Moody Blues + Barclay James Harvest

On the Threshold of a Dream On the Threshold of a Dream 〜 夢幻(1969)

 プログレッシヴロックバンドとして名の知れるムーディ・ブルース、それもジミー・ペイジをして真のプログレッシヴバンドと言わしめたためというのも大きいんだと思うけど、英国人の感覚でのプログレッシヴロックってどんなんかよくわかんないからあまりアテにしないとして(笑)、やはり荘厳さと混沌さが同居するバンドとして自分的にはイメージの強いバンドです。1965年デビューだけどその頃はビートバンドのひとつで、とてもその後のバンドをイメージするモノではなく別物として認識すべきだけど、1967年にリリースしたアルバム「Days of Future Passed」からの「サテンの夜」が当時、ではなく後にヒットしたことで一気にメジャー化したみたいだね。このバンド、基本的にず〜っとコンセプトアルバム続きで、それたをまとめて聴くとそれもまたひとつのストーリーみたいに聞こえるからなんと壮大なスケールでの活動だったんだろう、と驚くが今回は彼等の三作目「夢幻」です。

 1969年リリースの「夢幻」。やっぱムーディー・ブルースのアルバムは日本語タイトルに限る♪ かっこよいんだもん、どれもこれもさ。「童夢」とか「夢幻」とか「失われたコードを求めて」はそのままか(笑)。コンセプトは「夢」なので、何となく幻想的な雰囲気に浸れるんだけど、よくよく聴いているとどこがプログレッシヴロックなんだ?と思うくらいに牧歌的でポップなメロディの曲が並び、確かに英国的な湿っぽさはあるんだけど別に一曲単位で売れても良いんじゃないかと思うくらいの軽やかな曲調が多い。意外なんだけど全然プログレっぽくないから(笑)。

 ただねぇ、音の作り込みというか楽器の使い方とか効果的な音の入れ方とか…例えばフルートにしてもここぞって時に入ってくるのはともかく、さりげなく後ろで鳴っていたりすると何となく変わった雰囲気になるし、笛なんかもそうだけど牧歌的になるでしょ。それもアコギの鳴ってるところとかさ。そこにコーラスワークだったりエコーがききまくっていたりするのでなんか、どわぁ〜んってするんだよね。ベースとかメロトロンってのはやはり効果的に鳴っているのでこの辺がプログレ的になる所以なんだろうけど、基本的にジェスロ・タルなんかとも同じようなごちゃごちゃになったロックで、メロトロンのフューチャー度が大きいがためにそのジャンルに入ってしまっているだけで、「夢幻」にしても非常〜に聴きやすい曲ばかりなのだ。ただ音数が多くて密集しているのでちと疲れるってのはあるかもしれないね。

 このバンド、面白いのは全員が作曲したりしているのでアルバムにしても個々で作った曲が単に並んでいるんだけど、それでもコンセプトアルバム的に一連の曲にひとつのストーリーが走っているようになっているのが凄い。誰かが作ったからと言っても決してその人の個性が出るのではなくって一旦バンド内で消化してから再構築して出しているというような感じで一貫性がある。まぁ、作った本人達は想いが異なるのだろうけど、それはそれでソロアルバムでやればよいってところなのかな。しかし実にホノボノとした春らしい音でした♪

Every Good Boy Deserves Favour Every Good Boy Deserves Favour〜 童夢(1971)

コンセプトアルバムの勇者と言えばザ・フーの「Tommy」だったりフロイドの「The Wall」だったり、ちょっと下がって並び称されるのはキンクスの「Village Greeen Preservation Society」だったりプリティ・シングスの「S.F.Sorrow」だったりと、まぁ、色々とあるのだが、大体話していても話題に上がらずに終わってしまう偉大なる英国のコンセプトメーカーバンドというのが実はムーディー・ブルースではないかと。っつうか初期の頃は出すアルバム出すアルバムほとんどがコンセプトアルバムとして打ち出されているワケで、何を今更というようなことだったのかもしれないね。

