサンスのアニー・ハスラムのゲスト参加。すなわちジョン・ウェットンとアニー・ハスラムのデュエットが聴けるワケですよ。それもこのゴージャスな音世界で双方が堂々と渡り合って聴かせてくれる素晴らしさ。作る側もよくわかってる。だから故になのか、フルートではイアン・マクドナルルドを参加させて更におまけの要素を増やすというジェフリー・ダウンズの発想。見事にリスナーはヤラれますね、これ。そんなゲストと話題がなくても十二分に楽しませてくれるのに、最後にコレだもんな。

 続編も出てるから聴けるのが楽しみなジョン・ウェットンとジェフリー・ダウンズのプロジェクト「ICON」。エイジアとはやや異なる世界での挑戦をこれからも楽しませてほしいですね。

It Is and It Isn'tGordon Haskell - It Is and It Isn't (1974)

 クリムゾン史上最も劣悪な扱いを受けているゴードン・ハスケルという人はフリップ卿の学校の友達だったのだ。まぁ、一番適当なところから拝借してきているって気もするのでフリップ卿も友人関係とは別に評価だけで判断しているんだろうけど、可哀相なのはハスケル氏だろうなぁ。とは言えどもクリムゾンに加入する前から自分のバンドでシングル出したり、自身のソロとしてアルバムをリリースしたりしていたワケなので決して酷評されるようなミュージシャンではない。逆に友人だったからこそ、そのような評価をされてしまっているのではないだろうか。ハスケル氏としてはクリムゾンに参加さえしなければ平穏な日々だったのに、と思ったかそのおかげで脚光を浴びれたことを感謝していることか…。いずれにしてもハスケル氏がクリムゾン脱退後にリリースしたアルバムはそれなりの注目を浴びたことは間違いない。

 「It Is and It Isn't」=邦題「歳時期」

 まずもって面子が素晴らしいのだ。ジョン・ウェットン、アラン・バリー(Fields)、デイヴ・カフィネッティ(Rare Bird)、ビル・アトキンソンっつうところで、鍵盤バンドとして名高いRare BirdとFieldsの面々にジョン・ウェットンという組み合わせ。ちなみにフィールズにはそれこそクリムゾンでドラムを叩いているアンディ・マッカロックが参加していたワケで、偶然とは云えなかなか興味深い人選。そして肝心のやっている音楽は…。ハスケル氏作曲のほのぼのソフトなアコースティックサウンド中心の牧歌的な歌モノ。ただし、ジョン・ウェットンのベースが滅茶苦茶歌っているベースで、このプレイはさすがだなぁと感心してしまう。もちろん鍵盤もしっかりと曲の面白い要素を打ち出しているのでバックのセンスは素晴らしい。そしてハスケル氏の歌声も個人的に嫌いではないので何かホッとするような感じで良いのだが、いかんせん、曲が面白くない(笑)。どれもこれも似たような印象の曲ばかりでやっぱりそういう意味では才能がなかったのかなぁ、と思ってしまう。ただ、こういうアメリカに影響されたようなフォーク的音楽が好きなファンには受ける内容だろうね。クリムゾンの幻想に縛られないファンが聴く分には良いはずなのだが…、ちょっと好みではなかった。

 そのためか配給元がアトランティックであった割に再発もされずに埋もれていたようでアナログ時代からスーパーレアな作品だったし、見つけてもボロボロだったりしてなかなか貴重なアルバムだったのだ。93年に初めてCD化された時に速攻で入手して聴いたんだけど、やっぱ待ち望んでいたこともあって好きになろうとはしたんだがなぁ(笑)。で、今見たら今もまたレアなアイテムになっているのな。内容知ってるとそうか…とも思うんだが。

 蛇足…、知ってる人は知ってるんだろうけど、この人、山口百恵のロンドンレコーディングアルバム「GOLDEN FLIGHT」にバンドメンバーで参加していることから百恵さんとは知り合いらしい。

David Sylvian & Robert Fripp - The First Day

 ひとつのバンドが解体するとまた新しいバンドやソロアーティストが誕生する。中にはとんでもない面々がタイミングの運命によってひとつのバンドを結成することもあり、時にスーパーバンドとして迎えられることもあるが往々にして長続きはしないし、また成功もあまりしないということが多い。そうしていくと多くはソロアーティストとしてポツポツとアルバムをリリースしていき、往々にしてバンド解体後はバンド時代の曲をあまりプレイしないで、ソロキャリアを築き上げようとする。ここでファンの求めるものとのギャップが生じることとなり、大体がソロキャリアっつうのはセカンド辺りまでで終わってしまうケースが多いのだ。

