Jethro Tull

Aqualung Aqualung 〜 Aqualung(1971)

割と近い感覚としてダメに近かったかなぁと気になることもあるんだけど、どれも巧くて独自性が強いし、個性的だし、自分の感性がまだまだ未熟だった頃に聴いたので苦手意識ができたのかもしれない。いや、今回のはそんなことは最初だけで今や割と愛聴盤に近くなっている作品のジェスロ・タル「Aqualung」。

 1971年リリースのジェスロ・タル4枚目の作品で、全部聴いてないから断言できないんだけど世の中的に名盤との誉れ高いアルバム。ジェスロ・タルの場合はそうだなぁ、ファーストから「Songs from the Wood」あたりまでしか聴いてないからアレだけど、これこそゴッタ煮ロックの象徴かもしれない。フルートをロックの世界に持ち込み、あれほどまでに下品な楽器にしてしまったのもこの人、イアン・アンダーソンありきの話だろうしね。老人の乞食の格好で出てくるワケだし、そりゃ英国的なジョークっていうのもあるのだろうが、やっぱりヒネたセンスが凄くて、それはこのアルバムの曲のそこかしこに反映されている。

 冒頭のタイトル曲からしても妙〜なリフと曲展開で一般的なビートの効いたロックとは全然異なるものだってことに気付くだろうし、それじゃプログレか?って言われるとそうでもないよな、これ、と思う。あるがまま、好きに曲作ってヒネて演奏してみたらこうなった、っつうところで、歌詞とかも多分深い意味があったりするのかな、とにかく最初は「?」だけど慣れると音楽的に凄く面白い。あり得ない展開とか平気でしていくので恐ろしい(笑)。2曲目ではフルートソロがやっぱりフルートの音していて、こんなに攻撃的か?ってくらいにノリの良いフルート、そうそうないぞ(笑)。

 アルバム的にはそんなロックと叙情的なアコースティックで牧歌的な曲があれこれと入れられているので、英国〜って感じで良い。そういう小曲がいいんだよなぁ。イアン・アンダーソンの歌の巧さもよくわかるし。で、4曲目、「Mother Goose」のタイトル通りにアコースティックの牧歌的なトコロにフルートが入ってきてしかもパーカッションはなんだろ?タブラ?う〜ん、英国的情景が目に浮かぶような素晴らしい雰囲気と展開。次もアコギで叙情的な風景を映し出してくれる曲で聴いて驚くなかれ、ジェスロ・タルというバンドはこういうのが真髄なのだ(笑)。

 フルートを堪能したかったら実にユニークな「My God」をオススメするね♪ やっぱりヘンなバンドだなぁ、ジェスロ・タルって(笑)。う〜ん、プログレッシヴロックバンドって誰が言ったのか、この人達もツェッペリンも大いなるイメージの誤解をされているバンドかもね。しっかりと英国フォークの土壌や情景があってこそできるロックを奏でているワケで、単なるロックバンドじゃない。故に70年代はZeppにヒケを取らないくらいの人気を誇ったり、国民的バンドの側面を持ったりしていたワケで、そりゃそうだと納得する素晴らしき作品。アルバム後半は割とハードなロックを展開するので、盛り上がって、そしてエンディングという起承転結なアルバム作りもしっかりしてる。

 今は25周年記念盤ってことでボートラ付きのが出ているので入手には良いチャンスだし、イアン・アンダーソンの片足フルート吹きもYouTubeで見れるし、幸せな時代です。ジェスロ・タルの映像なんて全然見れなかったしなぁ。

Thick As a Brick Thick As A Brick 〜ジェラルドの汚れなき世界 (1972)

18世紀の農学者の名前から命名された英国切っての不思議バンドの代表格ジェスロ・タル。そのサウンドは変化に変化を重ね、そして発展していく常に先進的な挑戦を進めていくバンドというのが事実なんだけど、反面なかなかファンを獲得しにくい面もあって、それぞれのアルバム毎にファンが付くというような形が彼等の面白さを物語っている。同じようにカメレオン的に変化していく人にデビッド・ボウイがいるが、メジャー路線のポップセンスを持ちながらのカメレオン的変化と、英国的創造型サウンドに徹した面の強いタルの場合ではそのあたりはやっぱり異なる。一般的にプログレッシブバンドと語られることの多いタルだが、実際のトコロは、彼等は唯我独尊の世界を持っていて、音楽家、なんだよな。

 60年代末期、ロックが混沌としてきた時にクリームが頭ひとつ抜けて時代の籏出となって今でも伝説化している。その後はZeppelinがその穴を埋めて70年代を制覇した、ってのが通説なんだけど、実はその隙間にジェスロ・タルがその栄光の座を仕留めていた時期があったのだ。それくらいにこのバンドの奏でるサウンドとインパクトには影響力があったのだが…。

 プログレッシブなサウンドだけではないタルだが、やはり人気が高くて個人的にも大変気に入っているのは「ジェラルドの汚れなき世界」「A Passion Play」かな。どちらもアルバム通して一曲(もちろんアナログ時代はA面B面で一曲づつというような分け方だが…)しか収録しておらず、そのドラマ性には心踊りする躍動感と音の繊細さが世界を創り上げていてあのフルートの響きが耳に残る強烈なリフレインとしてアルバムの印象を深めてくれる。「ジェラルドの汚れなき世界」は「文学促進創案協会が主催した詩のコンテストで優勝に輝いたジェラルド・ボストックという8歳の天才少年による社会批判的な詩をジェスロ・タルが楽曲化した一大傑作」ということらしいんだけど、正直言って歌詞の奥深さまで追求したことはない。今のところはサウンドだけで十分に楽しんでいるし、しっかりと英国的なアコースティックギターによる美しさも織り込まれていて、後に彼等のサウンドの核となる英国フォークの伝統は既に十分に聴ける面もある。そうそう、アルバム「Songs From the Wood」ではその英国トラッド・フォークを起点にした心温まるサウンドをアルバムで展開しているのでこいつも好きだな。