 そんな中でも最高傑作として言われているアルバムが1971年にリリースされた6枚目のアルバム「童夢」。もちろんどれもこれもが水準の高いプログレッシヴ…というかどうかは別としてサウンドを奏でているのでその中でも最も取っ付きやすいアルバムが「童夢」というだけなのかもしれない。ジャケットの神秘さ、原題タイトルは「Every Good Boy Deserves Favour」と頭文字を取ると「E G B D F」っつうコード進行となるワケさ。そんなところからしてコンセプトアルバムです(笑)。いや、そもそも超有名な「サテンの夜」っつう曲が入っているファーストアルバム「デイズ・オブ・フューチャー・パスト」だって一日の模様を朝から夜まで物語るというコンセプトの元で作られていたワケで、そういうバンドなんです。ただ、どういうワケか一般的に認知されにくいというか、あまり話題に上らないグループですな。

 多分ねぇ、演奏とか曲の構想とか構成、展開ってのは結構プログレッシヴバンド以上のものを持っているんだけど、基本的に牧歌的でメロディもフワフワした感じで切羽詰まるような感覚やスリリングさは一切なし。更にここの演奏力がとんでもなく優れているというワケでもなく、専属のボーカリストもいないのでみんなで歌う、みたいな曲が多くてアイコンがいない、さらにギターヒーローがいたワケでもなく、スタープレイヤーがいなかったんだな。だから聴く側もどこか意識が分散されてしまっていたのかな、と。

 それで、このアルバム「童夢」は捨て曲なしで、どれもこれもが牧歌的で美しいコーラスとメロトロンに包まれた作品。統一感が凄いので聴きやすいし、これでプログレバンドとは言われないでしょ。ムードメーカー的な曲がやたらと曲を盛り上げてくれるという荘厳な世界です。そうだな、自分的には冒頭「Desolation」「Confusion」とかのけたたましい轟きが好きでね。それがB面一曲目に曲として出てくるあたりが面白い。もちろん初っ端の印象が強いからB面最初でもしっかり残ったまま聴けるっつうとこだね。ホント、どれもこれも基本的にアコギでメロディアスに作ったんじゃないかと思うくらいに素朴。そこに壮大なアレンジを被せているだけなんだが、これがまた壮大すぎてハマる(笑)。そういうバンドで、そんな傑作がこの「童夢」だね。

Their First Album Barclay James Harvest〜 Barclay James Harvest(1970)

プログレバンドというカテゴライズをされつつも聴いてみるとどうにもそこまで発展した音楽をやっているワケじゃないよな、と思うようなバンドっていうのはもちろんいくつもあるんだけど、このバークレイ・ジェームス・ハーヴェストというバンドも英国ならではの摩訶不思議な側面を持ったバンド。最初期から何枚か…、ライブ盤あたりまでが一般的にプログレッシヴロックとして解釈されているようなんだけど、ホントの最初期を聴いてみると「ん?」っていう感じです(笑)。

 Barclay James Harvestが1970年にリリースしたデビュー盤「Their First Album」。まぁ、バンド名から蝶々をイメージとしてモチーフにしていて、その影響がこの後も含めてず〜っとジャケットに登場する。こういうこだわりって好きだけどね。ファーストはその蝶々をステンドグラスにイメージし直したものでなかなかよろしい。が、再発ジャケットのセンス、何とかしてくれんかねぇ…、これはアーティストのオリジナルジャケットに対してあまりにも模倣過ぎるだろう、と思う、うん。