 デヴィッド・シルヴィアンの場合もそれほど例に漏れるものでもなく、そういった傾向がファン側的にはあったのだと思う。もちろんソロキャリア時代の音をまともに聴いたことはないのでジャパンの音楽性とどういう風に変化していったのか、よく知らないので多くは語れません〜。で、何故ここで登場か?うん、ヨーロッパの耽美的サウンドを醸し出していたデヴィッド・シルヴィアンと70年代プログレッシヴロックを代表するキング・クリムゾンのロバート・フリップ卿とがユニットでリリースしたアルバムが実はかなりの傑作だと言うことを書いておきたかったから。

 もちろん80年代のミニマルビートクリムゾンを得た後、90年代に入ってからクリムゾン再結成がまことしやかにウワサされてきた頃、ボーカルにはこのデヴィッド・シルヴィアンを迎え入れるというウワサも立ったのだが、決してそうはならず二人のユニットという形で世にリリースされたのが唯一のスタジオアルバム「The First Day」だ。紐解いてみるとデヴィッド・シルヴィアンのソロ作三枚目となる、そして一番売れたんじゃないかと思う(自分もこのアルバムのこと知ってるくらいだから(笑))1986年の「Gone to Earth」にもフリップ卿は参加しているので、同じヴァージンレコード絡みでの繋がりなんだろうけど、この時点で既に種は蒔かれていたのだ。

 で、その「The First Day」だが…、いや、曲を聴いていくとどっちが主体となって作った曲かというのはわかってしまうのだが、見事にユニットとして機能していて、どちらも上手い具合に絡み合っている。で、総じてこのご復帰したクリムゾンの雰囲気を多分に持っているのは当然の結果だろう。しかし、デヴィッド・シルヴィアンの決してボーカリストらしくない歌が流れてくるとしっかいと存在感を主張してくれるのは面白いな。きっと歌詞にもかなり気を配っているんだと思う。

 このユニット、何と来日公演ライブやってるんだよね。で、そのツアーでのライブ盤「Damage」までリリースされているので、この超短期で終わったプロジェクトの全貌はしっかりと形に残されて聴けるのは嬉しい。こうした機会でもなけりゃこのアルバムをまた聴くなんてこともなかっただろうからな…。よかったよかった。そしてやっぱりフリップ卿のギターは独自の世界観を持っていることを再確認♪
David Sylvian - The First Day The First Day by David Sylvian & Robert Fripp
David Sylvian - Gone to Earth Gone to Earth by David Sylvian

Fripp & Eno - No Pussyfooting

 キング・クリムゾンの要であるロバート・フリップ卿はその人の独特な性格と独自の楽曲センスによりクリムゾンというバンドをひとつの表現方法として使っているようだが、一方では個人の特徴的なギターを生かすためかかなり様々なセッションに参加していたりする。その発端となった作品とも云えるのがロキシー・ミュージックを脱退したばかりのブライアン・イーノとのコラボレーションアルバムだ。

 アルバムリリースは1973年なので丁度クリムゾンが「太陽と戦慄」を炸裂させていく時期に発表されたみたいだね。しかしフリップ卿も72年までは今は亡きボズ・バレル達と共に組んでいたクリムゾンでのツアーを行っていて、73年の秋には「太陽と戦慄」がリリースされていたので、このコラボレーションはごく短期間で制作されたものだと推測される。故に多分イーノがソロアルバム的にアンビエントな方向を打ち出した作品を制作していた中にフリップが合流したような感じなんじゃないかな、と推測してみる♪

 で、その作品「No Pussyfooting」だがまずジャケットが良い。音の方は滅茶苦茶アンビエントな音で、どうしてこういうのがロックのカテゴリーに括られるのかよくわからないんだけど、ロックなんだな(笑)。で、その音の中身をしっかりとこのジャケットで表しているみたいでね。透明感があって果てしなく続く二人の想い…みたいな。BGM的に聴くのもよいし、マジメにじっくり聴くのも面白くて、マイク・オールドフィールドの「チューブラー・ベルズ」みたいなミニマルミュージッックとはまた異なった効果的に緊張感を煽るサウンドは当時としては圧倒的に際立っていた、はず。当時を知らないからどれだけの興味を持って迎え入れられたのかわかんないんだよね。滅茶苦茶マイナーな扱いだったのかもしれないけど…、でも今でもしっかりとこんなサウンドでもロックの名盤として残されているんだから、それなりだったんだろうと解釈してる。

 1973年74年のキング・クリムゾンのライブの幕開けには「No Pussyfooting」というインストが流されていて、まあ、実態はこのアルバムからの抜粋なんだけど、それって宣伝も兼ねてたのかな。ある意味クリムゾンのフリップ卿をイメージする音楽とは全く違うイーノの世界で、それでも違和感がないっつうのが面白い。音楽家なんだろうね、二人とも。