 翌年1973年にリリースされた「A Passion Play」は難解な作品と云われ、なかなか認知されにくい面ももっているんだけど、今のところ聴いていても直ぐに歌詞に反応できない日本人としては歌詞の内容が如何に難解であれどもサウンド面での印象の方が強いのだ(笑)。「ジェラルドの汚れなき世界」から更に綿密に構成された感のある「A Passion Play」も凄く好きだな…。歌詞はね、実は昔研究したんだけどさっぱりわからなくて挫折。でも音が良いから今でも十分楽しめる傑作だね。

Songs from the Wood Songs from the Wood 〜神秘の森 (1977)

「貴方の一番好きなバンドは?」と訊かれて即座に答えられる人とか都度答えが変わるけどって人とか色々いると思うが、このバンドが一番に出てくる人って尊敬に値すると思ってます。うん。ジェスロ・タルね。これほど英国らしく英国の深い所までを見せてくれるバンドもなかなかいないし、それはキンクスのレイ・デイヴィスのような英国らしいという表現ではなく、もっと深淵を覗いた後での表現というのかな、相当深い面での英国を伝承していると思う。音でも歌詞でもそもそもの存在感とか在り方とかってのも含めてすべて。もちろんユーモアも混ぜて、という意味で。だからこのバンドを徹底攻略するには相当の知識と英国文学やら文化、背景に繋がる物語に対する興味などなどを知らないと面白くない。というか知っていると更に楽しめる、っていうもんだよね。「A Passion Play」とかもモロそういうのだし。

 1977年10枚目の作品「神秘の森」、パンク全盛期にリリースされた時代遅れとも云える、更に時代錯誤な田舎に戻ったトラッド風味の作風で完全に時代を無視したサウンド。しかしレーベルもしっかりとこういうのをリリースしてくれるあたりはジェスロ・タルというバンドの底力を知っていたからか。売れるというシーンからはかなりかけ離れた音世界を構築し、またしても新たなるジェスロ・タルの世界を見せてくれた傑作。

 レビューをあれこれ見てると、アコースティック寄りのトラッドに還ったという表記があったりするんだけど、これはもう思い切りプログレッシヴでポップな作品。もちろんエレキよりもアコースティックな音をたくさん使っているけど、トラッドというよりも英国的な音楽センスによるラインがそこかしこで出てくる…っつうか当たり前の姿で音楽しているイアン・アンダーソンって実に自然。だから転がり落ちるようにな演劇的な展開もあったり、ほのぼのする、正に森の中で妖精と戯れているかのような音もあったり、こういう深さはなかなか出てこないので、じっくりと楽しめるサウンド。間違ってもiPodあたりで何かしながら聴いていては絶対いけない。じっくりと腰を据えて煌びやかな音色に彩られた世界を楽しむべし。

 この頃イアン・アンダーソンは英国の田舎に引っ込んだ生活をしていたらしく、その近くにはスティーライ・スパンも住んでいたとのことで自然と交流をしていきトラッドやアコースティックに近づいたサウンドになったらしいけど、そうでなくたってしっかりとプログレッシヴなアコースティックだったのにね。ジャケットの素朴な風景と中味のインパクトたっぷりのロックサウンドはアンバランスながらも実にマッチしている不思議なアルバム。フォークじゃないよ、完全にロックのアルバムだけど、英国の深いアコースティック風味が出ている名盤。

Ahead Rings Out Blodwyn Pig 〜Ahead Rings Out (1969)

宙ぶらりんバンド…結構いるよな。ジェスロ・タルというバンドは割と有名で、好きな人も多いだろうよ思うけど、ギタリスト、ミック・エイブラハムという人が初代タルのギタリストなんだよね。で、彼は凄くブルースが好きで、タルの音楽性に対して不満をいっぱい募らせていたみたいで、結局脱退してします。そして彼がやりたいことを実現したバンドがブラッドウィン・ピッグというバンドです。

 もちろんそれなりの話題性はあったし、タルの知名度も有ったワケで、何枚かのアルバムをリリースしているけど、往々にしてそういったバンドは最初の作品くらいしか評価されないんだよな。アルバム「Ahead Rings Out」はそんな彼等の気合い一発のファーストアルバム。エイブラハムがやりたかったブルースロックを見事に体現しているんだけど、あまりにもディープ過ぎたのかな。以降の彼等の評価はなかなか難しいものがあった様子だよね。ギタリスト的には凄く全うしているプレイなんだけど、やっぱり求められていることが異なったんかな。それでもタルファンからは絶賛されていたんだと思うけどね。

 そしてセカンドアルバムも発表されたけど…みたいな(笑)。ん、でもライブ盤とか凄く想いは入ってるから熱いのはよくわかるし、それがエイブラハムのストレートなところなんだろう。商業主義とは別に人として楽しめる部分は多いかな。だからブルースに捧げながらも思い悩むエイブラハムの心意気には感動するよね。ちょっと不器用なのかもしれないけど。