 さてさて、そんなファーストアルバムだけど、方向性の未決定っつうのかゴッタ煮ロックの中から整然と纏め上げてきたのか、そもそもオーケストレーション豊富で叙情性の高いプログレッシヴバンドっつう印象はそれほど強くない。どっちかっつうと穏やかな英国トラッドフォークに起因するソングライティングが発展したのだなと思うような素朴なメロディの曲が多く、その味付けに歪ませたギターをヒステリックに、というかオーヴァーファズ気味に出力しているというようなところか。もちろんストリングスによるオーケストレーションも入ってるけど、そんなに仰々しくというようなものでもなく、ましてはプログレと呼ばれるようなものでもなかろう。叙情性を重要視しているのは聴けばよくわかるし、正に叙情性が良い味を出していてハマっていくんだけど(笑)。ん〜、メロトロン好きだからかな。とは言ってもオルガンの音色もなかなか素晴らしいし、いやぁ、どれもほのぼのする曲でいいなぁ…。最後の曲だけは12分くらいあるんだけど、この後のバークレイ・ジェームス・ハーヴェストを予言している壮大な楽曲。こういう白々しいまでの大らかなストリングスを配した曲って好きだし、そこで上昇旋律とかで凄く雰囲気を盛り上げてくれるのはもっと好きだね。長さを感じさせずにハマれるのが良い。

 そんなバンドなので何処のジャンルにカテゴライズも出来ないでいるバンドのひとつなのかもしれない。多分英国の牧歌的なトラッドの空気にクラシカルなオーケストラを入れ込んで叙情性を持たせたらこうなるという実験のひとつだったのかもしれない。後にThe Enidでオーケストラを大活躍させるロバート・ゴドフリーがアレンジしているってので勝手な推測だけどさ。この人のソロはもっと垢抜けている作品だったような気がするが。

 しかしこれぞ英国と言わんばかりのメロディとセンスには正に脱帽。他の国では絶対に出てこない音楽だし、それでいて全く深みのあるサウンド…、う〜ん、やっぱり英国は深いっ。

Once Again Barcley James Harvest 〜 Once Again (1971)

英国的荘厳さを兼ね添えたロックバンドはそれほど多くない。もちろんクリムゾンやイエスのような大御所が君臨しているおかげで英国の雰囲気はしっかりと世間に知れ渡っているんだけど、Wishbone Ashのようなハードロックの領域でその美しさを主張しているバンドはあまり見受けられない。そして本日はストーンズ来日公演初日なのに東京ドームには間に合わず、すごすごと帰宅の最中に聴いていた同じように荘厳さを兼ね添えたバンドを聴いてきた。

 人の名前とレーベルの名前ではなくって、れっきとしたバンドの名前です(笑)。キャリアも相当長くて多分アルバムも十数枚リリースしているハズ。途中で追っかけなくなったから知らないんだけど…。1970年にアルバム「Barclay James Harvest」でデビューしたんだけど、後にトレードマークともなる美しきオーケストレーションと叙情的な楽曲は片鱗を見せているもののまだまだ軽めの楽曲が多くて、やはりデビューアルバム、と言った感じの作品。もちろん今後を語る上では重要な一枚なんだけど、やっぱり何と云ってもセカンドアルバム「Once Again」の出来映えには敵わんだろう。日本人だったらみんなこういう演歌チックな…否、叙情的な作品って好きだと思うんだけどな。知らない人のために書いておくと、このバンド、基本的に4人編成でギター、ベース、鍵盤の3人が歌も歌い、しかも上手いので何かと器用なバンドで、しかもオーケストラを入れるのが上手くて、後にその道のプロと呼ばれる人の実験台にもなってるくらいオーケストレーションの素晴らしさを取り入れられているんだよ。後にリリースされたライブ盤ではしっかりと4人で演奏しているとこが聴けて、これもまた名盤とも呼べる作品なので好きなんだけどね。

 話を戻して…、そんなバンドなのでもちろんプログレのジャンルに括られることが多いし、当然なのかもしれないんだがWishbone Ashを聴いた後には実に同系統の心地良さが広がるんだな。特に「She Said」と「Mocking Bird」が最高。それ以外の曲も同じように叙情的で素晴らしいんだけど、何てったってこの二曲がずば抜けて美しい。曲の構成もストリングスの音色も歌声もコーラスも…、そして何よりもギターソロの美しさと華麗なるメロディーライン、そしてとってもエモーショナルなチョーキングやピッキングでの表現がビシバシと響いてくるので実にハマりやすい。ブルースじゃないポール・コゾフみたいなエモーショナルギターって言う言い方の方がわかりやすいんかな…、いや、それくらい素晴らしいギターソロなので聴くべし、って感じ。曲の構成とアレンジ、疾走感とかそういうのも全部完璧に出来ててさぁ…。英国なんだなぁとつくづく思う。ライブ盤と合わせてもうハマりまくる名盤です♪  ちなみに中期くらいの作品が4月末に紙ジャケでリリースされるみたい。初期の作品は今はジャケ違いのシリーズでリリースされているみたいだけどちょっと興をそぐよなぁ…、やっぱダブルジャケットのアナログか、これこそ紙ジャケをリリースすべきだろう。

アンド・アザー・ショート・ストーリーズ(紙ジャケット仕様) Barclay James Harvest - And The Other Short Stories… (1971)

 壮大なオーケストレーションをひとつの売りとしてバンドの中できちんと組み立ててサウンドの要として使っていたBarclay James Harvestはどこか高貴なイメージも付いていたし、何よりもHarvestというレーベルの名前がバンドの名前の一部にも入っているというのが特別的な印象を持たせる。プログレというジャンルに手を付けて最初の頃に買って聴いていたバンドで、結構気に入ってアルバムを集めたバンドでもあったなぁ…。

 1971年にリリースされた三枚目の作品「アンド・アザー・ショート・ストーリーズ」、Robert John Godfrey繋がり〜と思ったら「アンド・アザー・ショート・ストーリーズ」からオーケストラアレンジは別の人に替わっているのだった。Robert John Godfreyの仕事はファースト「バークレイ・ジェームズ・ハーヴェスト」とセカンド「ワンス・アゲイン」までだったので、本来はそっちを書きたいのだが、既に過去に書いてしまっているので三枚目の「アンド・アザー・ショート・ストーリーズ」です♪これまでとは変わってタイトル通りに短い曲を集めて収録したアルバムで、相変わらずの叙情性はより磨きがかかっている感じだ。長くなくても叙情性はきちんと出せるのだというバンドの力量がわかる。もちろんオーケストラアレンジ力も大きく貢献しているのだろうけど、それを前提とした楽曲作りもこれまた大変だろうし。

 「アンド・アザー・ショート・ストーリーズ」というアルバムではBJHの牧歌的な側面も結構出てきていて、叙情性だけではなくてアコースティックギターで奏でる曲が素朴でとてもプログレッシブバンドとしての音ではない、普通に牧歌的なサウンドなのだ。それが半分近くん占めているのも本作の特徴。以降のBJHの音楽性を聴いていくと「アンド・アザー・ショート・ストーリーズ」で結構実験的に変化をし始めたのだというのもわかってくる。好みは別として、この辺の音ってのはもうハマってくるねぇ…。好みなんだけどさ、何か…へぇ〜、そうなんだ、みたいなことがいっぱいあって、聴き込みたくなる。一つ一つの音が意味を持っているように聴こえてきてさ。万人向けではないけど…、いいな。

In the Region of the Summer Stars The Enid - In the Region of the Summer Stars (1976)

 まだCDがきちんとリリースされることだけで狂喜乱舞できるアイテムが存在しているということにまず驚いた。これだけ散々リリースされまくり、アルバムによってはリマスターとか単なる再リリースしかない中、初めてのCD化です、なんてのがまだまだあるんだなぁと。メジャーな部類に入るバンドとしては割と異例なのでは?アメリカものなんかではまだまだあるのかもしれないけど、もう全体的にあまり多くは残っていないんじゃない?でも、あんだけレコードって出てたワケだからそりゃ未CD作品なんて売れなかったのも数えたらいっぱいあるだろうけど…。

 英国の誇る英国らしいサウンドを奏で続けた今では伝統的なバンドとして語り継がれる…、それは多分ものすごく高尚なサウンドだったから…、そりゃだってクラシックかロックか?という議論が沸き起こるくらいにクラシックに根付いたサウンドなんだから当然か。もちろん自分的にはロックとして聴いてますけどね(笑)。

 その実The Enidの初期二枚の作品については所々の事情によりレコード通りには再発できなかったようで、CDがリリースされる際には新たにオーバーダビングを施した84年バージョンというものがCDバージョンとして存在しており、オリジナルバージョンは今に到るまでレコードでしか聴けなかったという代物だ。だから今回リリースされるオリジナルバージョンは26年ぶりくらいにリリースされる再発となるのだ。そこでファンの間ではまたどうなんだ?というウワサが出たものの遂にオリジナルバージョンだ、ということで熱狂的に迎え入れられているようだ。故にアチコチで情報を見ることが多い期待のリリースらしい。

 1976年にリリースされたThe Enidのファーストアルバム「In the Region of the Summer Stars」。自分ではアナログしか持ってないので全然気にすることなく普通にオリジナルバージョンしか知らなかったんだけど(笑)、CDバージョンも聴いてみたいななんて逆に思ってしまったが、いや、それでもあんまり記憶に残ってはいない作品だったんだよ。多分クラシック色強すぎるのと、全曲インストものなので聴き続けられなかったんじゃないだろうか。あまりよく聴く好きなバンドというモンじゃあないのは確かだ。それは今回改めて聴いてみても同じ印象で、ただ、中味はもの凄く壮大なクラシカル作品をこれでもかとばかりに繰り広げている起伏のある旋律が次々と飛び出してくる見事に音楽的な作品。

フォール・オブ・ハイペリオンRobert John Godfrey -Fall of Hyperion (1973)

 The Enidの中心人物ともなっているRobert John Godfreyという人は割と英国プログレッシブロックの真ん中を歩いていた部分もある人で、その名はBarclay James Harvestのオーケストラアレンジャーとして知られていたようだ。そこから離脱して自信の求めるよりオーケストレーションを追求したサウンドを構築すべくソロアルバムを一枚制作する。これが「」という作品なのだが、その昔からメチャクチャレアなアルバムとして名を馳せていてですね…、まぁ、CD創世記のVirginからリリースされたので難なく聴けたりしだんですが、タイミング合わなかった人は全然入手できなかったアルバムじゃないかな。

 そのRobert John Godfreyの「フォール・オブ・ハイペリオン」という作品は1973年、the Enidのファースト「」から遡ること3年前にリリースされているのだった。こちらはオペラチックなボーカルもきちんと参加していてひとつの物語が進行しているコンセプト的アルバムなんだろうと思う。音の方もモロにThe Enidと言わんばかりのクラシカルなサウンドが詰まっている。もっともThe Enidよりも本格的なオーケストレーションで曲が構成されているので更にロック的ではない側面が強くて高尚な音楽が奏でられているというものだ。なるほど、Robert John Godfreyという人はこう言うのがやりたかったんだな、と言うのはよくわかるアルバムで、後のThe Enidでの洗練さもなるほどというのが理解できるってなもんだ。そんな作品。

 「フォール・オブ・ハイペリオン」は1990年初頭にCD化されてからリマスターバンガリリースされていないようだが、どうもマスターテープ紛失とのことで、最初のCDからの焼き直しでしかないためか音が篭った感じで今の時代にはとても良い音とは言えないのが作品の評価に繋がっているのかもしれない。これを良質の音で聴いたら果たして全然違う質のファンが付いてくるんじゃないだろうか?なんて思ってしまう。なぜなら自分的にはやはりこの作品は受け付けないからだ。なんかねぇ…、ダメだわ。昔も期待して買って聴いた割につまらなくて何度も聴かなかったけど、今聴いてみるとなるほど自分が好まなかったのもよくわかる。もちろん作品としては凄いんだろうけどね。